MENU

重視したいポイントから選ぶ銀行カードローンおすすめ

銀行のカードローンと言っても、都市銀行、地方銀行、ネットバンクなど、ほぼすべての銀行が提供している現在では「何を選んだらいいか分からない」となるのも当然でしょう。
適当に選んでしまうと「他行で借りたほうが金利が低かった」「家族にバレてしまった」といった問題が生じることもあります。
銀行のカードローンはどの点を重視して選ぶと良いのか、事前に調べてから申し込みしましょう。

口座開設が不要な銀行カードローン

申し込みがしやすい楽天銀行スーパーローン

申し込みのしやすさという点では、楽天銀行スーパーローンはあらゆる銀行のカードローンと比較して最も優秀と言っていいでしょう。
具体的には、「来店不要でネット契約」「アルバイトや専業主婦でも申込可能」「口座開設が不要」「任意の口座で引き落とし返済可能」など様々に挙げることができます。
銀行のカードローンのなかには、運転免許証が必須というケースもありますが、楽天銀行スーパーローンは「健康保険証だけで申し込める」カードローンです。
面倒な手間をかけることなく銀行のカードローンを利用したいなら、申込先として真っ先に検討したいところです。
「悩んだら楽天銀行」とネットの口コミ情報でも良く語られています。
・楽天銀行スーパーローンの基本的なスペック

金利(実質年率) 1.9%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
審査スピード 最短翌日
融資スピード 最短翌日
申込条件

・満20歳~満62歳
・本人または配偶者に安定収入があること

原則として安定収入のある正規雇用者に限りますが、最大で年収の2分の1程度まで借りることができます。
楽天銀行の口座開設が不要で、自分の使っている銀行の口座を使って引き落としが可能です。

そのうえで借入限度額が高めに設定できるというのは、楽天銀行としては完全にユーザー目線のサービスです。


ただし、郵送物の回避は不可能ですので、その点だけ注意しましょう。

低金利が魅力のイオン銀行カードローン

多くの銀行がカードローンを提供していますが、金利はおおよそ14%台に留まっていることが多く、消費者金融に比較すると低めです。

しかし、もっと低い金利で借りたいと思っている人も多いでしょう。


確かに住信SBIネット銀行「プレミアムコース」のように超が付くほど低金利のカードローンも存在しますが、こういったカードローンは審査のハードルが高い傾向があります。
審査ハードルがそれほど高くなく、しかも低金利となるとイオン銀行カードローンとなります。

公式にも「専業主婦OK」「自営業者も申し込める」と記載してあり、審査基準がそれほど高くないと推測されます。


そういった記載のある銀行のカードローンのなかではイオン銀行カードローンは最も金利が低い設定です。
・イオン銀行カードローンの基本的なスペック

金利(実質年率) 3.8%~13.8%
利用限度額 10万円~800万円
審査スピード 最短翌日
融資スピード 1週間程度
申込条件

・満20歳~満65歳
・本人または配偶者に安定収入があること

パート・アルバイト・自営業者・専業主婦(主夫)でも申し込めますが、学生はアルバイトによる収入があっても申し込みは不可となっています。
保証会社であるイオンクレジットサービス株式会社またはオリックス・クレジット株式会社の保証が受けられることが条件です。

「保証会社が2つある」というのは審査において申込者に有利である証拠のひとつで、この点でも審査ハードルが高くないことが推測できます。


イオン銀行の口座開設は不要で、任意の金融機関口座を使った引き落とし返済が可能です。

ただし、カード受け取りで佐川急便の「受取人確認サポート」による引き渡しが必須ですので注意しましょう。

サービス性の高い新生銀行パーソナルカードローンプラス

あまり知名度は高くありませんが、新生銀行「パーソナルカードローンプラス」はユーザーサービスを重視したカードローンとしておすすめできます。
金利・限度額は標準的なレベルですが、振込対応やATM手数料設定などで使いやすさを重視しています。
・新生銀行「パーソナルカードローンプラス」の基本的なスペック

金利(実質年率) 4.5%~14.8%
利用限度額 1万円~500万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 2営業日程度
申込条件

