MENU

即日融資に対応したカードローンのおすすめ

現金の用立ては突発的に発生することがあります。

「今日中にまとまったお金が要る」という事態は多くの社会人が経験しているでしょう。


こういうピンチのときに頼りになるのがカードローンです。
即日融資に対応しているのは、主に消費者金融のカードローンで、銀行のカードローンは即日では借りられません。
大手の消費者金融業者ならおおよそ申し込み当日中に借りることができます。

即日融資に対応しているのは消費者金融

銀行のカードローンは即日融資ができない

以前は銀行のカードローンからも即日で融資を受けることができました。

ところが、2018年から即日融資は不可能になっています。


理由は以下の2点です。
・総量規制を超える過剰融資が問題になった。
・反社会的勢力への融資を完全に封じるため。
消費者金融は貸金業者であるため貸金業法の適用を受けます。

そのため、年収の3分の1を超える融資は「総量規制」によって禁止されています。

これは多重債務者を減らす目的で、一定程度の成功を収めています。


一方、銀行のカードローンには銀行法が適用されるため、総量規制を超える融資も可能です。

その結果、銀行のカードローンは利用者の返済能力以上の貸付をしていまい、銀行のカードローンを理由とする自己破産者が増加します。


銀行のカードローンの審査体制は不十分であると金融庁が判断したため、各銀行に金融行政の課題をまとめた報告書を通達して、銀行側も自主規制という形で審査を厳格化して即日融資を受けられなくしました。
また、銀行のカードローンが反社会的勢力への融資を行っていたことが2013年にスクープとして報じられました。

反社会的勢力に融資を行っていたことが発覚したため、金融庁は銀行に対して融資の申し込みの際に警察庁のデータベースに照会することを義務付けました。

その結果、審査に時間がかかるようになっています。

銀行のカードローンで審査にかかる時間

警察庁のデータベースへの照合には時間がかかります。

2018年以降、銀行のカードローンの審査には2営業日から2週間ほどの時間を要することとなりました。


銀行のカードローンは2018年以前も反社会的勢力の利用が指摘されており、こうした勢力への資金流入を防ぐため、カードローンを含むあらゆる融資の申し込みがあったときに、申込者のデータと警察庁のデータを照合しています。
このデータベースを照会するには最短でも1日、長い場合には2週間ほどかかり、今までの審査時間に加えて2営業日から2週間という期間がかかってしまっています。
また、50万円を超える借入には収入証明書の提出を必須として、申込者の返済能力を正しく測ることとなり、手間と確認作業に時間がかかります。
さらに100万円を超える高額融資を希望すると審査時間はもっと延びます。

大手消費者金融がオススメ

1.最短即日融資に対応しているカードローン

現在のところ、即日融資に対応しているカードローンは消費者金融のみとなっています。

それも審査体制の整っている大手に限られます。


しかも、「最短」で即日融資であって、申込時間や審査の状況によっては即日融資が困難になることもあります。
銀行のカードローンは即日融資は不可能で、最も早いところで翌営業日です。
・最短で即日融資に対応しているカードローン

業者名

審査時間

融資までの時間

プロミス

最短30分

最短1時間

アコム

最短30分

最短即日

アイフル

最短30分

最短即日

SMBCモビット

最短30分

最短即日

レイクALSA

最短30分

最短60分

各社の公式ホームページを見ると、大手の消費者金融では審査にかかる時間は「最短30分」と表記されています。
申し込みから融資を受けるまでの時間は最短で1時間から即日と公表しています。

2.申し込みの時間に注意しよう

大手の消費者金融では、申し込みから融資まで最短で即日としていますが、申し込みの際には時間に注意しましょう。
「最短30分」というのは、あくまで「最短の場合」であって、申込時間によっては審査に時間がかかるからです。
たとえば、週末の金曜日の夕方や大型連休前にはカードローンに申し込む人が増加する傾向があり、審査に時間がかかる傾向があります。
また、申込内容や必要書類に不備がある場合には、審査担当者からの確認が入ることもあり、そうなるとますます時間がかかります。
どの消費者金融業者でも、審査する時間は午後8時まで、または午後9時までと決まっています。
この時間を過ぎても結果が出ないときには、審査は翌日に持ち越しとなりますので充分に注意しましょう。

早めに動いたほうが早めに融資を受けられます。

即日融資に対応している大手5社の比較

申し込みのタイムリミットで比較

「どうしても今日中に現金が必要なのに手元にない」という場合には、大手の消費者金融で借入するのが最も簡単で手軽です。
大手なら「最短30分」で審査をして借入することができます。

