MENU

学生が借りられるおすすめのカードローン

学生にもなると、何かとお金が必要になります。
アルバイトをしていても、大学の講義と両立させるのが難しいケースもあり、お金が足りなくなってしまうこともあり得ます。
そういったときに「学生でもカードローンを借りることができるのか」と考えることもあるでしょう。
実際には、「アルバイトなどの収入がある20歳以上の学生」であればカードローンでお金を借りることができます。

学生がカードローンを利用できる条件と借入先

カードローンの申込条件

1.20歳以上であること

未成年の学生は基本的にカードローンを利用できません。

未成年の学生で「どうしてもお金を借りたい」というケースでは、奨学金などの公的な支援を検討するべきでしょう。


もし民間の金融機関から借りたいというのであれば、「未成年でも借りられる」ことをうたっている学生ローンしかありません。
多くのカードローンの申込条件には「20歳以上」でなければ利用できないことが明記されています。
みずほ銀行や三井住友銀行、三菱UFJ銀行のメガバンク、アコムやプロミスなどの大手消費者金融の公式ホームページを見ても、申込条件は「満20歳以上」となっています。

2.定期的な収入があること

カードローンを利用するには、定期的な収入をもらっていることが必要です。

収入がない学生や安定した収入のない学生は、カードローンの審査で「お金を貸しても返済できない」と判断されます。


定期的な収入というのは、アルバイトでも構いません。

給料をもらえる日が毎月1回以上あることが条件です。


学生なら以下のような収入は定期的収入と認められます。
・喫茶店やレストランなどのアルバイト
・塾講師のアルバイト
・コンビニやスーパーなどのアルバイト
単発バイトや家族からの仕送りは「定期的収入」とは認められないので注意しましょう。

学生が利用可能な3つのカードローン

学生でもお金を借りることができる方法は「奨学金」「クレジットカードのキャッシング枠」「学生ローン」「銀行のカードローン」「消費者金融のカードローン」の5種類です。
そのなかでも「ローン商品」として位置づけられるものは以下の3つです。
・学生が使える3つのローン

メリット

デメリット

銀行のカードローン

・金利が低い
・銀行という安心感がある

・審査が厳しめ
・審査に時間がかかる

三菱UFJ銀行などのメガバンクから地方銀行まで一部の例外を除き、「20歳以上」であればカードローンを発行します。

メリット

デメリット

学生ローン

・審査が通りやすい
・18歳以上から借りられるものがある

・金利が高め
・借入額が少ない

学生ローンなら未成年でも借りられるところがあります。

ただし、ごく一部に限られます。金利は高いですし、あまり高額を借りられないので強くおすすめはできません。

メリット

デメリット

消費者金融のカードローン

・審査が通りやすい
・申し込みがネット可能
・最短即日融資が可能

・金利が高め
・20歳未満は借入不可

カードローンとして最も一般に馴染みが深いのは、プロミスやアコムといった消費者金融でしょう。
こういった業者は最短で申し込み当日に借りられます。

3つのカードローンの特徴

1.銀行

銀行から借りるカードローンとして、三菱UFJ銀行の「バンクイック」や三井住友銀行カードローンなどが知られています。

学生でも20歳以上で支払い能力があると判断されれば借入可能です。


借入先が銀行というのは安心感もあるでしょう。
銀行のカードローンの特徴は金利が低いという点です。おおよそ年率14%台で借りることができます。
ただし、審査は厳しめです。

それなりに安定した収入がなければ銀行のカードローンから借りることはできません。


学生でそこまで高い収入を得ることは困難ですし、お金を借りたい学生の需要には応えていないかもしれません。

2.学生ローン

学生ローンは「学生に融資すること」を専門にするローン会社です。
実際には「貸金業者」、つまり消費者金融として営業しています。
学生向けの業者ですので審査に通りやすく、収入額が低くても借りられる可能性があります。

未成年でも借入できる会社もあり、学生ローン一択になるという人もいるでしょう。


デメリットとしては借入金額が少ないことと、申し込みが店頭でないとできないケースが多いという点です。
借入額はおおよそ10万円程度であることが多く、それ以上の金額を借りようとするなら、それなりに収入が必要になります。

