MENU

主婦でも借りられるおすすめのカードローン

主婦といっても、パートなどによる収入がある人と自身の収入がまったくない専業主婦とでは、カードローンの利用に関してまったく事情が異なります。
専業主婦は収入がないので、わずかな例外を除いてカードローンの審査に通過できません。
特に消費者金融では「配偶者貸付」の制度を導入していなければほぼ不可能です。

ただ、いくつかのカードローンでは専業主婦でも借りることが可能です。

専業主婦とカードローンの関係

専業主婦は審査通過はほぼ不可能

消費者金融が「サラ金」などと呼ばれていた時代、自己破産者が急増したことがあります。

多重債務状態に陥る人が続出して社会的な問題となりました。


このとき、金融庁はこうした事態を防ぐ方針を定めて、消費者金融や銀行に対して「返済能力のない人への融資」を制限しました。

そのため、カードローンを利用するには返済能力を認められることが必要です。


返済能力の基準は各金融機関ごとに解釈は異なりますが、「安定した収入」を申込条件とする点については一致しています。

安定した収入の基準は、「原則として働いていて、毎月給料を得ていること」です。


つまり、自身に収入がない専業主婦の人は「安定した収入」がないとみなされて、返済能力がないためにカードローンの利用はできません。
カードローンには「総量規制」という法律が適用されます。

これは「収入の3分の1を超える金額を貸し付けてはならない」とするものです。


専業主婦の場合、この計算の元となる収入そのものがないので、借入可能額はゼロとなります。

配偶者貸付とは

専業主婦は「返済能力がない」とされて、カードローンの審査には通りません。

ただし、これには例外があります。


「配偶者貸付」という制度があり、配偶者の収入を考慮して審査が行われるので専業主婦でも借入できる可能性があります。
この制度は、「働いていない主婦であってもお金が必要になることはある」という考えに基づいて法律として導入されたものです。
日本貸金業協会のホームページには以下のような記載があります。
「配偶者の同意を得る必要があありますが、借入本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入を可能とする配偶者貸付という総量規制の例外制度があります。」
配偶者貸付を受けるために必要なものは以下の書類です。
・配偶者の収入を証明する書類
・夫婦間の身分関係を証明する公的書類
・配偶者貸付を締結することについての配偶者の同意書
・指定信用情報機関への信用情報の提供などに関する配偶者の同意書
契約後は自分でお金を返済する必要がありますが、この制度を利用すれば専業主婦でも貸金業者から借りることができます。

収入があれば可能性がある

主婦といっても「専業」ではなく、家事以外に自分で働いて得る収入があれば、まったく事情は違ってきます。
正社員や派遣社員でなくても構いません。
パートでもアルバイトでも、自宅での内職でも、「収入」と言えるものがあれば、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能からお金を借りられる可能性があります。

総量規制の計算の元となる収入があるからです。


銀行や消費者金融のカードローンの公式ホームページを見ても、以下のように「収入があれば申し込める」ことが分かります。
・安定した収入についての記載

金融機関

安定収入についての記載

みずほ銀行

安定かつ継続した収入の見込める方

三井住友銀行

原則安定したご収入のある方

三菱UFJ銀行

原則安定した収入があるお客さま

アコム

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方

プロミス

年齢20際~69歳のご本人に安定した収入のある方

アイフル

満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方

レイクALSA

満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方

SMBCモビット

年齢20~69歳以下の安定した定期収入のある方

専業主婦でも借りられる銀行のカードローンがある

配偶者の安定収入を条件に借りられる銀行のカードローン一覧

アコムやプロミス、レイクALSAなどの貸金業者から専業主婦がお金を借りようとしても、配偶者貸付制度を導入していなければ申し込みができません。
一方、銀行のカードローンには専業主婦でも借りることができるものがあります。

自分名義で借入できるため配偶者の同意書も必要なく、借入の事実を知られる可能性も低くなります。


ただし、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行のメガバンクは専業主婦への貸付を行っていません。

申し込みするなら地方銀行かネットバンクになります。


・専業主婦への融資が可能な銀行のカードローン

ネットバンク

セブン銀行

PayPay銀行

イオン銀行

地方銀行

愛媛銀行

静岡銀行

千葉銀行

横浜銀行

筑波銀行

十六銀行

スルガ銀行

北陸銀行

大分銀行

北日本銀行

地方銀行といっても、愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」のように全国から申し込める銀行のカードローンもあります。
地方銀行のカードローン利用では口座を開設する必要がありますし、手続きには手間も時間もかかります。