・満20歳~70歳
・原則安定した収入がある人

保証会社である新生ファイナンシャル株式会社の保証が受けられることが条件です。

この保証会社は新生銀行のプロパーの子会社であるため、若干審査では厳しめである可能性があります。


ユーザーサービスとして、「他行宛を含む24時間振込に対応」という点は特筆すべきところです。
いつでも自分の使っている銀行口座に振込で融資を受けることができるのは大きなメリットです。
新生銀行の口座を持っていて、インターネットバンキングから申し込みをすると郵送物が発生しません。

また、新生銀行の口座を使っている人はカードローン利用によってATM手数料などの優遇を受けることができます。


新生銀行の口座は必須ではなく、任意の金融機関口座から引き落としで返済できます。

低金利にこだわるなら

審査難易度高めの住信SBIネット銀行カードローン

口座開設が必須ではなく使い勝手重視なら、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローンが候補として挙げられますが、「どうしても金利が低いことにこだわりたい」のであれば、他の選択肢を検討してみましょう。
審査のハードルは若干高めですが、住信SBIネット銀行が提供する「MR.カードローン」は非常な低金利で提供されているカードローンです。
「住信SBIネット銀行の口座の開設が必須」「住信SBIネット銀行の口座を使って毎月返済しなければならない」といった制約はありますが、MR.カードローンの「プレミアムコース」の適用金利は「上限で7.99%」と破格の低金利となっています。
・住信SBIネット銀行「MR.カードローン」の基本的なスペック

金利(実質年率) プレミアムコース 0.99%~7.99%
スタンダードコース 8.99%~14.79%
利用限度額 10万円~1200万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 1週間程度
申込条件

・満20歳~65歳
・原則安定した収入がある人
・住信SBIネット銀行の普通預金口座保有

利用限度額の目安は「年収の2分の1程度」となっており、高額の融資が期待できます。

ただし、申込時にコースの選択はできません。

あくまで住信SBIネット銀行側の審査次第です。結果によってはやや高金利となる「スタンダードコース」が適用されることもあります。


多くのネットの口コミ情報によると、プレミアムコースが適用されるのは年収が400万円以上となっています。

審査に自信があるなら、チャレンジする価値はあります。


ある程度高収入層、富裕層を狙ったカードローンだと思えば間違いないでしょう。

都市銀行トップの低金利・りそな銀行カードローン

住信SBIネット銀行プレミアムコースの審査に自信がないという場合には、りそな銀行のカードローンがおすすめです。

「埼玉りそな銀行」という名称でも営業していますが、ローンの内容は2行で同じです。


りそな銀行は全国展開の都市銀行で、3大メガバンクに次ぐ存在です。

大手の銀行という安心感があり、多くの利用者がいます。


口座開設必須で、毎月の返済はりそな銀行口座からという制約はありますが、それを補って余りある低金利と言えます。
・りそな銀行カードローンの基本的なスペック

金利(実質年率) 3.00%~13.5%
利用限度額 10万円~800万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 1週間程度
申込条件

・満20歳~満66歳未満
・継続安定した収入がある人

継続して安定した収入があればパートやアルバイトでも申し込みできます。

ただし、学生の場合はアルバイト収入があっても申し込みはできません。

また、専業主婦(主夫)の申し込みもできません。


申込時の年齢が満60歳以上の人は原則として限度額は200万円以下で設定されます。

また、最低返済額は1万円からとなっており、他行よりも高めになっているので注意しましょう。


一般的に銀行のカードローンでは上限金利は14.5%程度ですので、りそな銀行カードローンはこれより1%程度低く設定されています。
パートやアルバイトでも利用できて、全国から申し込める銀行のカードローンとしては最も低金利の部類と言っていいでしょう。

みずほ銀行とソフトバンクの共同出資・ジェイスコア

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して設立したジェイスコアは、従来とはまったく違うコンセプトの金融機関です。
金利や限度額は多くの消費者金融よりも有利で、収入や社会的信用があるほど審査ハードルが低くなるカードローンを提供しています。
ジェイスコアは「AIスコア・レンディング」という審査スタイルを導入した、新機軸のキャッシングサービスとして各界から注目されています。
AIスコア・レンディングとは、ネット上で質問に答えるだけで借入可能額と金利の目安があらかじめ分かるという画期的なシステムです。
通常、カードローンでは申し込まないと限度額も適用金利もわかりません。

