MENU

在籍確認なしで借りられるカードローンはある?

 

カードローンでお金を借りたいけど、申し込みの時に在籍確認の電話があることで、借金が会社に発覚するのではないかと心配な人も多いでしょう。
カードローンの審査では、申込者が申告した勤務先が虚偽でないかを確認する目的で在籍確認は必ず実施されます。
通常は勤務先への電話連絡です。

在籍確認そのものを無くすことは困難ですが、勤務先への連絡を回避することは可能です。

「在籍確認なし」のカードローンが存在しない理由

在籍確認の目的とは

1.在籍確認とは

在籍確認とは、クレジットカードやカードローンを申し込んだときに、金融機関が申込者の勤務先に電話連絡するなどして、「本当にその勤務先に在籍しているか」を確認する工程を指します。
在籍していることが分かれば在籍確認は完了しますが、在籍していることが分からないときには審査結果に影響が及びます。

実際に在籍確認に失敗したことによる審査落ちは数多くあることが報告されています。

2.在籍確認の具体的な方法

在籍確認で必要な情報は、「申込者が本当にその職場・会社に在籍しているか」という1点のみです。
「○○さん(申込者の名前)はいらっしゃいますか」と尋ねて、電話に出た人が「少々お待ち下さい」と回答した時点で、在籍確認がもう完了していると言っていいでしょう。
「ただいま、席を外しております」と答えるだけでも、在籍していることは証明されるので在籍確認は完了です。

3.在籍確認の必要性

申込者が会社・企業に勤めていることは、安定した収入があることの何よりの証拠となります。
いくら書類で証明しようとしても、偽造の可能性はゼロにはなりません。
電話を掛ければ確かに申込者は働いていることが証明されます。

安定した収入があれば、カードローンの返済の支払いが滞るリスクが減るので、金融機関としても安心して融資を実行することができます。

4.在籍確認のタイミング

在籍確認は、審査する担当者が個人名で申込者の職場に電話を掛けるという方法で行われます。
すぐに電話確認ができるとも限らないため、何度も電話を掛け直すということもあります。
カードローン会社としても手間がかかる作業ですので、通常は申し込みがあってある程度の審査をして「ふるいにかける」ことをしてから在籍確認の電話をします。
そのため、おおよそのカードローンで在籍確認は審査が終盤に近づいたタイミングで行われます。

在籍確認なしのカードローンはある?

カードローンの審査では基本的に「在籍確認なし」ということはありません。

場合によっては在籍確認の電話の代わりに書類で代替できることがありますし、在籍確認を実施しないこともあります。


とはいっても、通常の在籍確認は「職場への電話連絡」という形で実行されすので、それなりに対策しておいたほうが良いでしょう。
ある程度の時間帯の指定が可能であることが多く、「必ず自分が職場にいるときに掛けてもらう」ことも可能です。

また、自分が電話に出られないときに上手な言い訳を考えておく必要が生じることもあるでしょう。


傾向としては、大手の消費者金融なら相談次第で在籍確認の電話の代わりに書類提出のみで在籍確認とするケースが多く、銀行のカードローンでは多くの場合で電話が必須となっています。

在籍確認でカードローン利用が発覚する可能性は?

在籍確認の電話が職場にかかってきたからといって、それによってカードローンの利用が発覚するわけではありません。

職場によって様々な事情があることは、大手の消費者金融や銀行のカードローンなら充分に承知しています。


こういった金融機関は数多くの在籍確認に対応してきたノウハウがあり、「こういう職場にはこういった方法で電話すれば良い」などきめ細かく対応しています。
そのため、在籍確認によってカードローンの利用がバレる危険は非常に少ないと言っていいでしょう。

個人名で知り合いを装って電話を掛けるというのが一般的です。


とはいえ、外回りや現場仕事が多い職種の場合、勤務先となっている場所にいない時間のほうが多く、個人名で電話が掛かってくることがレアケースという人もいるでしょう。
そういった場合でも、「この連絡先しか分からなかったものですから」などと言い訳してくれます。
消費者金融では基本的に個人名ですが、銀行の場合には銀行名を名乗ることがあります。
銀行は消費者金融と違ってカードローン業務がメインではありません。

預金や住宅ローンの取り扱いといった業務もありますので、基本的に電話が掛かってきたとしても、すぐにカードローンとバレることはないでしょう。

JCBによる公式の回答

信販会社大手のJCBは数多くのカードローンを発行しています。

そのなか、カードローン「FAITH」の公式ホームページには「在籍確認が必要な理由」を記載しています。


それによると、「在籍確認はカードローンの審査のひとつで、カードローンを提供する会社が申込者が勤務先に電話し、実際にそこで働いているかどうかを確認するもの」と説明しています。
さらに、在籍確認を行う理由として以下のような記載があります。

