FXの自動売買(シストレ)でおすすめのトレードシステムとFX会社

MENU

FXの自動売買(シストレ)おすすめのトレードシステムとFX会社

FXの売買を自動で行ってくれるのが「自動売買(システムトレード)」です。略して「シストレ」と呼ばれています。
自分で売買の判断をすることなくトレードできて、それで儲けが出るなら誰でも試してみたくなるところですが、「そんなにうまい話があっていいのか?」と疑問に思う人も多いでしょう。
ネットには真偽の定かではない情報が氾濫しており、悩ましいところです。

FXのシストレとはどういう資産運用なのか

完全に自動化されているわけではない

FXのシステムトレードは略して「シストレ」と呼ばれていますが、自分で売買の判断なしでトレードして儲けられるなら、これほど良い話もないでしょう。
多くのシストレは過去の売買で利益が出た方法の再現になっています。
同じような設定や資金で運用すれば同じ結果が出ることが期待できます。

この傾向はリピート系シストレで顕著に出ます。


投資家の判断や資金管理に間違いがなければ確かに長期的なリターンも可能でしょう。
シストレのメリットはエントリーから決済までの流れをすべて機械がやってくれるので、投資家が相場に張り付く必要がありません。
自動売買の対義語は裁量トレードと言い、その場の判断で投資家自身が臨機応変に注文を出していくものです。
ただし、シストレのトレードは自動化されていますが、完全に放置して自動的にお金が儲かるというものではありません。
以下のような部分については、投資家が判断する必要があります。
・どういった売買ロジックを使うのか。
・売買ロジックをどう組み合わせるか。
・どのような資金管理で運用するのか。
・始まりと終わりのタイミングはどこか。
この判断によって資産運用の勝敗が分かれます。
トレードの実行は自動ですが、その戦略や方針は投資家の手に握られています。

そもそもシストレには数多くの種類があります。


何を選ぶのかはトレーダー次第です。

裁量トレードとの違い

シストレを使った自動売買と裁量トレードの違いは以下のようになっています。
・拘束時間
自動売買はチャートの動きに縛られないので、時間的な自由が大きいのは自動売買でしょう。
方針を決めておいて、後は機械に任せてトレードを実行します。
・最初に必要な資金
少額投資ができるFXでは、様々にある資産運用のなかでも特に初期費用が少ない方法です。
1000通貨の取引なら、数万円単位でトレードが可能です。
ただし、これは裁量トレードの場合で、自動売買は種類にもよりますが、総じて裁量トレードよりも初期費用が多めに必要になります。
・トレードの再現
自動売買はあらかじめ決めた戦略を自動的に再現させる運用ですので、同じ売買ロジックを使って同じ資金を投入していれば原則的に同じ結果が出ます。
その戦略に誤りがあったり、想定外の事態になったりしたときのリスクの可能性が常にあります。
・緊急事態への対応
自動売買は一定のリズムで相場が動いているときに強いという傾向があります。
標準的な変動幅であって、規則的な値動きに最適化されるので、1年に1回あるかどうかといった例外的な値動きには対応しきれません。
たとえば2020年に世界を巻き込んだ新型コロナウィルスによって急激な価格変動がありました。

これにはシストレでは対応できません。


それに対して裁量トレードは、その場で直近の値動きに対応するので、例外的な相場に対しても適切な行動を取ることができます。

③シストレ導入での注意点

1.詐欺まがいのシステムがある

ネット上には「FXの自動売買だけで爆発的な利益が出た」という勧誘を見かけることがあります。
こういった発信の多くが、質の低いシストレに初心者ユーザーを誘導して利益を得るスキームであることが多くあります。
シストレを使ったり、トレードをしたりしてくれれば結果はどうでもよいというケースが多く、過激な文句で耳目を集めようとします。
こういった詐欺まがいの話に飛びついたりしないように注意しましょう。

2.無料か有料か?