ところが、ジェイスコアでは申し込む前に2つともおおよその目安を提示してくれます。


このスコアは質問に多く答えるほど、また要求されるポイントをクリアするごとに向上します。

つまり、「自分の努力次第で金利を下げることができる」カードローンということです。


・ジェイスコアの基本的なスペック

金利(実質年率) 0.8%~15.0%
利用限度額 10万円~1000万円
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
申込条件

・満20歳~満70歳以下
・定期的収入と返済能力を有する人

AIスコア・レンディングを上げていくには、たとえば以下のような方法があります。
・みずほ銀行の口座と連携する。
・ソフトバンクまたはワイモバイルと連携する。
・Yahoo!Japanと情報連携して「Yahoo!ショッピング」での購買履歴または「ヤフオク!」での落札履歴がある。または「YAHOO!プレミアム」の会員になる。
・プライベートに関わる質問にも答える。
やり方次第では「一桁台の金利」で借りることができます。
スコア・レンディングに登録して質問に答える程度なら申し込みにはカウントされないので、試しにやってみる価値はあるでしょう。

郵送物なしを重視するなら

三井住友銀行カードローン

銀行のカードローンのデメリットのひとつが、「必ずカード発行などの郵送物が発生する」という点です。
特にカードの発行では書留郵便などで自宅に郵送されてきます。

これには時間もかかりますし、何より同居の家族にカード利用が発覚するおそれがあります。


プロミスやSMBCモビットなど大手の消費者金融では「Web完結」というタイプの申込方法があり、これで申し込むとカードの発行が必要ありません。
この点では銀行のカードローンは消費者金融よりも一歩立ち遅れていると言えるでしょう。
ほとんどの銀行がカード発行するのに対して、貴重な例外のひとつが三井住友銀行カードローンです。
・三井住友銀行カードローンの基本的なスペック

金利(実質年率) 1.5%~14.5%
利用限度額 10万円~800万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
申込条件

・満20歳~満69歳以下
・収入がある人

三井住友銀行の店舗には「ローン契約機」が設置してあり、ここで申し込むことによってカードの郵送を回避することが可能です。
また、すでに三井住友銀行の口座を持っていればカード発行なしで借入・返済することができます。

自動引き落としは三井住友銀行の口座のみ設定可能です。


振込融資も24時間対応していますが、三井住友銀行口座宛に限定されます。
金利は銀行のカードローンとしては標準的ですが、郵送物を回避できる消費者金融に比較すると3%程度低く設定されます。
「郵送物なし」と「銀行のカードローンらしい低金利」を実現させたいなら、うってつけのカードローンでしょう。

三菱UFJ銀行「バンクイック」

もうひとつ、郵送物を回避できる銀行のカードローンとして挙げられるのが三菱UFJ銀行の「バンクイック」です。
ただし、郵送物を避けることができるのは、運転免許証を持っている人だけです。
・三菱UFJ銀行「バンクイック」の基本的なスペック

金利(実質年率) 1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
申込条件

・満20歳~満64歳以下
・原則として安定した収入がある人

郵送物を回避するには、三菱UFJ銀行の店舗に設置されている「テレビ窓口」を使ってカードを受け取ることが必要です。
テレビ窓口は運転免許証がないとカード受け取りで利用することができません。この点をクリアしていれば、メガバンクのカードローンという安心感、銀行のカードローンらしい低金利、郵送物の回避が実現します。
【テレビ窓口の営業時間】
・平日:午前9時~午後8時
・土曜日祝日:午前10時~午後6時
・日曜日:午前10時~午後5時

意外なメリットのある全国対応の地方銀行カードローン

低金利の清水銀行「しみずピアカードローン」

清水銀行は、静岡県静岡市清水区に本店を置く地方銀行です。
店舗展開は静岡県・愛知県・東京都に限られるため、知名度は高くありません。

しかし、全国から申し込むことのできる有利な条件のカードローンを発行しており、「銀行のなかで最も低いレベル」としてしばしばネットの口コミサイトでも取り上げられることががあます。