「カードローン会社がさまざまな審査を行う理由は、申し込んだ人に返済能力があるかをチェックするためです。返済能力がない人にお金を貸して、回収できなければ、カードローン会社の経営は成り立ちません。そのため、毎月継続的に返済を続けられる状態であるか、貸したお金をきちんと完済してくれるかを審査によって判断し、融資するか決めます。」

続けて、在籍確認は本当に申込者が申告どおりの勤務先で、定期的に収入を得ているかを確認するために行うと説明しています。
このようにカードローン会社が在籍確認の理由を明言することは珍しいことで、JCBの会社としての誠実さを感じさせます。

大手消費者金融5社・在籍確認の電話なしで借りる方法

在籍確認の電話なしで申し込める消費者金融一覧

新規でカードローンの契約を検討しているが、勤務先に電話を掛けられるのは困るという人は多いでしょう。
そういった場合に頼りになるのが消費者金融です。

消費者金融は個人消費者にお金を貸すプロで、様々な要望に応えてきた経緯があり、在籍確認の電話なしで借りることができるケースが銀行のカードローンに比べて多い傾向があります。


「絶対に会社に連絡してほしくない」という場合に参考にしましょう。
・在籍確認の電話なしで借りられる消費者金融

アイフル

ほぼ無条件で電話連絡なし。

SMBCモビット「Web完結」

在籍確認の電話は掛けない。

プロミス

事前相談によっては電話回避可能。

レイクALSA

アコム

SMBCモビット「カード申込」

アムザ

在籍確認の電話は掛けない。

北海道キャネット

在籍確認を実施しないことが多い。

アイフルではほとんど無条件に在籍確認の電話連絡なしで申し込むことが可能です。
この点では、他社とまったく違う考え方を採っており、もし「在籍確認の電話なしで借りる」ことを最大の目標とするなら、申込先はアイフルに決めても良いでしょう。
他の大手各社では事前相談が必要です。

確実なのはアイフル

1.公式ホームページに記載あり

アイフルは2020年に大きな方針の転換があり、公式ホームページも全面的にリニューアルして「新しいアイフル」をアピールしています。
その際、アイフルはこれまで「原則として必須」としてきた在籍確認の電話連絡を「原則として不要」に改定しています。
公式ホームページに以下のような記載が登場しました。

「Q.申込みの時に、自宅や勤務先へ確認の電話がかかってくるのですか?
A.原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。」

ここまで明言するというのは大手の消費者金融としては非常に珍しく、およそアイフルだけと言ってもいいでしょう。
SMBCモビットの「Web完結」でも在籍確認の電話連絡はなしで申し込めますが、アイフルはSMBCモビットとは以下の点で違っています。
・指定の銀行口座が不要。SMBCモビットは指定の4つの銀行いずれかの普通預金口座が必要。
・勤務先を確認できる書類も不要。SMBCモビットでは会社が発行する健康保険証の提示が必要。
面倒な手続きや書類の準備なしで勤務先への電話を回避したいという場合には、アイフルは申込先の筆頭となるでしょう。

2.書類提出で在籍確認が可能

気になるのが「原則として不要」という部分でしょう。
「原則として」ということは、例外的に在籍確認の電話連絡をするとも受け取れます。
この場合、もし在籍確認が必要になった場合には申込者の携帯電話に連絡を入れて確認することになっています。
さらに、メールで勤務先を確認できる書類を提出すれば勤務先への電話の代わりとすることができます。

具体的には社会保険証や給与明細書となります。


アイフルが勝手に勤務先に電話を掛けることはありません。

3.郵送物なしの契約も可能

アイフルは大手の消費者金融らしく、申込から融資まで最短1時間程度で済ませることができます。
また、来店なしで郵送物もないという「Web完結」申込によるカードレス契約も可能です。

SMBCモビット「Web完結」は申込条件が厳しい?

アイフルよりもずっと以前から「在籍確認の電話連絡なし」で申し込めるのがSMBCモビットの「Web完結」という申込方法です。

やや申し込みでは条件が厳しめですが、アイフルよりも便利に使えるという人も多いという特徴があります。


SMBCモビットには「カード申込」と「Web完結」という2つの申込方法があります。
他の消費者金融とは違い、SMBCモビットの場合にはどちらを選ぶかによって申込条件や在籍確認の方法が異なります。
2つのうち「Web完結」の申し込みでは「勤務先への電話なし」で審査してくれます。
【SMBCモビット「Web完結」の申込条件】
・満20歳~69歳の定期収入がある人
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証を持っていること
つまり、会社の正社員または公務員であって、上記4行のいずれかの口座を持っている人という意味です。条件をクリアしていれば、在籍確認の電話連絡なしで申し込めます。