3.消費者金融

お金を借りようとするとき、真っ先に思い浮かぶのが消費者金融という人は多いでしょう。
アイフルやアコム、プロミスなど大手の業者はテレビのCMやネットでの広告にも積極的です。
消費者金融のカードローンは学生でも融資を受けられますが、20歳以上であることと、アルバイトなどの定期的収入が必要です。
学生ローンに比較すると大きな金額を借りやすく、銀行のカードローンよりも審査ハードルが低いという特徴があります。
申し込みがネットだけで完結するものもあるので、即日で借りられる可能性が高いです。

学生には消費者金融のカードローンがおすすめ

審査が通りやすい

学生に消費者金融をおすすめするのは、審査が通りやすいからです。
消費者金融のカードローンなら、学生であっても20歳以上でアルバイトなどの定期的収入があれば審査に通過する可能性が高く、銀行のカードローンよりも審査ハードルはぐっと低いと言えます。
銀行のカードローンは「銀行という安心感」から魅力的ですが、どうしても審査は厳しめです。

特に学生にとっては収入面で不安があります。


多くのバイトをこなしていて、それなりに収入があるなら銀行の審査も通るかもしれませんが、その分働く時間は長くなります。

遊ぶ時間や勉強する時間を増やすために借入を検討しているなら、なるべくバイトの時間は少ないほうが良いでしょう。


業者にも審査に若干の違いがあり、絶対とは言い切れませんが、消費者金融なら「バイト初日に申し込んで審査に通る」可能性もあります。
消費者金融はお金を貸すプロで、「なるべく貸す」という方向性でユーザーの利便性を考えてくれます。

限度額が高め

消費者金融ではカードローンでは最大借入額が高く設定されていることが多い傾向があります。
信用力があれば大きな金額を借りることが可能です。

とはいえ、貸金業者である消費者金融には「貸金業法に規定された総量規制」が適用されるため、年収の3分の1を超える金額は貸付できません。


消費者金融はある意味割り切った部分があり、申込条件をクリアしている人に対しては収入に見合った額いっぱいにまで貸してくれる可能性が高いと考えられます。
この点、学生ローンでは限度額は5万円から10万円程度になることがほとんどです。
総量規制からすると、たとえばアルバイトで毎月5万円の収入がれば年収は60万円ですので、20万円まで借入できることになります。

学生ローンでは借りられない高額の借入が消費者金融なら可能です。


ただし、借りたお金は必ず利息付きで返済する必要があるので、この点は充分に考えてから申し込みましょう。
消費者金融は銀行のカードローンよりも金利は高めに設定しています。

そのため、返済額は高くなる傾向があります。無計画に借りていると、いずれ限界が来ますので消費者金融から借りる際には計画性を持って利用しましょう。

ネット申し込みができる

消費者金融のカードローンは来店不要でネットで申し込めるものが多いので、この点でも利便性は高いと言えるでしょう。
注意したいのはアコムです。

アコムはカードが必ず発行されます。自動契約機などで受け取る必要が生じます。


アコム以外の大手であれば、プロミスでもSMBCモビットでも、ネットで申し込んでネット上で契約を締結し、ネットから振込融資を依頼することもできます。

スマホさえあればカードレスで利用できるのが消費者金融のメリットです。


実は銀行のカードローンはこの点では立ち遅れており、カードレスに対応した個人向けカードローン商品は少ない傾向があります。
また、学生ローンは申し込みのときに窓口に自分で行く必要があります。

手間も時間もかかりますし、他人に見られるリスクもあります。ローンを利用していることを他人に発覚しないようにするには、消費者金融のカードローンが最も適しています。

即日融資が可能

消費者金融の大きなメリットのひとつが、融資までのスピードが早いという点です。
申し込み当日中に借入可能な状態に至ることができるのは、金融機関のなかでは消費者金融だけです。
銀行のカードローンはどれだけ早くても翌営業日以降になりますし、学生ローンは申し込みで窓口に行く必要があります。