イオン銀行

大型商業施設を運営するイオングループが設立したイオン銀行は、イオンモールに支店を構えたり、土日にも窓口を開けていたりするなど、主婦目線のサービスに力を入れています。
イオンのポイントカードとの連携でお得に買い物ができるなど、イオン銀行に口座を持っていることのメリットは数多くあります。
主婦目線で運営されているイオン銀行ですので、自身に収入のない専業主婦でもカードローンに申し込むことができて、イオン銀行の普通預金口座を持っているのであれば最短翌日に振込で融資を受けることができます。
ほぼすべてのイオングループの店舗にATMが設置されているので、ショッピングのついでにお金を借りることもできます。
一部のミニストップにもイオンATMが設置されています。

多くのコンビニATMと提携しているため、利便性は非常に高いと言えるでしょう。


かなりの低金利を実現しており、専業主婦でなくてもおすすめできるカードローンです。
・イオン銀行カードローンの商品概要

金利(実質年率)

3.8%~13.8%

利用限度額

800万円まで

融資までの時間

イオン銀行の口座保有なら最短翌日

口座開設

不要

Web完結

可能

提携ATM

ローソン、イーネット、ゆうちょ銀行、みずほ銀行。三菱UFJ銀行、三井住友銀行、しんきんバンク

PayPay銀行

PayPay銀行は、日本初のネットバンクである「ジャパンネット銀行」が名称変更した銀行です。
カードローンの利用には口座開設が必要です。
そのため最初は多少の手間はかかりますが、手続きはすべてWebで完結しますし、審査通過後はPayPayのミニアプリを使っていつでも融資を受けることができます。

また、ミニアプリからPayPay残高に即時にチャージできるため、融資を受けてからすぐに買い物できる点も利便性は高いと言えるでしょう。


配偶者に安定した収入があれば借りることができ、また配偶者の収入証明書なども必要ありません。
配偶者の勤務先に在籍確認の連絡がいくこともなく、申込しやすいと言えます。

なるべく配偶者に知られないように借りたいという場合にはうってつけの申込先でしょう。


また、銀行のカードローンにしては珍しく「最初の30日間は利息が0円」という無利息サービスを提供しています。
利用限度額は「1000万円」と高めですが、これはあくまで条件を満たした場合で、専業主婦が利用するには最高でも限度額20万円程度の設定になります。
・PayPay銀行カードローンの商品概要

金利(実質年率)

1.59%~18.0%

利用限度額

1000万円まで

融資までの時間

1週間程度

口座開設

必要

Web完結

可能

提携ATM

セブン銀行

注意したいのは、銀行のカードローンにしては金利が「上限18.0%」と高めの設定という点です。

また、提携ATMが少ない点でも使いにくさがあるかもしれません。

愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」

愛媛銀行は愛媛県に本店を置く地方銀行ですが、「ひめぎんクイックカードローン」は全国から申し込むことのできるカードローンです。
地方銀行のカードローンながらメガバンク並みのスペックであることから、多くのサイトで「おすすめカードローン」として挙げられることのあるカードローンです。
Web完結で申し込める点や、申し込みから返済まで愛媛銀行の口座が不要、配偶者への在籍確認の電話をしないなど、高い利便性が確保されています。

低金利で30日間の無利息サービスも付帯します。


毎月の返済額は2000円からで、毎月4回までコンビニの提携ATMの手数料がかかりません。
申し込みの準備の手間が非常に少なく、サービス性にも富むカードローンです。

注意したいのは、返済方法が「ATMからの入金」しかないという点です。


銀行の口座からの自動引落には対応していません。

そのため、自分で返済を管理する必要があるので注意しましょう。


「思わず返済日を忘れてしまった」などのケースでは自宅や自分の携帯電話に連絡が入ります。
・愛媛銀行「ひめぎんクイックカードローン」の商品概要

金利(実質年率)