プロミス・レイクALSA・アコムは相談次第

アイフル、SMBCモビット以外の大手消費者金融はプロミス・レイクALSA・アコムとなりますが、この3社は相談次第で電話連絡なしで申し込むことができます。
この3社の在籍確認の方法は原則として「電話連絡」です。申込者の勤務先に審査担当者から電話が掛かってきます。
ただし、申し込み直後の相談によって電話連絡の回避が可能です。多くの場合で電話代わりに「勤務先を確認できる書類」の提出を求められることになります。主に以下のような書類です。
・勤務先から発行された保険証
・最新の源泉徴収票
・最新の給与明細書
・その他社員証など、勤務先から発行された書類
特に、プロミスとレイクALSAは事前相談で在籍確認の電話を回避できる可能性が高いと言われています。この2社はサービスや申し込みのしやすさという点で優れており、たとえば郵送物なしで契約できますし、無利息サービスも充実しています。そのため、新規に申し込む人に優しい傾向があると推測されます。

中小なら「アムザ」「北海道キャネット」

意外に思う人も多いかもしれませんが、実は中小の消費者金融は「電話連絡による在籍確認が必須」であるケースが多い傾向があります。中小ほど審査では必要書類も多めで、審査には時間を掛けてじっくりと申込者の返済能力を判断します。そのうえ、在籍確認の電話連絡が必須なので、審査には時間がかかります。
そういったなか、アムザと北海道キャネットでは勤務先への電話連絡なしにできる可能性があります。
【アムザの特徴】
・勤務先を確認できる書類の提出のみで、電話連絡はしない方針。
・来店なし、郵送物無しで契約できる。
・ただし、必要書類は多い。
【北海道キャネットの特徴】
・在籍確認は審査次第だが電話連絡を避けられる可能性が高い。
・非正規雇用の通過事例が多い。
・近畿、四国、九州からの申し込みはできない。
中小消費者金融は主に「個人属性が弱い」「信用情報に問題がある」というケースで利用する金融機関です。ある程度審査に自信があるなら、あまり関係はないでしょう。

相談次第で在籍確認の電話なしにできる銀行のカードローン

三井住友銀行カードローン

銀行のカードローンでは、通常は電話連絡による在籍確認が必須です。「相談によって電話の回避が可能」という銀行のカードローンはかなり珍しい存在で、銀行に申し込む限り、職場への電話連絡は必ずあると考えたほうが良いでしょう。
とはいえ、多くのネットユーザーの調査によっていくつかのケースでは電話の回避ができることが分かっています。
そのうちのひとつがメガバンクの三井住友銀行が提供しているカードローンです。意外に感じる人も多いかもしれませんが、三井住友銀行はユーザーサービスに優れる銀行で、多くの利用者が職場への電話連絡がネックとなって申し込みにためらいを感じていることを良く分かっています。
ただし、いつでも誰でも電話連絡が回避可能とは限りません。まずは事前に相談しておく必要があります。申し込みした直後にフリーダイヤルに連絡して「在籍確認の電話をしないでほしい」と要望しましょう。
審査次第では、給与明細書などの勤務先を確認できる書類の提出によって電話の回避に対応してくれます。
また、三井住友銀行の店舗内には「ローン契約機」が設置されており、そちらを利用する際にはブース内のインターホンで相談もできます。ローン契約機を使った申し込みではカード受け取りが可能で、郵送物無しで借入できるので利便性は高いでしょう。
「銀行から借りたいが、電話連絡は避けたい」「郵送物なしで契約したい」「元から三井住友銀行の口座を持っている」といった人なら、申込先にはこのカードローンを選ぶことをおすすめします。

新生銀行スマートカードローンプラス

三井住友銀行カードローンでは口座を持っているほうが有利で、自分のメインバンクでない場合には若干使い勝手が悪くなりますが、それに対して新生銀行スマートカードローンプラスはもっと高い利便性があります。たとえば以下のような特徴があります。
・自分が使いたい金融機関の口座を使って、毎月の引き落とし返済が可能。
・自分が使いたい金融機関の口座への24時間振込に対応している。
このようなサービス面でのメリットがあるのが新生銀行スマートカードローンプラスです。
このカードローンでも、在籍確認の電話連絡を回避するには申し込み直後の相談が必要です。必ずしも回避できるとは限りませんが、相談だけでもしてみる価値はあるでしょう。電話連絡以外の在籍確認の方法としては、やはり勤務先を確認できる書類の提出が必要となります。完全に「在籍を確認しなくて良い」とはなりません。
新生銀行スマートカードローンプラスは審査に掛かる日数も最短1営業日で、最短2営業日で借入可能になるので、スピードの面でも優秀です。
新生銀行の口座開設は不要ですが、口座を持っていれば会員ランクアップによる優遇を受けることができ、郵送での契約も可能というメリットもあります。
もし三井住友銀行の口座を持っていない状態なら、新生銀行の使い勝手の良さは三井住友銀行を上回ります。毎月自動引き落としで返済できて、自宅に居ながらにして振込で融資を受けることが可能です。