ただし、「いつでも最短30分」とは限りません。


それぞれの業者にも営業時間のリミットがあり、営業時間を過ぎても審査が終わらなければ翌日に回されてしまいます。
・大手5社の申し込みタイムリミット

業者名

インターネット申し込み

来店(無人契約機含む)申し込み

プロミス

午後8時(日曜午後5時)

午後8時

レイクALSA

午後7時(日曜午後4時)

午後9時(祝日午後8時・日曜午後6時

アコム

午後5時

午後8時30分

SMBCモビット

午後6時

午後5時30分

アイフル

午後8時

午後8時

SMBCモビットの場合、来店契約の申し込みリミットが早めに設定されていますので、もしSMBCモビットで来店で即日融資を受けたい場合には早めに動いたほうが良いでしょう。

「来店なし」ならプロミス

無人契約機や店舗に来店することなしに契約したい場合、Webから申し込んでWebまたはカードレスで契約する方法を採ることになります。
この場合、審査体制が最も安定していて時間も読みやすいのはプロミスです。

借入を急いでいるなら、特段の理由がない限りプロミスを選んでおけば間違いないでしょう。


・プロミスの概要

上限金利

17.8%

来店なしのタイムリミット

午後8時(日曜は午後5時)

来店ありのタイムリミット

午後8時

カードレス契約

・ほぼ24時間の振込融資可能
・スマホATM取引可能

郵送物

回避しやすい

その他のメリット

30日間無利息サービスあり

プロミスの強みは「他社よりも遅い時間まで審査を行っている」点にあります。
ネット申し込みの場合、午後10時まで審査を行っているため午後8時までに申し込み作業を開始していれば即日融資のチャンスがあります。
また、「瞬フリ」という銀行振込サービスを提供しており、契約さえできていれば夜間でも瞬時に銀行口座に振込融資で入金されます。
また、スマートフォンをカード代わりに使う「スマホATM取引」も可能で、こちらも契約さえ完了していれば来店する必要なく、コンビニATMで借入できます。

無利息サービス重視ならレイクALSA

レイクALSAも即日融資を受けやすい業者です。

申し込みのタイムリミットも遅めで、審査スピードも安定していると評価されています。


無人契約機への来店で申し込む場合も遅い時間まで可能で、プロミスにはないサービスも提供しており、有力な選択肢となるでしょう。
・レイクALSAの概要

上限金利

18.0%

来店なしのタイムリミット

午後7時(日曜は午後4時)

来店ありのタイムリミット

午後9時(祝日午後8時・日曜午後6時

カードレス契約

・ほぼ24時間の振込融資可能
・スマホATM取引可能

郵送物

回避しやすい

その他のメリット

60日間または180日間無利息サービスあり

プロミスに比較してレイクALSAが優れている点は、無利息サービスの充実です。
プロミスでは「30日間無利息」ですが、レイクALSAは「60日間無利息」または「5万円まで180日間無利息」のどちらかを選択できます。
無利息サービスは大手の消費者金融はどこも導入していますが、期間の長さという点ではレイクALSAが最も有利です。
通常のパターンでも「60日間」で、これは他社の「30日間」の2倍で、5万円までなら180日間というのはどの業者にもないサービスです。

契約機が近所にあるならアコム

アコムは無人契約機を業界で初めて設置した会社で、設置数もナンバーワンです。

そのため、自宅や勤務先の近くにアコムの無人契約機があるというケースは他社に比較して多めでしょう。


アコムは契約者数でも他社から抜きん出て1位です。
申し込みのしやすさという点では、アコムが他社よりも優秀でしょう。

ただし、「必ずカードが発行される」会社でもあります。


逆に考えると、近くにアコムの契約機があるなら、そこで申し込んでカード受け取りまで済ませればすぐに借入できるとも言えます。
・アコムの概要

上限金利

18.0%

来店なしのタイムリミット

午後5時~午後7時(振込先による)

来店ありのタイムリミット

午後8時30分

カードレス契約

・銀行振込融資が可能
(振込先によって対応時間が異なる)

郵送物

回避には来店が必須

その他のメリット

30日間無利息サービスあり

アコムが他社に比較して弱いのは、時間外の銀行振込による融資に対応している金融機関が限定的という点です。
郵送物の回避には来店が必須というのもデメリットかもしれません。