3種類のローン商品を展開していますが、そのうち「しみずピアカードローン」は日本国内どこからでも申し込みが可能で、来店不要で借入できてパート・アルバイトでも利用することができます。
・清水銀行「しみずピアカードローン」の商品概要

金利(実質年率) 2.8%~9.8%
融資額 50万円~1000万円
利用対象 20歳~64歳まで
審査時間 最短即日
来店不要 運転免許証所有者のみ可能

審査は最短当日中に結果が通知されますが、融資には多少時間がかかります。
目を引くのは年率10%を下回る金利でしょう。

パート・アルバイトでも借入できます。


また、清水銀行に口座を持っていない場合でも、Web上で開設手続きができます。

運転免許証を提示できる場合のみ、来店不要で融資を受けることができます。


銀行のカードローンであるため、総量規制を超えた借入もできますが、利用限度額50万円以下の貸付に対応していない点からすると、最低でも年収は150万円以上ないと審査通過は困難でしょう。
貸付条件には「勤続年数は問わない」とされているため、返済能力さえあれば年収がギリギリ150万円を超える程度でも融資を受けられる可能性があります。

メガバンク並みの高スペック・北海道銀行「ラピッド」

北海道に住んでいる人には「どうぎん」のニックネームでも知られる北海道銀行は、札幌市中央区に本店を置く大手地方銀行です。
北洋銀行に次いで道内2位という地位にあり、特にカードローン「ラピッド」は全国から申し込むことができるカードローンとして、道内を超えて好評を得ています。
ネットの口コミサイトでも「おすすめの地方銀行カードローン」として真っ先に名前があがるもののひとつです。
北海道銀行の口座がなくても利用可能で、申し込み当日の振込融資にも対応しています。
・北海道銀行「ラピッド」の商品概要

金利(実質年率) 1.9%~14.95%
借入限度額 1万円~800万円
利用対象 20歳~69歳
担保・保証人 不要
即日振込融資 可能
Web申込 Web上で融資まで完結

借入限度額800万円まで、金利は15%以下、即日振込融資にも対応しており、メガバンクに匹敵するほどスペックが高いカードローンです。
口座なしでも来店不要で借入可能で、自宅に固定電話がない人でも融資を受けることができます。
提携のコンビニATMの利用手数料が無料という点もうれしいサービスです。
平日の午後1時までに申し込むと、当日中に振込で融資を受けることができる可能性があります。
銀行のカードローンなのでローンカードが発行されますが、カードが到着する前に振込で融資が可能です。

ユーザーサービスに優れる愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」

地元の人から「ひめぎん」の愛称で親しまれている愛媛銀行は、愛媛県松山市に本店を置く第二地方銀行です。
「ひめぎんアプリ」を導入したり、通帳のデザインを可愛らしいデザインにしたりするなど、数多くの新しい施策を取り入れている点が高い評価を得ており、「隠れた実力者」と言われています。
顧客サービスに優れた「ひめぎんクイックカードローン」は愛媛銀行の口座がなくても利用でき、全国から申し込むことができます。
・愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」の商品概要

金利(実質年率) 4.4%~14.6%
借入限度額 10万円~800万円
審査時間 最短翌営業日
申込資格 20歳~65歳までの定期的な収入のある人
振込融資 対応可能
専業主婦 利用可能
Web申込 Web完結が可能
在籍確認 職場への電話連絡

ひめぎんクイックカードローンはWebで契約すると、30日間無利息で利用できます。
消費者金融では良くあるサービスですが、銀行のカードローンでは非常に珍しい試みです。
ATMの利用手数料が無料で、借入・返済でも余計な経費がかかりません。

また、他行への銀行振込による融資も可能で、愛媛銀行の口座を持っていなくても口座開設なしでも振込融資を受けることができます。


ローンカードが到着する前に融資を受けることが可能です。

まとめ

一口に「銀行のカードローン」といっても様々な種類があり、それぞれに独自の特徴があります。
どういった点を重視して利用するのかはっきりさせてから申し込むようにしましょう。
どれを選んでもメリットだけでなく、デメリットも必ずあります。