IPO当選を狙う人におすすめのネット証券

MENU

IPO当選を狙う人におすすめのネット証券

未上場企業が証券取引所に新たに上場する際に、公開価格で株式を購入することをIPO(新規公開株)と呼びます。
IPO銘柄は将来性があるため期待値が高く、また一般に市場の適正価格よりも安く設定されるため人気があり、銘柄によっては申し込んでも抽選に当たりにくいというネックがあります。
IPOに当選するためにはネット証券選びから考えましょう。

IPOの当選確率と当選が困難になる理由

IPOの当選確率はどれくらい?

IPOは非常に人気が高く、ほぼ100%抽選で購入の可否が決まります。
有名企業や話題の企業が上場する際には高い初値が予想されるので、証券会社ごとに割り当てられたIPOを巡っての抽選は激戦となります。
IPOの当選確率を上げるためには、しっかりと対策する必要がありますが、まずはどの程度の確率で当選するかを把握しておきましょう。
IPOの当選確率は銘柄や証券会社、申し込みする人のスターテスによって異なります。
目安としては初心者が平幹事会社(主幹事会社でも副幹事会社でもない会社)の証券会社から申し込むと、当選確率は小型のIPOで5%~10%程度です。
大型IPOなら50%程度まで引き上げることも可能ですが、おおよそ数%と見積もっておけば間違いないでしょう。

抽選方法が平等ではない

IPO株の抽選は、必ずしも全員に平等ではありません。
抽選方法は証券会社ごとに異なっており、完全に平等なところもあれば資金やポイントを持っている人が優遇されるところもあります。

まずはこの抽選方式を知っておきましょう。


・証券会社ごとの抽選方法

抽選方法

証券会社

内容

完全平等抽選

・マネックス証券
・SBIネオトレード証券
・GMOクリック証券
・auカブコム証券
・楽天証券

特定の応募者への優遇制度がなく、申し込んだ人全員にチャンスが平等

ステージ性抽選

岡三オンライン証券など

証券会社に支払った手数料の金額が多いほどステージが上がって当選確率が優遇される

完全平等+優遇抽選

SMBC日興証券

完全平等で抽選した後、ステージごとに倍率の異なる落選した人を対象に抽選される

ポイント抽選

SBI証券

抽選に外れたときに付与されるポイントで優遇される枠がある

開設口座数がポイント

見過ごされがちなポイントですが、開設されている口座の数が多い証券会社は、IPOの抽選では不利になります。
開設口座が多いということは、それだけ「申込者が多い」ことを意味します。
1つのIPOの抽選に対して多くの申込者があれば、その分「ライバルが多い」ので当選確率も下がります。
SBI証券や楽天証券は口座開設数が多い証券会社ですので、その分競争率が上がりやすく当選確率は下がってしまいます。
・2020年時点の証券会社の口座数と抽選方法

証券会社名

口座数(概算)

抽選方法

SBI証券

600万

30%完全抽選・15%IPOチャレンジ

SMBC日興証券

354万

10%完全平等抽選・5%ステージ別

マネックス証券

191万

100%完全平等抽選

大和証券

340万

10%完全平等抽選

野村證券

533万

10%完全平等抽選

岡三オンライン証券会社

27万

100%完全平等抽選

楽天証券

500万

100%完全平等抽選

auカブコム証券

112万

ほぼ100%完全平等抽選

松井証券

130万

10%完全平等抽選

DMM証券

不明(少ないと推測)

100%完全平等抽選

GMOクリック証券

46万

100%完全平等抽選

IPOの当選確率アップを狙うためのネット証券選び

IPOの当選確率をアップさせる3つのポイント

1.取扱件数の多い証券会社

IPOの取扱数は証券会社によって異なります。
当選確率を上げるためには、取扱数が多い証券会社で応募回数を増やすというのが最も手っ取り早い方法です。
・2020年のIPO取扱実績数(9月まで)

