資産運用初心者にオススメの投資方法

MENU

資産運用初心者にオススメの投資方法

2019年に金融庁が発表した報告書によって、「老後2000万円問題」がメディアをにぎわせました。
2000万円という金額の大きさから、国民に大きなインパクトを与えて話題になっています。
その影響もあり、今では若い世代の間にも将来に備えて資産運用を始める人も増えています。
「何からやったいいか分からない」という初心者にもオススメできる方法はいくつもあります。

資産運用とは何か?

資産運用とは?

資産運用とは「自分が持っている資産を貯蓄や投資に回して資産を増やす」ことを指します。
貯蓄も金利が付いて増えていくものですので、その意味では「運用している」と言えます。
・貯蓄:主に「貯める」ことを目的とした資産の運用方法
資産運用として最も一般的なのが貯蓄で、元本が保証されているために確実性が高いという特徴があります。
普通預金・定期預金・積立定期預金などの方法があります。
・投資:「増やす」ことを目的とした資産の運用方法
主に「資産運用」と言った場合には「投資」を指すことがほとんどでしょう。
投資はお金を増やすことを重視した運用方法です。
長期投資と分散投資が基本で、貯蓄と比較して運用の成果が予測できないという特徴があります。
株式・投資信託・不動産などの方法があります。
「投資」については以下のようなメリット・デメリットがあります。
【投資のメリット】
・複利効果でお金が増やせる可能性がある。
・不労所得を得られる
【投資のデメリット】
・元本割れの可能性がある。
・様々な知識が必要になる場合が多い。
複利効果というのは、「元本だけでなく利子にも利子がついて増えていくこと」です。
たとえば100万円を年利5%で運用すると、2年目は105万円となりますが、3年目は105万円に利子がつくので110万2500円となります。
投資はやり方次第では容易に不労所得を得ることができますが、場合によっては元本割れの危険もあります。

充分に考えてから始めましょう。

資産運用の重要性

1.「老後2000万円問題」
金融庁が発表した報告書から「老後を豊かに暮らすには2000万円が必要」と話題になりました。
公的年金だけでは老後の生活費は充分にまかなることができないと思った人が増加し、危機意識から資産運用に取り組む人が急増しています。
近年では20代や30代から将来に備えて資産運用に積極的に乗り出す人も増えています。
2.資産運用で差がつく
資産を運用した場合とそうでない場合とでは、財産に大きな差が出ます。
たとえば、毎月10万円を単に預金した場合と、年利5%で運用した場合とで比較すると、現在の銀行の年利は0.001%ですので10年後の残高は1200万595円ですが、年利5%で運用すると1552万8228円となります。
約353万円も資産が増えています。
3.目的が重要
資産運用を始めるときに重要なのは「何のためにやるのか」です。
老後資金を用意したいのか、結婚や出産といった短期的な目標で必要な資金をまかなうためなのかをはっきりさせましょう。
自己投資や趣味にはどのくらいのお金を使いたいのかも明確にしてから、「何に投資するのか」を決めていくことが大切です。

資産運用初心者・3つのポイント

1.少額でも「始める」こと
資産運用で重要なのは「始める」ことです。
「まとまった資金が貯まってから始めよう」「百万円貯めたら一気にやる」などといった考えではなく、まずは少額から始めることが大切です。
納得のいく金額が貯まるまでに待っていては無駄に時間が過ぎていくだけで、経験値がたまりません。
たとえ少額であっても資産運用を始めればそれだけでも「リターン」があります。

株式も不動産投資も、「取り扱ってみる」ことがないと実感はわきません。


2.リスクを理解すること
資産運用については「サラリーマンがほったらかしで1億円も稼いだ」とか「主婦が不動産投資で大成功」といった華々しい話題ばかりが目に入ってきます。
ところが、実際には投資は地味な作業の積み重ねです。

当然のことながらリスクもあります。


派手な成功を狙うのではなく、リスクを理解してメリットもデメリットも踏まえたうえで慎重に判断しましょう。
3.自分に合った方法を選ぶこと
資産運用といっても様々な種類があります。
調べれば調べるほど「どの方法がお得なのか」「利益が出るやり方は何なのか」がわからなくなってきます。
投資初心者はまず「誰でも利益が出るような打ち出の小槌みたいな資産運用は存在しない」と理解することが大切です。
どの方法を使ってもメリット・デメリットがあります。「どれがお得か」ではなく、「どれが自分の目的や投資スタイルに合っているか」という視点で選んでいきましょう。

