MENU

ステータスの高いプラチナカードのおすすめ

プラチナカードは一般カードに比較して、ぐっとランクの高いカードとして人気があります。
ゴールドカードのさらに上の位置づけであり、憧れを持つ人も多いでしょう。
プラチナカードは審査が厳しく年会費も高額ですので、持っていれば「社会的地位が高い」とみなされます。
プラチナカード保有者には、高い年会費に見合った質の高いサービスが受けられます。

プラチナカードについて知っておこう

一般カードとゴールドカード、プラチナカードの違い

プラチナカードとは、クレジットカードのうち「ゴールドカードよりワンランク上」のカードのことを言います。
クレジットカードは通常、年会費が2000円程度または無料の一般カードがあり、その上にゴールドカードがあります。
ゴールドカードは年会費が1万円程度かかるケースが多く、様々な特典が付帯します。
プラチナカードはさらにゴールドカードの上のランクで、カード会社にもよりますが年会費は数万円程度かかり、付帯するサービスも豪華になります。
日本は特にカードのステータスにこだわりのある人が多く、収入が年代の平均以上あるレベルの人にゴールドカードは高い人気があります。
あまりに人気が出たために、逆に若い人向けのゴールドカードも現れるようになって、その分「ありがたみ」も少なくなってきました。
そのため、ゴールドの上のランクの「プラチナ」が設定され、かつてのゴールドカード並みに審査が厳しくなっています。
・クレジットカードのランクの違い

一般カード

ゴールドカード

プラチナカード

年会費

0円~2000円程度

1万円~5万円程度

数万円

海外旅行保険

カードによる

最高で5000万円

1億円

国内旅行保険

ほとんど付帯しない

最高で5000万円

1億円

ショッピング保険

付帯なし

最高で500万円

500万円

空港ラウンジ

付帯なし

利用可能

国内・海外で可能

付帯サービス

付帯なし

優待が付帯する

コンシェルジュ付き

審査難易度

標準から低め

近年は緩め

厳しめ

プラチナカードに付帯するサービスの代表的なものが「コンシェルジュサービス」です。
電話やメールで依頼することで、グルメやトラベル、エンタメなど様々な情報を提供してくれて、さらに予約に至るまでオペレーターが対応するというものです。
プラチナカードへの入会の決め手となるのが「コンシェルジュ」というケースは非常に多いと言われています。

どうしてランク分けがあるのか

多くのカード会社が自社で発行するカードに数段階のランクを設定します。
標準的なスペックの一般カード、その上位であるゴールドカードは良く知られています。

さらにその上にあるのがプラチナカードです。


カード会社によってはプラチナの上位になるカードの設定もあり、「ブラックカード」と呼ばれています。
詳細な情報は非公開で、簡単に申し込めるカードではありません。

ブラックカードを発行しているカード会社もごく一部に限られます。


このようにクレジットカードにランクがあるのは、日本では「クレジットカードはお金のある人が持つもの」というイメージが根強いからです。
ランクの高いカードは「高い年会費を支払って加入するもの」であり、ステータスの高さを印象づけることができます。
とはいっても、それだけでは単に「見栄を張る」ということに過ぎません。
実はプラチナカードの発行にはもっと現実的な理由があります。

ある程度以上の収入のある富裕層は、旅行や外食での1回あたりの出費が大きくなります。


一般カードの利用可能枠は数十万円から100万円前後に設定されることが多いので、こういった人たちが使うとすぐに利用限度額に達してしまいます。

そのため、大きな利用枠を設定したワンランク上のカードが必要になります。


元々、クレジットカードはレストランで後払いにするための「チャージプレート」という制度が発祥です。
クレジットカードが普及したことによって、利用者は後払いだけでなく、より手厚いサービスを求めるようになります。

そこで、各社がゴールドカード、そしてプラチナカードを発行するようになり、各社でプラチナあるいはそれに相当するカードに見合うサービスの提供をしています。

プラチナカードの4つのメリット

1.コンシェルジュサービス 

プラチナカードを持っている人は会員専用の電話窓口を利用できます。

窓口にはコンシェルジュが在籍しており、様々なサービスについて丁寧に対応してもらえます。


カード会社によってサービス内容は異なりますが、国内レストランの相談や予約の依頼ができたり、特別な日のディナーなどを電話でコンシェルジュにプランを立ててもらって予約までスムーズにできるようになります。
訪問予定の国にどのようなレストランやショッピングエリアがあるか聞けたり、おすすめの旅行プランを紹介してもらったり便利に使えます。

2.空港ラウンジ利用

プラチナカードの多くは「プライオリティパス」を登録できます。
プライオリティパスとは、海外1300以上の空港ラウンジを無料で使えるサービスです。
プライオリティパスに対応している空港ラウンジなら、飛行機の待ち時間やチェックイン前後に利用できて、無料で飲食できたり無線LANに接続できたりなど、有意義に時間を使えます。