ほとんどのシストレは有料です。
プログラムを使うときにスプレッドとは別に手数料がかかったり、スプレッド自体が裁量トレードよりも広くなったりするケースがあります。
FX会社が提供しているシストレはほぼこのタイプです。
MT4というシステムは、EAと呼ばれる自動売買のプログラムを有料で購入することが普通です。
ただし、売買ごとにコストが発生することはありません。
多少のコストは問題ではなく、むしろリターンだけを狙っているなら、自動売買をしても良いでしょう。

④シストレには4種類ある

1.証券会社のサーバで稼働

シストレで有名なものの多くは、投資家のパソコンを動かしていなくても自動売買するものです。FX会社固有の自動売買はほぼこのタイプです。
・トラリピ
・ループイフダン
・iサイクル2取引
・みんなのリピート
・ちょいトレFX
上記は証券会社のサーバーで稼働するリピート系の自動売買システムです。

2.投資家のパソコンで稼働

投資家自身のパソコンで稼働されるタイプの代表がMT4の自動売買です。
インターネットに接続されているパソコンが常時稼働していないと売買できません
。そのため、VPSと呼ばれるインターネット上の仮想デスクトップを使う方法もあります。

3.取引ルール公開

シストレ選びで問題になるのが、取引ルールが公開されているか非公開かという選択です。
自動売買がどのようなルールでトレードしてどういった資金管理で運用するかを投資家がすべて把握しているかどうかという問題です。
リピート系と呼ばれているタイプはおおよそ取引ルールは公開されています。

4.取引ルール非公開

MT4のEAのほとんどは取引ルールが公開されていません。
売買ロジックそのものが商品であって企業秘密です。
そのため、バックテストや実運用で得られる取引データから推測するしかありません。

リピート系シストレの特徴

シストレというと、ほとんどはリピート系の自動売買システムでしょう。
今までのFXのトレードで利益が出ている手法で自動的にトレードするというものです。
リピート系のシストレの基本的な発想は、値動きの上限と下限を想定することによって利益の蓄積を狙うというものです。
たとえば、「買い」の場合、広い範囲に「新規で買う」からの「上昇したら利益確定」という注文を仕掛けます。
それぞれの注文は、利益確定が完了したら再び同じ価格に再セットされるので、注文が仕掛けられいる価格帯の中の値動きが続けば続くほど、利益確定が何度のリピートされます。
そのため、「レンジ相場」と呼ばれる相場に向いています。
レンジ相場は、一定の変動幅のなかで価格が上がったり下がったりを何度も繰り返す状態のことで、相場を大きく動かすようなニュースや事件が起きない限り安定的に一定の範囲内に収まります。
リピート系のシストレでは、想定範囲内から価格が飛び出さない限り、最大リスクも想定内に収まるので、これをベースとして必要な資金が決まっていきます。
想定範囲内から価格が飛び出さなければその分利益も蓄積されますが、そのためにはできる限り長く運用を続ける必要があり、そのためには強制ロスカットにならないことが最重要です。
強制ロスカットにならないために、十分な資金を用意しなければなりません。

おすめのリピート系シストレ

トラリピ

リピート系シストレの元祖的な存在で、知名度も高いのがトラリピです。これ以降に登場したリピート系シストレは、すべてこのシステムを元にして開発されています。
リピート系として必要な機能がほぼすべて揃っていて、初心者でも使いやすいシストレです。投資家が介入できる自由度が高く、検討しながら売買を実行できるプラットフォームが提供されています。
学習系のコンテンツやニュースも豊富で、資産運用をしながらFXの知識を身につけるという人におすすめのシストレです。

トライオートFX

自由にリピート系自動売買を構築できるシステムとして高く評価されているのがトライオートFXです。
最も特徴的なのは、過去のデータを使ったシミュレーション機能です。最初からプリセットとして用意されている設定もあれば、自分でオリジナルに設定を加えることもでき、実際にどれくらいの利益が出たか、どのくらい資産が減少し、さらに資金は実際にはどのくらい必要だったのかを確認することができます。
こういったシミュレーション機能は複数の自動売買システムを組み合わせた場合にも有効ですので、安定して利益が出ていて、なおかる資産目減りが少ない有効な組み合わせを見つけることもできます。

ループイフダン

自由度は高くありませんが、プリセットされている設定の選択肢が多く、初心者向けとも言えるのがループイフダンです。
あらかじめ決められた売買システムから選んで、すぐに始めることができます。
取引したい通貨ペア、「買い」または「売り」の方向性、取引ロット、利益確定と新規建の値幅を元から用意されているなかから選ぶだけというシンプルな設計のシステムです。

iサイクル2取引

外為オンラインが提供している「iサイクル2取引」は、実際の運用でサポートが受けられるシストレとして人気があります。
「iサイクル注文」では、自分の資金や好みに応じて簡単な設定をするだけで取引を開始できます。
基本的にはレンジ相場に応じて動作しますが、相場がレンジを外れて上昇・下落しても相場に追従しながら自動で取引を続けるという特徴も併せ持っています。
裁量トレードよりも取引の回数が多いので、利益を上げられる相場では設定通りに逃さず取引しれくます。