資産運用の主な8つ

1.債券

債券とは国や企業がお金を借りるために発行するものです。

債券投資で利益を得る方法は以下の2つです。


・満期まで保有して利息を受け取る
・売却して売却益を得る
債券には返還義務があるので、満期まで保有しておけば資産は返還されます。

投資対象が国や優良企業なら投資した資産を失うリスクは小さくなります。満期前の売却も可能です。

2.金

現物資産である金は投資対象として有効です。

株式や紙幣は価値がなくなるリスクがありますが、金の価値がなくなることはないので安定した投資対象です。


資産運用のリスクヘッジとして選ばれることが多い傾向があります。

金に投資する方法には主に以下のようなものがあります。


・純金積立
・ゴールドバー
・金貨
・金関連の投資信託
・金ETF
・金先物取引

3.投資信託

投資信託とは、「投資家から集めた資金を専門家がまとめ運用する」方法です。
投資の成果は出資した割合に応じて還元されます。
投資の知識のない個人が運用するのではなく、投資のプロに任せることができるので大きな特徴です。

預かった資金をどう運用するかは投資信託の商品ごとに決まっています。


・新興国債券
・先進国債券
・国内株式
・海外株式
上記以外にも数多くの商品の取扱があります。

4.株式投資

一般的に「投資」というと、株式投資を思い浮かべる人も多いでしょう。
株式投資は企業が資金調達のために発行した株式を投資家が購入して、企業に出資することです。
企業の利益から配当金を受け取ることもできますし、株価の変動を利用して売却益を得ることもできます。

5.不動産投資

不動産投資信託「REIT」も有力な投資対象です。
投資家から集めた資金でマンションや商業施設、ビルなどを購入して経営するサービスです。
経営から得られた家賃収入や売却益などを投資家に還元するのがREITです。

6.先物取引

先物取引は「将来の売買を現時点で約束する」という取引です。
ある商品を「1ヶ月後に10万円で買う」という先物取引をしておけば、その商品の価格が1ヶ月後に変動しても10万円で変えます。
先物取引には以下の2つの特徴があります。
・価格が変動する資産の価格を事前に指定できるので価格変動の影響なしに購入できる
・将来的な価格の変動によって損益が生じる
10万円で買うと約束した商品が、1ヶ月後に15万円に値上がりしたら5万円の利益が出ます。

逆に、10万円以下に値下がりしたらその分だけ損失が出ます。

7.FX

FXとは「外国為替証拠金取引」の略です。
為替取引は、為替に投資して価格差から利益を狙う投資方法です。

たとえば、1米ドルを110円で買って、これが120円に値上がりしたときに売却すると10円の利益が出ます。


FXは「証拠金取引」で、証拠金に対して25倍や50倍といったレバレッジを設定できます。

自分の資金を何倍にも膨らませて投資できるため、ハイリスク・ハイリターンの投資方法です。

8.仮想通貨

仮想通貨とは、中央銀行などの公的な発行主体が存在しない通過で、取引所や販売所などでドルやユーロ、円などの法定通貨に交換できます。
紙幣や硬貨のように物理的には存在せず、電子データのみで取引します。
値動きが激しいことが特徴で、1日に50%以上の値動きをすることも珍しくなく、ハイリスク・ハイリターンの投資です。

初心者にオススメの資産運用

投資信託

はじめて資産運用する初心者におすすめなのが投資信託です。

少額から始めることができて、長期運用を基本としており、コツコツと貯めたいという人に向いています。


投資信託は資産運用のプロである「ファンドマネージャー」にお金を預けて運用する投資方法です。
多くの投資家から集めた資金をファンドマネージャーがまとめて運用します。

基準価格を公表して、報告書も開示されるので運用に関する透明性も確保されています。


投資信託といっても、様々な商品があり「ファンド」と呼ばれます。

ファンドごとに特徴があり、色々な投資先を選ぶことができます。


少額から始められる点や、株や債券など異なる資産に分散投資でき、専門家に運用を任せることができるのはメリットでしょう。
ネット証券のなかには100円から始められる投資信託もあります。
株式投資は株価に左右されますし、一定金額以上がないと投資できませんが、投資信託なら少額で始められます。

専門家に任せるとはいっても、損失が出てしまう可能性はあります。


【投資信託のデメリット】
・商品によっては為替リスクが伴う
・取引手数料が高いことがある
海外資産への投資信託の場合には通常の価格変動リスクに食わせて為替リスクも加わります。
そのため、専門家に任せているとはいえ、自分で定期的に運用成果を確認したり、場合によっては他の投資信託に乗り換えたりといった自己責任も発生します。