3.ホテルやレストランの優待

プラチナカードの多くはホテルやレストランの優待が付帯しています。
ランチやディナーを優待価格で楽しめて、大切な人との特別な日を祝ったり、仕事の関係者や得意先との重要な会合を行ったりなど様々なシーンで活用できます。
プラチナカードの優待を利用できるホテルやレストランはどれも一流であるため、「プラチナカードの優待があるから」という理由で選べば間違いがないというメリットもあります。

4.手厚い旅行保険

旅行保険が付帯しているクレジットカードは数多くありますが、プラチナカードの旅行保険には「補償額が充実している」という特徴があります。
海外に出かけるときには旅行保険が付帯しているカードがあれば安心できます。
何か問題が発生したときに、海外では日本の保険が適用されないことが多く、たとえば診察代などの支払いが高額になりがちです。
それでもカードに旅行保険が付いているなら後から補償してもらうことが可能です。

どういった人が作れるのか

1.インビテーションが不要になりつつある

プラチナカードは安くても2万円以上の年会費がかかります。

誰もが気軽に申し込めるものではありません。


通常、カード会社独自の厳しい審査基準をクリアする必要があります。

ゴールドカードでも同様ですが、プラチナカードの場合にはインビテーション(招待)が必要になることもあります。


一般カードやゴールドカードはごく一部を除き、誰でも希望すれば申し込みができますが、プラチナカードは基本的にインビテーションが必要です。

カード会社から「プラチナカードに替えませんか」という打診があって初めて申し込めるのがプラチナカードです。


ただ、近年はプラチナカードの競争も激しくなっている影響で、インビテーション不要で申し込めるカードも増えています。
プラチナカードで最も年会費の高いアメリカン・エクスプレス・プラチナ・カードも2019年からインビテーションが不要になりました。

2.一般的な基準

プラチナカードの審査基準は各社で大きく異なっています。
具体的にどうなっていれば審査に通過できるのかという基準は外部に流出することのない情報です。そのため詳細は不明ですが、一般的には以下のような点で審査で重視されます。
・安定した高収入
・下位のカードでの良好な利用実績
・他のクレジットカードも含み支払いの延滞がない
インビテーションが必要になるプラチナカードの場合には、そのカードのワンランク下のゴールドカードでの保有者に申し込みの資格があります。
狙っているプラチナカードがあるなら、そのカード会社のゴールドカードに入会して利用実績を作っておくというのが有効な入手方法です。

プラチナカードの定番9選

JCBプラチナ

申込資格

25歳以上で安定した収入がある人

年会費

2万7500円

国際ブランド

JCB

ポイント還元率

0.5%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

アップルペイ・グーグルペイ・QUICPay

付帯保険

・ショッピングガード保険
・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・海外航空機遅延保険

ポイントサービス

Oki Dokiポイント

年会費が2万円台のプラチナカードとして人気があるのがJCBプラチナです。

年会費を安く抑えつつ、プラチナならではの充実した特典も活用できるお得なカードです。


会員は24時間365日のコンシェルジュデスクを利用可能です。

コンシェルジュデスクでは電話1本で以下のような手配をしてくれます。


・旅行や出張の交通機関の手配
・ホテルの予約
・飲食店の予約
・チケット手配
・ゴルフ場やレジャー施設の手配
旅行傷害保険は国内外どちらでも使えて、補償額は最高で1億円、ショッピングガード保険では最高500万円まで補償されます。

三井住友プラチナリファード

申込資格

満20歳以上で安定収入がある人

年会費

3万3000円

国際ブランド

VISA

ポイント還元率

1.0%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

アップルペイ、グーグルペイ、VISAタッチ決済

付帯保険

ショッピング保険
旅行傷害保険

ポイントサービス

Vポイント

三井住友カードが発行するプラチナカードが「三井住友プラチナリファード」です。

家族カードの年会費は無料となっており、家族で利用したいという人にはおすすめです。


ポイントが貯まりやすいカードで、公式サイトでも「ポイント特化新型プラチナカード」という記載があり、日常生活で利用しながら効率よくポイントを貯められるカードになっています。
キャッシュレスにも対応しているので支払いに利用するのも簡単です。
通常のポイント還元率は1.0%ですが、特約店での利用では通常より1.0%~9.0%還元率が上がります。