事前に予定を調整しないとすぐに申し込むということはできません。


消費者金融のカードローンなら「お金を借りたい」と思ったその日のうちにスマホで申し込みをして、その日のうちに融資を受けることができます。
たとえば、大手消費者金融のプロミスなら、スマホで申し込みして審査結果は30分程度で通知されます。
書類の提出はスマホのカメラ機能で撮影したものを送信するだけで済みます。
融資を受けることができるまでに、およそ1時間程度です。

どこにも出かける必要もありません。


融資は銀行振込が可能で、振り込んでもらったお金をネットショッピングですぐに使うこともできますし、近くのコンビニATMで引き出すことも可能です。

このようなスピードやサービス性を持っているのは消費者金融だけです。

返済の方法が多い

カードローンの返済というと、「口座からの引落」というのが一般的なイメージでしょう。

消費者金融のカードローンはその他の返済方法が豊富です。


借入も返済も全国のコンビニATMが使えます。
ATMの利用には手数料もかかりますが、プロミスやSMBCモビットは三井住友銀行のATMなら手数料無料です。

ATMで借りてATMで返済できるので、銀行口座を通す必要がありません。そのため、通帳にも記録は残りません。


ネットバンキングを使った返済にも対応していますし、自分に合った返済方法を選べるのが消費者金融のカードローンの強みです。
学生のなかには通帳を親が管理しているなど、銀行口座を経由して借入・返済をするのに抵抗があるという人も多いでしょう。
こういったケースでも、ATMで借入・返済が完結できる消費者金融のカードローンはおすすめです。

学生が使える消費者金融・銀行のカードローン

家族バレが心配ならレイクALSA

大手の消費者金融と言えば「プロミス・アコム・アイフル・レイクALSA・SMBCモビット」の5社です。

このうち学生におすすめなのはレイクALSAとアイフルです。


というのも、この2社は以下の3点をクリアできる可能性が高いからです。
・来店なし
・郵送物なし
・即日融資が可能
特にレイクALSAは「借入額5万円まで180日間無利息」というサービスを提供している唯一の消費者金融です。

あまり高額の融資が期待できない学生にとっては、非常にありがたいサービスでしょう。


申し込みから融資までのスピードは最短で1時間程度です。
審査の混み合い具合によっては多少時間がかかることもありますが、平日の昼間に申し込めばほぼその日のうちに借入できるでしょう。
学生がレイクALSAに申し込むときに注意したいのは以下のような点です。
・「来店契約」または「返済用口座登録+カード発行を希望しない」ことで自宅への郵送物なしにできる。
・原則として、バイト先への電話連絡による在籍確認が必須。
・初回契約特典の「借入額全額無利息」または「5万円まで180日間無利息」はネット申し込みだけで適用される。

在籍確認を避けたいならアイフル

学生が消費者金融を利用するのに高いハードルになるのが在籍確認でしょう。
在籍確認は、申込者が申告した通りの職場で働いている実態があるかどうかを、電話の連絡によって確認する工程です。

カードローンの審査では欠かすことができません。


多くのカードローンでは、審査の担当者が個人名で申込者を呼び出してもらう形で行われます。
学生がバイト先に個人名で電話が掛かってくるのは、それだけで何事かと怪しまれる危険があります。

とはいえ、レイクALSAでもプロミスでも、必ず在籍確認の過程が審査途上で行われます。


普段あまり自分宛てに電話連絡のない学生バイトに、いきなり個人名で電話が掛かってくるのは嫌な感じもありますし、バイト先の人たちに不審がられる可能性もあります。
もし「バイト先への電話連絡を絶対に避けたい」なら、原則として勤務先への電話連絡をしないアイフルを選びましょう。
アイフルは「インターネット経由の返済に対応していない」など、ユーザーサービスの面では若干レイクALSAやプロミスに劣りますが、公式ホームページでも「勤務先に電話を掛けない」と明記している珍しい消費者金融です。

大手の一角ですし、学生ローンに比べればずっと便利に使えます。

限度額は高額を期待しないこと

無利息サービスやWeb完結で申し込める点などユーザーサービスの点で、小規模経営の学生ローンなどに比較して圧倒的に使い勝手が良いのが大手の消費者金融ですが、あまり高額の限度額は期待できません。
たとえば学生がアルバイトで月に5万円の収入があるとき、年収は60万円になるので総量規制を考慮すると「年収の3分の1である20万円」まで借りられると思えますが、実際にはその金額で契約できることはレアケースでしょう。
学生は本業は「大学に通って勉強すること」です。