株式投資

株式投資は証券取引所に上場している株式を購入して、株価の値上がりによる売約益や配当金を狙う投資方法です。
投資信託とは違って、自分で銘柄を選んで投資します。
「成長しそうな会社の株を買うことができる」「株主優待がもらえる」など、投資信託にはない魅力があります。
【株式投資のメリット】
・株主優待や配当金がもらえる
・株価の変動によって値上がり益を得ることができる。
よく使っている商品や気に入っているサービスを展開している企業の株式を購入することで、優待券や限定商品を受け取ることができます。

年に1回または2回の配当金を受け取れるので、配当金狙いで投資する人も数多くいます。


【株式投資のデメリット】
・株価の下落や企業の倒産などによって損失が出る可能性がある
・投資する銘柄を自分で選ばなければならない
株式には常に値動きがあります。

そのため、購入時よりも株価が下がれば損失が生じます。


また、株式を保有している会社が倒産したら株式の価値はゼロになります。

NISAとは?

NISAとは、「一定の金額までの投資なら、投資によって得られた利益が非課税となる」という制度です。
投資方法そのものではありません。
一般NISAなら年間120万円、つみたてNISAなら年間40万円が非課税となる上限額です。

NISAは商品名ではなく制度の名称で、この制度を通じて投資信託や株式を購入します。


NISAでは、投資信託と株式のどちらにも投資することが可能です。

初心者にとっては使い分けが難しいところでしょう。


一般的に、株式は売買のタイミングは自由で、投資家が自分で売買を実行できます。
銘柄にもよりますが、1銘柄あたり10万円程度が必要なケースが多く、ある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託の場合には株式やREITなどを組み合わせて投資することができるので、リスクを分散させやすいというメリットがあります。
一般NISAとつみたてNISAの違いは非課税枠です。
一般NISAは年間の投資額120万円までについての利益が非課税で、非課税期間は5年間となっています。
つみたてNISAは年間の投資額40万円までの利益が非課税で、非課税期間は20年です。
ただし、投資対象に株式を含みません。投資信託でも対象となる銘柄が限定されているので注意が必要です。
非課税期間が短い一般NISAは短期で目標額を達成したいときに活用して、非課税期間が長いつみたてNISAは老後資金の確保など長く運用期間がとれるケースに向いて言います。

iDeCoとは?

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」の愛称です。
iDeCoの専用口座を作って運用することで以下のような3つのメリットを得ることができます。
・所得控除
iDeCoは最低5000円の掛金から始められます。
毎月の掛金は全額控除となるので、所得税や住民税を軽減することが可能です。

掛金は1000円単位で増やすことができますが、職業によって掛金の上限額が決まっているので注意しましょう。


・運用益非課税
iDeCoで資産運用して利益が出た場合には、NISAと同様に運用益に対して税金がかかりません。
・受取時のメリット
iDeCoで積み立てて運用した金額は原則として60歳から受け取りができます。

受け取り方法は一時金、年金、2つの併用の3種類が用意されています。どの方法で受け取った場合でも税金の優遇が適用されます。

ロボアドバイザーに訊いてみる

資産運用では、1つの商品だけでなく複数の商品を利用することによって、メリットとデメリットを互いに補い合ってリスクに対応する必要があります。
株式投資だけで運用していると、株式相場全体が下落している状態では総じて資産は目減りしていまいます。
債券投資信託や不動産投資信託も組み合わせることによってリスクを抑えることができますが、初心者にとっては商品選定に悩むばかりで、なかなか一歩を踏み出せません。
「投資は難しい」「一般人で素人の自分には無理だ」などと思ってしまうことがハードルになっている人は多いでしょう。
そこでおすすめしたいのが、各証券会社が導入しているロボアドバイザーです。

ロボアドバイザーを活用すると、自分の年収や貯蓄額、資産運用の目的などを入力するだけで、最適な商品の組み合わせを提案してくれます。


投資は日本国内に限定せずに世界へ広げて国際的に分散投資することによって、新興国なども含めた世界的な経済領域のダイナミックな成長を成果に取り込むこともできます。

これも、ロボアドバイザーを活用することで見えてくる光景でしょう。


ロボアドバイザーを使うと、自動的に「資産配分(ポートフォリオ)」の管理もしてくれます。
開始当初は国内株式が多めだったポートフォリオが、運用していくうちに価格が変動したので外国債券を増やすといった運用も自動で行ってくれます。