特約店はファミリーマートやセブンイレブンなどのコンビニからマクドナルド、阪急百貨店など数多く用意されています。


「キャッシュレス」をテーマとしたカードで、アップルペイもグーグルペイも利用可能です。
VISAのタッチ決済も搭載しており、タッチ1つで簡単に買い物ができます。

見た目もスタイリッシュで実用性も兼ね備えたプラチナカードです。

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス

申込資格

個人事業主または経営者

年会費

2万2000円

国際ブランド

アメリカン・エクスプレス

ポイント還元率

0.5%

追加カード

ETCカード・家族カード・社員用追加カード

電子マネー

iD連携・グーグルペイ・アップルペイ・QUICPay

付帯保険

旅行傷害保険
ショッピング保険
オンラインプロテクション

ポイントサービス

永久不滅ポイント

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカンエクスプレスは個人事業主と経営者向けのプラチナカードです。
区分は法人カードではなく、個人カードですが、引落口座として法人口座を設定することができ、社員用の追加カードも発行可能です。
国際ブランドとしてはステータスの高いアメリカンエキスプレスです。

その割には年会費は2万2000円と低めの設定で、年間200万円以上使うと翌年は1万1000円に割引されるという特典もあります。


セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカンエクスプレスは個人事業主や経営者の業務をサポートする様々なサービスを用意しています。
「ビジネス・アドバンテージ」という優待プログラムではレンタカーや事務用品などが優待価格で購入できます。
「リーガルプロテクト優待」では顧問弁護士を紹介してくれます。

通常の月額が3980円のところ、このカードを利用すれば3480円で利用できます。


顧問弁護士を使っていて費用が高いと感じているなら、おすすめできるサービスです。

三井住友カープラチナ

申込資格

満30歳以上で安定収入がある人

年会費

5万5000円

国際ブランド

Visa、Mastercard

ポイント還元率

1.0%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

アップルペイ、グーグルペイ、VISAタッチ決済

付帯保険

海外旅行傷害保険
ショッピング保険
航空便遅延保険

ポイントサービス

Vポイント

三井住友カードプラチナは申し込みが30歳からとやや高めなカードです。
年会費も5万5000円とやや高めですが、その分旅行やグルメ、レジャーなど多彩な特典や優待が用意されています。
家族会員の年会費は無料ですので、家族で使いたいという人に適しています。
利用できる旅行関連の特典には以下のようなものがあります。
・ホテル宿泊料優待
・宿泊予約サービスの利用優待
・パッケージツアー優待
・Wi-Fiルーターレンタル優待
・国際線手荷物無料宅配
・限定宿泊プランの提案
・ホテル内レストランで使える割引クーポン
・空港送迎ハイヤーの優待
頻繁に旅行や出張に出かける人にとっては、使いがいのあるサービスです。

レストランの優待やレジャー施設の優待など数多くの優待も揃っています。


三井住友カードプラチナを作ると、無条件で会員限定のプレゼントを受け取れます。
以下の6種類から選択できます。
・世界1300箇所以上の空港ラウンジを無料利用できるパス
・選べるグルメ
・選べるライフグッズ
・選べるホビーグッズ
・選べるビジネスアイテム
・セカンドオピニオンの紹介
多くのプラチナカードでは空港ラウンジの無料利用が無条件で付帯します。

しかし、出張があまりない人や旅行の頻度が高くない人にとっては不要でしょう。


そういた場合には上記のようなグルメやライフグッズからギフトを選ぶことができます。

アメリカン・エクスプレス・プラチナカード

申込資格

満20歳以上の安定収入のある人

年会費

14万3000円

国際ブランド

アメリカンエキスプレス

ポイント還元率

1.0%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

タッチ決済、アップルペイ、QUICPay

付帯保険

旅行傷害保険
ショッピング保険
個人賠償責任保険

ポイントサービス

メンバーシップ・リワード

アメリカン・エクスプレス・プラチナカードは高いステータスで知られるアメリカンエキスプレスの中で最もグレードの高いカードです。
1枚持っているだけでビジネスパートナーからの信頼を得ることができるでしょう。
利用限度額は明確には定められていません。

年収などの審査によって決定されます。


年会費が14万3000円と高額なのが特徴です。

その代わりにかなり豪華な特典が付帯します。家族カードは4枚まで年会費は無料です。


アメリカン・エクスプレス・プラチナカードの特徴は旅行や出張で使える特典が多く付帯している点です。
たとえば以下のような特典が付帯します。
・入会初年度に旅行サイトで使えるクーポンが3万円分
・24時間365日コンシェルジュデスクが使える
・世界1100ヶ所以上のホテルの利用優待
・世界1200ヶ所以上の空港ラウンジが無料
・1年に1回、国内のペア宿泊券がもらえる
「ファイン・ホテル・アンド・リゾート」という優待プログラムでは、チェックイン時間やチェックアウト時間をずらすことが可能で、空き室状況によって部屋のアップグレードをすることができます。