ただし、近くに店舗があるなら逆にメリットとなります。


また、大手の消費者金融のなかでは唯一スマホATM取引を導入していないのも気になる点でしょう。
アコムは明らかに「ネット契約向きの消費者金融」ではありません。

一方、来店契約に関しては店舗の多さや即日融資のタイムリミットも遅めというメリットもあります。

在籍確認の電話回避ならSMBCモビット

SMBCモビットの「Web完結型」の申し込みなら、他社にないメリットがあります。
通常のカードローンの審査では「在籍確認を職場への電話連絡によって実施する」ことになっています。
どうしても連絡してほしくないというケースでのみ、書類による在籍確認にも対応していますが、対応してくれるかどうかは申込者によって異なり、必ずしも書類で在籍確認をしてくれるとは限りません。
一方、SMBCモビットのWeb完結で申し込むと「在籍確認の電話連絡なし」で契約できます。
・SMBCモビット「Web完結」の概要

上限金利

18.0%

来店なしのタイムリミット

午後6時(電話で急ぎと伝達する必要あり)

来店ありのタイムリミット

Web完結では取り扱いなし

カードレス契約

・ほぼ24時間振込対応
・スマホATM取引可能

郵送物

回避可能

ただし、「Web完結」の利用には以下の条件をすべてクリアしている必要があります。
・本人名義の「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」の口座を返済用口座にできること。
・勤務先から発行された保険証(社会保険証・共済組合保険証)を持っていること。
・収入証明書を提出できること。
即日融資の確実性はプロミスやアコムよりも落ちますが、「勤務先に絶対に電話連絡がない」という点は大きなメリットと言えます。

審査に自信があるならアイフル「ファーストプレミアムカードローン」

アイフルも即日融資に対応していますが、「近くにアイフルの店舗がある」という以外のケースでは、即日融資可能の業者としておすすめできるポイントはあまりありません。
来店ありの場合でタイムリミットが午後8時です。

それ以外に特筆すべき要素はアイフルにはあまり見出すことはできず、唯一のメリットが「他社が銀行の傘下にあるが、アイフルだけ銀行とは無関係」という点かもしれません。


そのため、審査の基準が他社とは違っていると言われており、他社では断られた人でも審査に通過できる可能性があります。
ただし、もし審査に自信のある人なら「ファーストプレミアムカードローン」は強くおすすめできるカードローンです。

審査難易度は高いですが、超が付くほどの低金利です。


・アイフル「ファーストプレミアムカードローン」の概要

上限金利

9.5%

来店なしのタイムリミット

通常のローンより時間がかかりやすい

来店ありのタイムリミット

来店契約は不可

カードレス契約

・銀行振込対応
・スマホATM取引可能

郵送物

回避可能

非常な低金利のカードローンですが、最低でも年収が300万円以上あることが条件です。

というのも、最低の利用限度額の設定が「100万円」となっているからです。


アイフルは貸金業者ですので総量規制の適用を受けます。

100万円以上の借入限度額を設定できるのは、年収が300万円以上の人です。


上限金利「9.5%」というのは、カードローンのなかでも最も低いレベルで、非常に優秀な数字と言えます。

即日融資を受ける流れ

「来店なし」プロミスのケース

即日融資に対応している大手の消費者金融では、「来店なし」でWebのみで申し込みから契約、借入まで済ませる流れはおおよそ一致しています。
Webで申し込みしやすいプロミスを実例すると、即日融資を受ける流れは以下のようになります。
1.インターネットで申し込みする。公式ホームページ・公式アプリから必要事項を入力して送信。
2.仮審査が開始される(毎日午前9時~午後10時)
3.審査に通過すると、メールで必要書類の提出を求められる。
4.在籍確認が実施される。
5.メールの案内に従って書類を送信する。
6.本審査が実施され、通過するとネット上で契約の手続きを行う。ここでカードを発行するかどうかを選択。
7.契約が締結されたら、24時間振込サービスまたはスマホATM取引を使って借入する。
ローンカードは希望者に郵送されますが、希望しなければ発行はありません。