アルバイトは生活費や趣味娯楽費を出すためのものでしょう。本業で「お金を稼いでいる」社会人とはまったく立場が違います。


多くの場合で、消費者金融に学生が申し込んだ場合には「金利はその業者の上限金利、契約額は10万円」となります。
もし、返済の実績を蓄積して業者側が「もっと貸してもいい」と判断したら、増額の案内が来ます。このときにもう一回考えてみましょう。
インターネットで検索すると「審査なし」「無審査キャッシング」「誰にでも貸します」などの文言をうたった業者を目にすることもあります。
こういった業者は100%「闇金」ですので、絶対に関係を持たないようにしましょう。

「無審査」「無担保」「合法」のうち、2つまでは正規の業者でも有りえますが、3つとも満たしているような業者は闇金です。注意しましょう。

銀行のカードローンの選び方

銀行のカードローンの審査は消費者金融のカードローンに比較して厳しい傾向があります。
実際に、社会人で充分な返済能力があるにもかかわらず銀行のカードローンの審査に落ちることは珍しくありません。

まして学生なら望みは薄いと言えるでしょう。


ただし、「両親の扶養に入っている」「定期的収入がある」「他の金融機関の利用で問題を起こしたことがない」のであれば、チャンスはゼロではありません。
もし銀行のカードローンに申し込みたいのであれば、まずは「自分が普段から使っている銀行」のカードローンに申し込んでみましょう。

アルバイトの給与の振込口座にしている銀行がベストです。


バイトの給料をみずほ銀行に振り込んでもらっているなら、みずほ銀行が向いてます。
ただし注意したいのは「楽天銀行」や「PayPay銀行」などのネットバンクです。

ネットバンクは「申込者が正規の雇用者かどうか」を重視する傾向があります。


そのため、アルバイト収入しかない学生の場合には審査通過は困難でしょう。

学生ローンのおすすめ

1.代表的な学生ローン

学生を対象にキャッシングを行う「学生ローン」という会社があります。
実際には消費者金融ですが、学生を主な顧客とする業者です。
申込先にこういった業者を選ぶと、たとえばアルバイト先への電話連絡について考慮してくれたり、親バレを回避してくれたりなどのサービスが期待できます。
・アルバイト先への電話連絡を「原則なし」としている学生ローン

学生ローン名称

内容

カレッヂ

・上限金利17%
・未成年者でも利用可能

キャンパス

・女性なら金利が年率15.6%と低金利
・返済方法はみずほ銀行への振込だけ

アミーゴ

・上限金利16.8%と低金利

友林堂

・上限金利16.8%
・池袋に窓口がある

2.おすすめはカレッヂ

学生ローンとして最もおすすめなのは、東京都高田馬場にあるカレッヂです。
高田馬場駅のホームから見える大きな黄色い看板の店舗です。
最も特徴的なのは、すべてのローンで唯一、「未成年者でも親権者の同意なく利用できる」という点でしょう。
学生ローンなのに、セブン銀行ATMを使って限度額の範囲内で何度でも借入できるという点もメリットです。
・カレッヂの基本情報

上限金利

年率17%

限度額

最高50万円(未成年者は10万円)

融資までの時間

最短即日

自宅への郵送物

来店できるなら「郵送物なし」

アルバイト先への電話連絡

原則として「電話連絡なし」

必要書類

・学生証
・免許用または健康保険証
・キャッシュカードなど

一般的に学生ローンは「融資は1回だけ」「再度借りるなら再審査が必要」「返済のたびに振込手数料がかかる」という特徴がありますが、カレッヂはセブン銀行ATMと提携しているので、わざわざ店舗に行かなくても各地のセブン銀行ATMで返済できます。

まとめ

学生でも「20歳以上」「定期的収入がある」という条件を満たしていれば消費者金融のカードローンが利用できます。
ただし、限度額はあまり高額は期待できません。学生向け専門の学生ローンなら高田馬場にあるカレッヂがおすすめです。