証券会社名

取扱数

SBI証券

48

SMBC日興証券

30

マネックス証券

29

大和証券

28

野村證券

21

岡三オンライン証券会社

20

楽天証券

19

auカブコム証券

10

松井証券

6

DMM証券

4

GMOクリック証券

1

・過去のIPO取扱実績

証券会社名

2018年取扱数

2019年取扱数

SBI証券

86

82

SMBC日興証券

71

61

マネックス証券

50

45

大和証券

33

43

野村證券

34

36

岡三オンライン証券会社

49

34

楽天証券

11

26

auカブコム証券

24

25

松井証券

9

21

DMM証券

3

GMOクリック証券

1

2.抽選方法が平等抽選の証券会社

IPOの抽選は「口座の残高が多い人」「手数料の累計金額多い人」を優先するといった優遇措置があります。
これはメリットでもデメリットでもあります。
その証券会社のヘビーユーザーにとっては、当選確率を上げる絶好の方法でもあります。
ただ、初心者にとっては最初から困難なチャレンジであることには変わりなく、それなら「完全平等抽選」で1口座1票で資金量も手数料の累計金額も関係なく平等にチャンスがある証券会社のほうが良いでしょう。
【完全平等抽選の証券会社】
・マネックス証券
・SMBC日興証券(完全平等+優遇抽選)
・auカブコム証券
・SBIネオトレード証券
・GMOクリック証券
・楽天証券

3.開設口座が多すぎない証券会社

開設口座の数が多いとライバルが多いことを意味します。
そのため、開設口座数のあまり多くない証券会社を選ぶと良いでしょう。

ただし、口座数が少なすぎてもIPOの取扱が少なければ意味がないので、口座数とIPO取扱数のバランスに注意しましょう。


この点、口座数があまり多くない割にIPO取扱数が多いのはマネックス証券です。完全平等抽選ですし、初心者にとっては利用しやすい証券会社でしょう。

主幹事数が多い証券会社

IPOの当選確率を上げるためには、複数の証券会社から申し込むというのが基本の戦略です。
なかでも重視すべきなのは「主幹事」の証券会社です。
他の証券会社よりも主幹事は数十倍もの株数が割り当てられることも珍しくありません。
そのため当選する確率は圧倒的に高いといえます。IPO当選を目指すなら、少なくとも主幹事の実績が多い証券会社の口座を開設しておきましょう。

1.野村證券

主幹事数が毎年トップクラスなのが野村證券です。
国内最大手の証券会社でもあり、「日本郵政グループ」「JR九州」のような大規模IPO案件で主幹事を務めることも多い会社です。
・野村證券の主幹事数と抽選方法

主幹事数

2020年

2019年

2018年

22社

17社

23社

ネット配分

10%以上

抽選方法

1人1票の平等抽選

口座数

533万

2.SMBC日興証券

SMBC日興証券は、大手証券会社のなかでもIPOに注力している会社です。
「ソフトバンク」などの超大型IPOでは主幹事証券会社の1社となっています。
預かり資産などによって当選確率が変わる「ステージ別抽選」という方式があり、ユーザーに大幅な当選確率アップが約束されています。
・SMBC日興証券の主幹事数と抽選方法

主幹事数

2020年

2019年

2018年

16社

20社

21社

ネット配分

10%以上

抽選方法

平等抽選+ステージ別抽選

口座数

354万

3.大和証券

日本三大証券会社の一角を占める大和証券は、毎年多くのIPOで主幹事を務めています。
取扱銘柄数も毎年トップクラスで、IPO投資に注力したい投資家には必須の証券会社と言えるでよう。
・大和証券の主幹事数と抽選方法

主幹事数

2020年

2019年

2018年

15社

22社

13社

ネット配分

10%

抽選方法

平等抽選

口座数

340万

4.SBI証券

SBI証券はネット専業の証券会社ですが、主幹事数や取扱銘柄数でも大手の証券会社に劣らない実績があります。
取扱銘柄数は非常に多く、2020年は全93社中85社と90%以上のIPO銘柄の取扱がありました。
SBI証券の口座を持っていれば、大半のIPOに申し込めます。
・SBI証券の主幹事数と抽選方法