三菱UFJ銀行マイカードプラス

銀行のカードローンに申し込むなら「自分のメインバンクに申し込む」というのが最も良い方法です。三井住友銀行ユーザーなら三井住友銀行カードローンが有利ですし、みずほ銀行ユーザーならみずほ銀行カードローンが最も有力な申込先となります。
三菱UFJ銀行でも同様で、もし三菱UFJ銀行ユーザーなら「三菱UFJ銀行マイカードプラス」も検討してみましょう。三菱UFJ銀行カードローンとして知名度の高い「バンクイック」とは別のローン商品ですので注意しましょう。
・三菱UFJ銀行マイカードプラスの商品概要

金利

14.6%

限度額

30万円(固定)

審査日数

2週間程度

申込から融資まで

2週間程度

申込条件

・年齢満20歳以上65歳未満
・安定かつ継続した収入が見込める人

限度額は控えめで、かつ固定です。借入までに時間もかかります。ただし、原則として在籍確認はしません。キャッシュカードに付帯する形で融資を受けられます。新しく専用カードが発行されることがなく、キャッシュカードがそのままローンカードにもなります。返済は毎月三菱UFJ銀行口座からの引き落としとなります。
多くのネットユーザーが三菱UFJ銀行に問い合わせしていますが、常に「在籍の確認は原則として行っておりません」という回答を得ています。

セブン銀行ローンサービス

銀行のカードローンはほとんどの場合で公式ホームページには「在籍を確認するために勤務先に電話連絡する」と記載されています。三菱UFJ銀行マイカードプラスでは在籍確認はありませんが、公式に「在籍確認はしない」という記述はありません。
こういった状況のなか、「セブン銀行ローンサービス」は公式ホームページ上で「在籍確認がない」ことを明言しており、非常に珍しい銀行のカードローンとなっています。公式ホームページに以下のような記載があります。

「Q.ローンサービスの審査にあたって、登録の電話や勤務先に電話連絡はありますか。
A.原則としてご連絡することはありません。」

ここまではっきりと公式に表明しているカードローンはあまり見かけることはありません。銀行のカードローンとしては唯一と言ってもいい存在です。
・セブン銀行ローンサービスの商品概要

金利

15.0%

限度額

・10万円
・30万円
・50万円
(審査によって決定)

審査日数

最短2営業日

申込から融資まで

最短2営業日

申込条件

・契約時年齢満20歳以上70歳未満
・セブン銀行の口座があること

原則として在籍確認はなく、セブン銀行のキャッシュカードでセブン銀行ATMを使って借入・返済が可能です。とはいえ、他行よりも金利は高く、限度額に制限もあり、さらに利用できるATMがセブン銀行ATMのみとデメリットも多くあります。

ネットバンクは電話による在籍確認が必須

人によっては「ネットバンクなら在籍確認はしないだろう」と思う人もいるかもしれません。実態はまったく逆で、むしろネットバンクのほうが電話連絡による在籍確認にこだわる傾向があります。三井住友銀行のように柔軟な姿勢を取ってくれるところのほうが少ないと考えて良いでしょう。ネットバンクというと、たとえば楽天銀行やPayPay銀行(旧・ジャパンネット銀行)、ソニー銀行など多くの銀行が電話連絡による在籍確認を必須事項としています。
あるネットユーザーが楽天銀行に在籍確認について問い合わせをした結果を公表しています。
「勤務先が全員テレワーク中で在籍確認ができなくても契約できますか?」
「誰一人ご出勤されていませんか?」
「出勤してません」
「今お申し込みいただいても、自粛が解除されてお電話での確認が取れ次第のお手続きとなってしまいます」
「書類で確認はしていないのですか?」
「当行ではお電話での確認が必須となっております」
おおよそネットバンクではこのような対応となります。もし「電話での在籍確認」が困難な状況であるなら、あらかじめ申込先に確認しておいたほうが良いでしょう。

まとめ

ほとんどのカードローンでは、電話連絡による在籍確認が必要となっています。消費者金融では相談次第というケースが多く、アイフルは独自の姿勢を取っています。銀行のカードローンでは例外的なケースを除いて、ほぼ電話連絡での在籍確認が必要です。