トラッキングトレード

FXブロードネットは、少額取引にも対応しているFX会社です。
提供されているシストレの「トラッキングトレード」は、低コストで運用したいと考えている初心者にもおすすめできる有能なシステムです。
最もその人に合ったトレードプランを算出し、「FXといっても何からどうやったらいいのか分からない」という人でも簡単にトレードに参加できます。

プログラム系シストレのおすすめ

プログラム系の特徴

プログラム系の自動売買システムのほとんどは、どういうタイミングでポジションを持って、どういう条件でポジションをクローズしたのかが非公開になっています。
そのため、利益が出ているときも出ていないときも、その要因がはっきりとは分かりません。
そのため、見えない部分はデータで補って売買の戦略を立てるスキルが求められます。
また、リピート系よりも選択肢が圧倒的に多いという特徴もあります。

どういうロジックで運用するか自分で判断する能力も問われます。


プログラム系シストレの土台となっているのは以下のようなデータです。
・勝率
すべてのトレードのうちプラスで終わるトレードの割合が勝率です。
もちろん高いほうがトレード回数が多く有利です。
ただし、わずか0.1pipsでも勝っていればプラスにカウントされるので、損益比率と合わせて見ることが重要です。
・損益比率
勝つ場合の利益と、負ける場合の損失を比率で表したものです。
平均利益÷平均損失で求められ、価値平均が100pips、負け平均が100pipsなら1、勝ち平均200pips、負け平均が100pipsなら2となります。
この数字が大きいほど勝ったトレード1回あたりの利益が大きいことになります。
・プロフィットファクター
総利益÷総損失で求めます。
1より大きければトータルで利益が出ており、小さければトータルで損失になっています。
この数字が1以上であることが、そのシステムを運用するための最低条件です。

おすすめのプログラム系シストレ

みんなのシストレ

プログラム系の自動売買システムというと、みんなのFXが提供している「みんなのシストレ」が有名です。
選択するだけで自動売買できる使いやすいプラットフォームが提供されています。
プログラム系の自動売買として売買ロジックに従って取引するプログラムの他に、特定のトレーダーの取引を自動売買にした「個人」も選択できます。
こういった「個人」をセレクターと呼んで、収益をランキング化しており、結果を出している運用者のプログラム選びや資金配分などの自分の自動売買に取り込むこともできます。
また、売買の方針が明らかにされたリピート系のプログラムも用意されており、こちらを選択するだけで売買が可能になります。
総合的なFXツールとして活用できるシステムです。

MT4を使ったEA

FXで良く知られたプラットフォームに「MT4」というものがあります。
ロシア製の総合的なFXプラットフォームで、自動売買に優れるという特徴があります。

EAと呼ばれるプログラムを入手して稼働させることで自動売買が可能です。


MT4では、EAはほとんどの場合、有料で販売されています。
ただし、世界のトップトレーダーが競ってEAの開発をしているため、選択肢は非常に幅広くあります。
EAは中身が商品そのものであるため、どういったロジックで取引されるかについては、使う側が知ることができません。
そのため、「バックテスト」と呼ばれるテストをしておく必要があります。
バックテストでは、過去の相場に対してEAを動かした場合の結果を見て、それをどう分析して運用計画を立てるかユーザー自身が判定していきます。
EAの運用では投資家自身のパソコンにインストールしたMT4を常に稼働していなければなりません。
そのため、本格的に導入して使おうとするなら、VPSと呼ばれるネット上の仮想デスクトップで動かす必要性が生じます。
その費用が毎月数千円程度発生します。

とはいえ、EAの運用にかかるコストはFX会社のスプレッドだけで、証券会社のプラットフォーム利用のときに発生するような追加の手数料はありません。


そのため、大口の運用なら、EAの購入代金やVPSの利用代金を考慮しても、EA運用のコストのほうが安くなって利益を出しやすいケースがほとんどです。

まとめ

投資を始める人は、つい「明確な回答」「確実に儲かる方法」を追い求めてしまいがちですが、FXだけでなくすべての投資に「これは確実に他より優れた方法」という答えはありません。
重要なのは運用する人との相性です。自
分が投入できる資金や時間、目標とする利益などを総合的に判断することで、無理なく継続できる方法を選ぶことが重要です。シストレも絶対ではありません。自分で色々試したうえで選びましょう。