後日必要になったときに申請すれば郵送で発行できます。


このパターンで注意したいのは、どこかのタイミングでプロミスから確認の電話連絡が入る点です。

何も電話による確認なしで手続きが進むことはありません。


この電話に気が付かず、放置していると審査が長引きますので、いつでも電話を取れる体勢を整えておきましょう。

来店するなら原則午後8時まで大手各社に

大手の消費者金融は自動契約機を各地に設置しています。
これを使って申し込むと、その場でカードが発行できるので即日融資の確実性は高まります。
タイムリミットは各社でおおよそ午後8時となっており、この時間までに自動契約機での手続きを開始していれば、その日のうちに融資まで至ることができます。
注意したい点としては、第一にSMBCモビットの審査体制が安定していないので早めに行く必要があることと、第二にレイクALSAは日曜日なら午後6時がタイムリミットという点です。
自動契約機への来店契約なら、その場でローンカードを受け取ることができます。

カードはコンビニATMならどこにでも対応していますので、時間を気にすることなく借入できます。

そのため、来店契約を希望しているのであれば、近くに自動契約機のある消費者金融を選んでおけば間違いありません。


大手のなかでは、SMBCモビットに以下のような制限があるので注意しましょう。
・申し込みや契約に使う三井住友銀行「ローン契約機」の営業時間は午前9時から午後6時までと他社に比較して短い。
・他社と違って、来店申し込みでも審査時間は短くならない。通常は自動契約機による申し込みは優先的に審査される傾向があるが、SMBCモビットでは通用しないと推測されている。
・来店で申し込んでも原則として郵送物が発生する。カードレスで利用できる24時間対応の振込サービスがあるため、わざわざ来店申し込みにするメリットがあまり無い。

契約機を使った即日融資の流れ

自動契約機を使った契約はおおよそ各社で以下のような流れになります。
1.必要書類を持参して近くの自動契約機に行く。事前にネット申し込みしておき、仮審査の結果を受けてから向かっても良い。必要書類の確認も事前にしておくとなお良い。
2.自動契約機を使って申し込み手続きを開始する。
3.その場で仮審査が行われる。このとき、ブース内のインターホンで聞き取り調査されるので、正直に答える。
4.仮審査に通過したら必要書類を提出する。このタイミングで在籍確認が実施される。
5.本審査に通過したら契約手続きに進む。
6.カードを自動契約機で発行して、併設のATMを使って借入。
自動契約機には音声の案内もあり、オペレーターに直通のインターホンが設置されているので、何をしたら良いか分からないということは無いでしょう。

音声の指示に従って対応していけば誰でも手続きを進めることができます。


自動契約機を使う申し込みでは、その場でカード発行できる点にメリットがあります。

ローンカードがあれば、コンビニATMなどを使っていつでも借入・返済が可能です。


気をつけたいのは、消費者金融では自動契約機に併設されている「自社ATM」なら利用手数料はかかりませんが、コンビニATMを利用すると原則として手数料が発生する点です。
【ATM利用手数料】
・取引額1万円以下:110円
・取引額1万円超:220円
プロミスとSMBCモビットでは三井住友銀行ATMを利用するときのみ、手数料は無料となります。

即日融資を受けるための必要書類とは

カードローンの契約を締結するには、原則として「本人確認書類」などの書類が必要となります。

プロミスを一例として挙げると、以下のような書類が必要です。


【本人確認書類】
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・マイナンバーカード
・在留カード
・特別永住者証明書
・住民基本台帳カード
上記から1点が必要
【住所確認書類(本人確認書類の住所と現住所が異なるとき)】
・公共料金の領収書
・住民票の写しまたは記載事項証明書
・国税または地方税の領収書
・納税証明書
・社会保険証の領収書
【収入証明書(限度額が50万円を超える場合など)】
・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・所得証明書
・直近2ヶ月分の給与証明書と賞与明細書
【勤務先確認書類(勤務先が休業日の場合など)】
・源泉徴収票
・給与明細書
・勤務先から発行された保険証
一見面倒なようですが、カードローンの申し込みが初めてなら「本人確認書類」があれば契約を結べることがほとんどです。
ただ、来店申し込みの場合にはなるべく必要書類は多めに用意しておきましょう。
もし仮審査の段階で追加の書類提出を求められた場合に、その場で契約できなくなるからです。
特に源泉徴収票と直近2ヶ月分の給与証明書などは収入と勤務先を証明できる書類であるため、できれば持参したほうが良いでしょう。

まとめ

即日融資を受けることのできるカードローンは大手の消費者金融です。

プロミス、アコム、アイフル、レイクALSA、SMBCモビットの5社が確実です。


Web申し込みで手続きすべてを完了させることも可能ですし、確実性ということなら近くの自動契約機を使うと良いでしょう。

自動契約機ならカードがその場で発行されます。