主幹事数

2020年

2019年

2018年

15社

7社

11社

ネット配分

100%

抽選方法

平等抽選+チャレンジ申込

口座数

600万

主幹事数が多い証券会社の「グループ会社」を狙う

大手の証券会社のなかには、毎年かなりの数のIPOの主幹事・幹事を務めるものの、売買手数料が高いとかインターネット取引に注力していないという理由で、ネット中心に投資する個人投資家には使いにくくなっている証券会社も多くあります。
そこで狙ってみたいのが、「大手証券会社のグループ会社のネット証券」です。
主幹事・幹事となっている証券会社から、証券取引所を通してIPO株の販売を委託される証券会社を「委託幹事」と呼んでいますが、そのような一般的な委託とは別枠で、大手証券会社は自社に割り当てられたIPO株の一部をグループ会社に販売させるケースがあります。
たとえば、こうした事例として代表的なのが「auカブコム証券」です。
ここは三菱UFJモルガン・スタンレー証券が取り扱っているIPO銘柄のほとんどの取扱があります。

しかも、大手証券会社が主幹事を務めるIPOの場合には、グループ会社には他の幹事会社よりも多くのIPO株が回ってくることがあります。


この点からしても、主幹事数が多い大手の証券会社のグループ会社は、IPOに投資する人にとっては「狙い目」の証券会社と言えるでしょう。

取扱銘柄の多い証券会社を狙う

主幹事の多い証券会社の他に狙いたいのが、IPOの「取扱銘柄」の数が多い会社です。
取扱銘柄の数が多いということは、それだけIPOに申し込むチャンスが多いということですので、「このIPO株を申し込もう」と狙いを定めたときに、銘柄数が多い証券会社ならそこで申し込める可能性が高くなります。
・IPO取扱銘柄数が多い証券会社

証券会社

取扱銘柄数

2020年

2019年

2018年

マネックス証券

50社

45社

50社

岩井コスモ証券

39社

36社

34社

岡三オンライン証券

39社

35社

45社

楽天証券

38社

26社

11社

松井証券

18社

21社

9社

IPOの当選確率を挙げる証券会社の使い方

独自ルールを利用する

IPO相場は近年過熱ぎみなところがあり、参加する人の数は年々増えています。
IPO上場人気でIPO株は公募価格に対する初値の騰落率が極めて高い状況になっています。
IPOのほとんどが初値の騰落率が100%、ときには200%を超えるものも現れている現在では、IPO投資をやらない理由はないでしょう。

ただ、結果的にIPOに当選する確率はどんどん低くなっています。


当選確率は主幹事・平幹事という違いで変わりますし、証券会社ごとの特性によっても変化します。

大型IPOの当選確率は5%~10%程度と言われていますが、それでも決して高くはありません。


当選確率をアップさせるには、「とにかく数を撃つ」ことも大切ですが、それぞれの証券会社にある「独自ルール」を利用するのも重要な戦略です。
たとえば、SBI証券には「IPOチャレンジポイント」というキャンペーンを行うことがあります。
これは通常の当選枠とは別に「IPOチャレンジポイント用」の当選枠を用意するというものです。

「IPOに申し込んで落選したら1ポイント」「参加数だけポイント獲得」という制度で、単純に申し込んで落選しただけでもポイントが得られます。


このポイントを貯めていれば、いつか必ず当選できるチャンスが巡ってきます。
また、大和証券や岡三オンライン証券・SMBC日興証券は取、引状況に応じてIPO当選の優遇措置を受けることができます。
たとえば大和証券のプレミアムサービスは「毎月最終営業日に1000万円以上の入金が確認できる」ことを条件に、翌月から1年間の優遇措置を受けることが可能です。
各社でこのような制度は導入されているので、良く調べてみましょう。

時間差で当選確率を上げる

前期型の資金を後期型に移動させて、同一資金で2回の抽選チャンスを活かすという方法もあります。
【後期型IPOの申込】
1.ブックビル申込の期間中にブックビルディング申込をする。
2.購入申込期間に購入申込みを済ませる。ここでは入金が必要。
3.IPO抽選の発表を待つ。
後期型IPOの特徴は前期型IPO抽選と日程のズレがあるという点です。これを上手に活用しましょう。
たとえば、前期型のSBI証券で抽選に参加して、落選が決定したら住信SBIネット銀行からすぐに資金を他銀行に移して、岩井コスモ証券に移すことができます。
投資資金があまり多くない初心者にとってはチャレンジ回数を上げていく必要があります。