初心者が資産運用で成功するためには

自分に向いた方法を選ぶ

1.リスクやリターンを考えよう

銀行預金以外に何かの資産運用をした場合、どのような方法を使ったとしても、必ずリスクがあります。
運用方法のリスクやリターンのバランスを考慮してうえで、リスクの高さを許容できる商品を選ぶようにしましょう。
可能な限り損失のリスクを避けたいのであれば、始めは預金や債権投資を選びましょう。
リスクとリターンのバランスが取れているものを選ぶなら、ミドルリスク・ミドルリターンの不動産投資や投資信託を選ぶのも良いでしょう。

2.運用期間や時間のコストは?

投資は「まず始める」ことがないと前には進みませんが、「いつまでに収益を得たいのか」「資産運用のために自分の時間をどのくらい使えるのか」なども考えておきましょう。
長期運用したいと思っている人にはFXや株式投資のデイトレードはおすすめできません。
逆に、数週間単位での利益を目的とするなら、投資信託よりもFXのほうが適しています。

いったん購入した後に時間をかけたくないなら、値動きをいちいち監視する必要のない投資信託が向いています。

3.資金力を考えよう

投資に必要な資金は資産運用の方法によって異なります。
投資に充てるお金は、生活費や教育費などの用途の決まっているお金を除いて算出しましょう。
生活費まで投資に回してしまうと、損失が発生したときの経済的負担が大きくなってしまいます。

失敗しない3つのポイント

1.目標を設定する

投資で失敗しないためには、目標やゴールを設定することが大切です。
「いつまでに」「いくらの資金」が必要なのか、目標を立てることで、計画的に投資へ資金を回すことができます。
目標もなしに投資すると、「お金が余っているときしか投資しない」という姿勢になっていまうことがあり、思ったほど投資の成果が上がらなくなってしまいます。

2.長期的な視点で

株式や投資信託は毎日値動きがあります。
デイトレードで利益を出すというケースを除けば、短期的な利益だけにとらわれるのではなく、長期的な視点で利益を見てみましょう。
投資の基本は「長期運用」です。

初心者の場合は短期投資で稼ぐというスタイルではなく、「長期的に伸びそうな会社を探して、数年くらいの期間使って複利で利益を出す」という気持ちで投資先を選びましょう。

3.リスクの分散が大事

投資には必ずリスクが伴います。
1つの資産に集中して資金を投じると、資産の価格が下がったときの損失も大きくなります。
リスクを軽減するために1つの資産に絞って投資するのではなく、複数の投資先に分散して投資しましょう。
株式や債券などの異なる商品、国内だけでなく海外など、種類や地域が異なる資産に分散投資する方法がおすすめです。

書籍やセミナーで勉強する

資産運用を学ぶにも数多くの選択肢があります。
体系的な知識を得たいなら書籍やセミナーがおすすです。

これも様々な種類のものを試してみましょう。


セミナーだけでも情報は偏ってしまいますし、書籍だけだと実感を持ちにくいというデメリットがあります。
最新の情報を得たいという場合には、ブログやSNSの活用も有効です。
ネットを通じて交流することによって、深い情報交換も可能になります。

自分と同じレベルの初心者と交流することも重要ですし、投資のプロが運営しているメルマガの会員になるのも良いでしょう。


資産運用を学ぶには、多くのチャネルを持っているほうが有利です。
体系的な知識をまずは書籍で学んで、インターネットで最新情報をチェックしながら、どういう投資商品が自分に合っているのか見極めて、セミナーに行って詳しい説明を聞くといった方法を採ってみましょう。
ある程度投資の知識を得れば、自分がどういうスタイルが向いているのか見えてきます。
勉強の仕方は1つではありません。

情報収取でも受け身で得るのではなく、ある程度方針を絞るなど戦略的に臨みましょう。


資産運用を始めるなら、同時に自分のライフプランも考えておきましょう。
これも必ずセミナーなどで話をされることです。

自分の生活とお金の使い方に向き合うことができるというのが、資産運用の良さです。

まとめ

資産運用は本を眺めているだけでは何も前進しません。
自分で触ってもみない機械は使うことができないのと同じで、投資でも自分で買ってみないと実感がわきません。
まずは少額で良いので、始めてみましょう。

ネット証券のなかには100円から始めることができる投資方法も提供されています。