4.40%~14.6%

利用限度額

800万円まで

融資までの時間

1週間程度

口座開設

不要

Web完結

可能

提携ATM

セブン銀行、ローソン銀行、イーネット

セブン銀行カードローン

全国のセブンイレブンに設置されたATMを運営しているのがセブン銀行です。

セブン銀行は各社とのATM業務提携だけでなく、預金機能もある銀行で、カードローンも提供しています。


セブン銀行の提供するカードローンは非常にシンプルな商品設計になっており、申し込みしやすいカードローンとして知られています。
申込資格は「契約時の年齢が満20歳以上70歳未満」「セブン銀行の口座を持っている」という2つしかありません。
申し込んでセブン銀行の審査に通過できれば借入可能です。

収入による申し込みの制限もありませんし、パートやアルバイト、自営業者、年金受給者でも使うことができます。


また、専業主婦でも申し込みできるので、かなり幅広いユーザー層を想定していることが分かります。
全国のセブン銀行ATMの利用手数料が無料で、土日祝日の借入・返済でもセブン銀行ATMでまったく無駄な経費が発生しません。
・セブン銀行カードローンの商品概要

金利(実質年率)

14.0%または15.0%

利用限度額

10万円・30万円・50万円・70万円

融資までの時間

口座開設で即日

口座開設

必要

Web完結

可能

提携ATM

セブン銀行

地方銀行や信用金庫も調べよう

主婦に限らず、「カードローンを使いたい」という人が見落としがちなのが地方銀行や信用金庫のカードローンです。
地方銀行には「地元の経済に資する」という使命があり、信用金庫は「相互扶助」という理念で運営されている金融機関です。

消費者金融や銀行のような知名度はありませんし、地味な印象しかありませんが、「お金を借りる」ときには真っ先に相談すべき金融機関です。


実は地方銀行や信用金庫のカードローンの多くが専業主婦でも利用可能です。

もしパートなどで自身に収入があれば高い確率で利用できます。


ただし、地方銀行・信用金庫のカードローンは、ほぼすべてが「郵送物必須」となります。家族に見られないようにするのは、かなり困難かもしれません。

借入では口座の開設も必須であることが多いため、まずは口座を持っている金融機関を調べたほうがいいでしょう。


小規模な信用金庫には、都市銀行では考えられないような低金利で融資を提供していることがあります。
・西日本シティ銀行「キャッシュエース」の商品概要

上限金利(実質年率)

14.95%

利用限度額

10万円~300万円

融資までの時間

1週間程度

口座開設

必要

申込資格

・パート・アルバイトでも申込可能
・配偶者に安定した収入がある専業主婦

・のと共栄信用金庫「のときゃっする」の商品概要

上限金利(実質年率)

14.5%

利用限度額

50万円~300万円

融資までの時間

審査回答後の来店で即日融資

口座開設

必要

申込資格

・パート・アルバイトでも申込可能
・配偶者に安定した収入がある専業主婦

配偶者貸付を使いたいなら

配偶者貸付の仕組み

消費者金融では年収の3分の1以上の借入はできません。
元から収入そのものがない専業主婦には、総量規制の適用を受ける消費者金融はまったく利用することはできませんが、この総量規制の例外に該当する「配偶者貸付」を利用すれば専業主婦でもお金を借りることができます。
借入は本人と配偶者の収入を合算して、その3分の1までの借入を可能とするという制度です。

自分に収入がない専業主婦の場合には、配偶者の年収の3分の1までを限度として借入できます。


ただし、この配偶者貸付という制度は大手の消費者金融では取り扱っていません。

法律上は「例外制度として存在している」というだけで、必ずしもすべての消費者金融業者が導入しなければならないとは規定されていません。


消費者金融からすると、配偶者貸付では配偶者の同意書を取り付ける必要がありますし、配偶者の収入について調査する必要もあります。
しかも、専業主婦に貸出するのであまり高額を貸付することができません。

高額の貸出ができないということは、消費者金融にとっての収益である利息収益があまり高くないことでもあります。


手間を掛けた割には収益が薄いというのが配偶者貸付です。

そのため、大手の消費者金融ではどこも配偶者貸付という制度は導入していません。導入している消費者金融は非常に限られます。

ベルーナノーティス

配偶者貸付に対応している消費者金融として良く知られているのが「ベルーナノーティス」という業者です。
あまり知名度は高くありませんが、カタログ通販で有名なベルーナグループが運営する業者です。
ベルーナグループは東証一部上場企業ですので、大手が運営する業者としての安心感があります。
融資を受けるにはいくつか条件を満たす必要がありますが、公式ホームページにも専業主婦向けのページを設置するなど、配偶者貸付に積極的な姿勢がうかがえます。
・ベルーナノーティス「カードローン」の商品概要