後期型の証券会社には資金効率がアップして抽選回数を稼ぐことができます。


【後期型IPO申込が可能な証券会社】
・岩井コスモ証券
・auカブコム証券
・楽天証券
・GMOクリック証券

口座開設者の少ない証券会社を選ぶ

口座の開設数が少ない証券会社はライバルが少ないので、IPO投資では有利です。

口座を開設するには手間も時間もかかりますが、その後のIPO抽選ではメリットしかありません。


大型IPO上場のときには複数株の当選が狙えますし、プラチナ級のIPO取扱もあります。
口座数は少ない丸三証券ですが、初値形成後に高騰したアースインフィニティの幹事に入っています。

口座の開設数が少なく、IPO投資で穴場的な証券会社となるのは以下の3社です。


【丸三証券のIPOルール】
・1口座1抽選の平等抽選
・ブックビルディング申込時に資金拘束(前期型)
・10%が抽選配分
・IPO当選後にキャンセル可能
・口座開設費用や維持費が無料
・IPO抽選にステージ制もある
【GMOクリック証券のIPOルール】
・抽選では完全平等抽選で抽選配分が100%
・当選するのは1単元で申込株数は100株
・抽選スケジュールは「後期型」
・後期型のため当選辞退でのペナルティはない
・入金は購入申込最終日の午後3時まで
【SBIネオトレード証券のIPOルール】
・1口座1抽選の完全平等抽選
・IPO配分予定数の100%を抽選にする
・前受金不要で抽選に参加できる
・資金は当選後の購入意思決定までに入金する
・抽選結果は管理画面にログインするだけで表示される
・補欠当選もある

口座開設数を増やす

投資というと「IPO以外は狙っていない」という人もいるほど、IPO投資は人気があります。
当選すればほぼ必ず利益が出るので「やらない手はない」とも言われています。

ただし、当選確率は低いため、しっかり対策しないと当選できません。


IPO投資のブログ記事を運営している人も数多くネット上で見かけることができますが、そういった人でも当選確率は1%程度です。宝くじよりは良いですが、あまり高い確率とは言えません。
IPOに当選したという事例でほぼ必ず言われることが「証券会社の口座開設数を増やさないと当選しない」ということです。
IPOの抽選の参加機会が多くなければ当選する見込みも少なくなります。
・2020年の主な証券会社のIPO件数

証券会社

件数

マネックス証券

50社

SMBC日興証券

52社

SBI証券

85社

岡三オンライン証券

39社

SBIネオトレード証券

7社

野村證券

41社

松井証券

18社

楽天証券

38社

上記のすべてに口座開設しているという個人投資家は、2020年に抽選の参加回数が504回あったとのことです。
1%の当選確率とすると、単純計算で年に5回IPOの抽選に当選していることになります。

SBI証券で何度もチャレンジする

「IPOの抽選に当たりたいが、複数の証券会社に口座開設するのは抵抗がある」という人も多いでしょう。
手間も時間もかかりますし、生活のための精神的な余裕も奪われます。

いかにも「必死に投資している」という感じが出てしまうのも良くないと考える人もいるでしょう。


そういった人におすすめなのが「SBI証券に口座開設して何度も何度もチャレンジする」という単純な方法です。
IPOは高倍率で、抽選に外れる人のほうが断然多い株式です。

SBI証券では、抽選に外れるたびにポイントが貯まっていく「IPOチャレンジポイント」という制度が採用されています。


抽選に外れるたびにポイントが貯まっていき、次の抽選の当選確率を上げてくれます。
この制度では、IPOチャレンジポイントに割り当てられたIPO株は、抽選に落ちた申込者のうち、「チャレンジポイントが多い順」に当選する仕組みになっています。
SBI証券では、個人顧客への配分される予定の30%が、IPOチャレンジポイントに割り当てられます。

つまり、「抽選に落ちた申込者のうちポイントが多い順に当選させる」分です。


IPO株の抽選に落ちてポイントが貯れば貯まるほど当選確率がアップします。
そのため、「SBI証券に口座開設してIPOの抽選のたびに申し込んでいれば、いつか当選する」ことになります。

口座の維持の手間が惜しいという人にはうってつけの方法でしょう。

まとめ

IPOは人気が高いため、当選する確率が非常に低くなっています。
とはいえ、やり方を工夫してしっかり対策していれば、いつか必ず当選します。
それぞれの証券会社の特徴をつかんで、独自ルールを活用していきましょう。

面倒な人はSBI証券で何度もチャレンジするという方法で参加するのをおすすめします。