セゾン・プラチナ・アメリカン・エキスプレスカード

申込資格

安定した収入があり、社会的信用を有する連絡可能な人

年会費

2万2000円

国際ブランド

アメリカンエキスプレス

ポイント還元率

0.5%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

iD専用カード、アップルペイ、QUICPay

付帯保険

旅行傷害保険
ショッピング保険
オンラインプロテクション

ポイントサービス

永久不滅ポイント

「セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカンエクスプレス」の個人向けプラチナカードです。
成人していて、安定収入があると判断されると作れるようになっています。
あまり知られていないことですが、アメリカンエキスプレスは日本人に対する信頼が高く、日本向けに独自に審査基準を設けていると言われています。
プラチナカードというと雲の上の存在のように思っている人も多くいますが、セゾン・プラチナ・アメリカンエクスプレスなら、安定収入があって年会費を支払えるのであれば、信用情報に問題があるといったケースを除けば審査はそれほど厳しくありません。
セゾン・プラチナ・アメリカンエクスプレスの会員は24時間365日のコンシェルジュサービスを使うことができます。
コンシェルジュサービスでは以下のような手配に対応しています。
・宿泊施設の予約
・交通機関の手配
・ハイヤー送迎の手配
・フラワーギフトの手配

ANA JCBカードプレミアム

申込資格

満30歳以上で安定収入のある人

年会費

7万7000円

国際ブランド

JCB

ポイント還元率

1.0%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

QUICPay、グーグルペイ、ANA QUICPay、ANA PiTaTa

付帯保険

旅行傷害保険
ショッピング保険
航空機遅延保険
航空傷害保険

ポイントサービス

Oki Dokiポイント
ANAマイル

ANAを良く利用する人におすすめのプラチナカードです。
フライトをより上質に、効率よくマイルを貯めることができるカードです。

年会費は7万7000円とやや高めですが、Oki Dokiポイントと同時にANAマイルも貯まるのでその分お得です。


ANAJCBカードプレミアムでは、プラチナカード会員限定の「GOLD Bassic Service」という特典が用意されています。
最高1億円を補償する付帯保険や、各地の空港で無料利用できる空港ラウンジサービス、会員限定のサポートデスクなどがあります。

MiliagePlus セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

申込資格

満18歳以上

年会費

5万5000円

国際ブランド

アメリカンエキスプレス

ポイント還元率

1.5%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

iD専用カード、アップルペイ、グーグルペイ

付帯保険

海外旅行傷害保険
ショッピング保険

ポイントサービス

永久不滅ポイント

MiliagePlus セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードはユナイテッド航空やANAを良く使う人におすすめのプラチナカードです。
マイルを効率よく貯めることができて、永久不滅ポイントなので有効期限がありません。
貯まったマイルはユナイテッド航空かANAの航空券の購入に利用できます。

さらに自動更新で毎年5000マイルがもらえます。


マイルはフライトだけでなく、ショッピングでカードを利用したときにも1000円ごとに最大15マイルが貯まります。

自分以外の特典航空券も予約できて、特典航空券は燃油サーチャージがありません。


MiliagePlus セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードを持っていると、本来は9900円の年会費が必要な「Tablet Plus」に無料で登録できます。
これは世界的に有名なホテルガイド「Tablet Hotels」が提供する優待サービスで、国内外のホテルで客室のアップグレードや朝食サービスなどを受けることができます。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

申込資格

満20歳以上で安定収入のある人

年会費

3万4100円

国際ブランド

アメリカンエキスプレス

ポイント還元率

1.0%

追加カード

ETCカード・家族カード

電子マネー

タッチ決済、アップルペイ、QUICPay

付帯保険

海外旅行傷害保険

ポイントサービス

Vポイント・ココイコ!

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナはJALマイルを貯めることに特化したカードです。
年会費はやや高めですが、フライトの頻度によるマイルで年会費分を充当できる可能性もあります。

ショッピングでも100円ごとに1マイル貯まります。


各種の支払いをこのカードに集約させると、より多くのマイルを貯められます。
マイルが貯まるという以外の特典も非常に豊富です。たとえば以下のような特典が提供されます。
・空港ラウンジ無料利用
・ビジネスクラスチェックインカウンター
・機内販売10%割引
・空港免税店や国内空港店舗の割引
・JALパックの割引
・JALビジネスきっぷ
・宿泊プランの利用

まとめ

プラチナカードにも多くの種類があります。
年会費と特典のバランスを良く調べて、自分にとってお得になるサービスを提供しているカードに申し込みましょう。
近年ではプラチナカードのハードルも低くなっています。

年会費を支払う余裕のある人は特典を受ける目的で申し込むのも良いでしょう。