利用限度額

1万円~300万円

金利(実質年率)

4.5%~18.0%

利用対象者

20歳~80歳

担保・保証人

不要

遅延損害金年率

20.0%

カードローンとしてはごく一般的なスペックです。
借入は振込と提携ATM、返済は銀行引落・郵便引落・銀行振込の3つが用意されています。
【必要書類】
・本人確認書類(運転免許証、個人番号カードなど)
・婚姻関係の証明書(住民票)
・配偶者の同意書
・配偶者の収入証明書(必須ではないが提出が求められることが多い)
専業主婦がベルーナノーティスを利用するには夫の同意書を提出しなければならないので、どうしても夫に内緒で借りるということは不可能です。
毎月の利用明細書も受け取りは拒否できないため、必ず自宅に届きます。家族で話し合ったうえで申し込む必要があるでしょう。

レディースフタバ

レディースフタバは、中小消費者金融として知名度の高い「フタバ」が女性向けに提供しているカードローンです。
フタバは50年以上運営してきた実績のある老舗です。
消費者金融は1990年代から2000年代にかけて大きな業界再編があり、大手消費者金融のほとんどは銀行の傘下として子会社化されました。

そのような激動の時代を生き抜いた会社には、それなりに理由があります。


たとえば、最大の特徴と言われているのが金利水準の低さです。

フタバは上限金利が「17.95%」となっており、アイフルやアコムなどの「18.0%」よりも低く設定されています。


女性向けサービスである「レディースフタバ」は女性のスタッフが対応するサービスで、基本的な借入条件などは変わりません。消費者金融に申し込むことに戸惑いを覚えてしまいがちな女性に優しいサービスです。
公式ホームページには明記されていませんが、レディースフタバでは専業主婦でも借りることができます。収入がない専業主婦の場合には以下の書類を提出します。
・戸籍謄本や婚姻受理証明など夫婦であることを証明できる書類
・夫の同意書
・レディースフタバの商品概要

融資額

1万円~50万円

金利(実質年率)

14.959%~17.950%

返済

元利均等6年以内

保証人・担保

不要

初めて契約する人には「30日間無利息」サービスが付帯します。電話だけで手続きを完了することができ、来店不要で融資を受けられます。審査が完了すれば即日で銀行口座へ振込融資が可能です。

セディナカードローン

セディナはクレジットカードの印象が強いという人も多いでしょう。

大手の信販会社で多彩な種類のクレジットカードを発行しています。


現在はSMBCファイナンスサービス株式会社と合併して社名を変更しています。
セディナカードローンは、通常のカードローンと同様にキャッシングだけの機能のみを利用できるローン商品です。
初めて借りた初回融資額は7日間無利息です。

速達でカードが受け取れるので、利用も早くできます。


商品のスペックそのものは大手の消費者金融と比較すると見劣りしますが、専業主婦の利用も可能な「配偶者貸付」に対応しています。
専業主婦の場合には、配偶者に収入があることを条件に借入できますが、限度額は10万円から30万円程度が限界です。

また、配偶者がカードローンを利用している場合には、その利用額も含めて年収の3分の1以下である必要があります。


・セディナカードローンの商品概要

融資額

1万円~200万円

金利(実質年率)

上限18.0%

返済

残高スライド定額リボルビング方式

保証人・担保

不要

【配偶者貸付での提出書類】
・配偶者貸付申込書(公式ホームページから印刷して記入のうえ返送)
・収入証明書:専業主婦の場合には配偶者の収入証明書(給与所得の源泉徴収票、給与明細書、所得税の確定申告書、納税通知書など)
・婚姻関係証明書:住民票の写し

まとめ

主婦であっても自分に収入があれば通常のカードローンが利用できます。
専業主婦の場合には、いくつかの銀行のカードローンが利用可能です。
また、配偶者貸付は大手の消費者金融では提供されていません。

提供されている消費者金融はベルーナノーティスなど少数です。