MENU

デイトレをするのにおすすめのFX会社

FX取引は、その性質上「デイトレードに向いた投資方法」です。
初心者にとっては「難しそう」「ずっとパソコンにつきっきりになるのか」などと思って、なかなか踏み出せないことも多いですが、実は初心者にもおすすめのトレード手法で、投資の基本的な姿勢を学ぶにもうってつけです。

FXのデイトレとは

FXデイトレードの特徴

デイトレードとは、「トレードしているその日のうちに注文から決済まですべて終わらせる」というトレード方法です。

1日ごとに得られる利益を確実に獲得するやり方で、多くのFXトレーダーが活用しています。


FXは基本的に「外国通貨の両替」です。
1日のうちに為替相場は細かく動きます。

その動きに乗って利益を出していくのはFXに向いたトレードスタイルです。

1時間から数時間の超短期で、30~100pips程度(1万通貨で3000円から1万円程度)の利益を出すのが目安です。


1日数回にわたってトレードを行うため、FXでの事実上の手数料であるスプレッドの狭さが重要になります。
FX相場は毎日状況が変動していきますので、1日の取引でいったんポジションを閉じておくことで、前日までのトレードを引きずるということがありません。
1日のFX相場はオセアニア市場から始まって、東京市場、ロンドン市場と続いてNY市場で1日が終わります。
デイトレードといっても24時間パソコンに張り付いてポジションを保有するという意味ではなく、NY市場が終わる前に決済をするというやり方が一般的です。

デイトレとはスキャルピングのこと?

デイトレードはおよそ数分から半日にわたってポジションを保有する方法です。

1日に数回の取引を行って、通貨ペアのトレンドを意識して売買するトレード手法です。


デイトレードというと、どうしても「数台ものモニターを前にして忙しくキーボードを叩く」などという映画的なイメージを持たれがちですが、それほど急ピッチでトレードする必要はありません。
良く勘違いされるところですが、デイトレードとスキャルピングは違います。
スキャルピングはデイトレードと同じく短期取引の手法ですが、1日に数十回とトレードを重ねて利益を得る方法です。

細かな相場の動きに合わせて売り・買いを重ねて薄い利益を多数獲得するというのがスキャルピングのスタイルです。


デイトレードはこのような忙しいものではありません。

取引回数は1日に数回で、エントリーポイントには注意が必要ですが、「常に相場を確認していないとできない」という種類のものではありません。


また、FXのトレードスタイルには「スイングトレード」というものもあります。
これはデイトレードとは異なり、ポジションの保有期間が数日から数週間と長めになります。
ここではテクニカル指標やチャートを重視した取引になります。

初心者にはむしろスイングトレードのほうが難しいでしょう。

デイトレが初心者にもおすすめな理由

FXのデイトレードが初心者に向いているのは、難易度が高くないという点が挙げられます。
スキャルピングはまさにモニターに張り付いて、薄い利益を確実に剥ぎ取っていくスタイルですが、これは東京市場やNY市場が開いている時間帯に仕事をしている人には無理なやり方です。
また、スイングトレードはチャート分析やテクニカル分析についてかなり勉強していないと難しいという面があります。
この点、デイトレードはチャートに向き合っている時間も短く済むので、拘束時間が短くなります。
・各トレードスタイルの違い

スキャルピング

デイトレード

スイングトレード

決済までの時間

数秒~数分

数分~数時間

数日~数週間

資金効率

高い

高い

低い

難易度

高い

低い

高い

損失のリスク

低い

低い

高い

拘束時間

長い

短い

短い

何時間もチャートに張り付いて売買を繰り返すスキャルピングや、数日や数週間後の相場を予想するスイングトレードに比較すると、デイトレードは難易度が低くリスクも少ないトレード方法で、初心者向きと言えるでしょう。

FXに関する勘違いを正す

FXについて大きな勘違いをしている人も多くいます。
FXのデイトレードは事前に新規注文と決済注文を入れて、トレードそのものは自動的に行われるものです。
そのため、パソコンの画面に張り付く必要はありません。

FXは忙しいもの、時間を取られるものというイメージがあって、もうひとつやる気にならないというのは無駄なことです。


確かに1日で決済まで終わってしまうので、トレードごとに得られる利益は決して大きくありませんが、仕事が終わって自宅に帰ってからの時間でもFXトレードすることもできます。
日中は本業にいそんしんでいる人でも、帰宅後の1時間から2時間を使って取引することができます。
そのため、時間に余裕を持って分析や注文ができます。
デイトレードの取引は1日に数回しかありません。

自分の分析が確かなのかすぐに分かるというメリットがあります。自分なりのタイミングでエントリーできて、その結果がすぐに分かるので学びが毎日蓄積されます。


計画的に事前注文するので、想定外に大きな損失が出にくいのもデイトレードのメリットです。
ネットの大げさな表現で「FXはギャンブル」「FXは危険」と思われがちですが、デイトレードはそもそも1日で決済してしまうので次の日に持ち越すことがありません。
ポジションを持ち越したときには、「翌朝見たら大暴落していた」「ロスカットになっていた」ということもあり得ますが、デイトレードはその日のうちに決済してしまうので、そういった悲惨な事態に陥るリスクが低くなります。

FXデイトレのメリット

1.スキマの時間でできる
FXデイトレードのメリットは1日のなかで空いた時間帯で効率よく利益を狙える点です。
FXに対する悪いイメージで、「複数のモニターを見ながらパソコンに張り付く」というものがありますが、FXデイトレードの場合には、事前に注文を入れておくケースが大半で、必ずしもパソコンに張り付く必要がありません。
サラリーマンなら、出社前に注文を入れておくことできて、帰宅後の数時間に集中してその日の振り返りをすることもできます。
2.マイナススワップのリスクが少ない
スワップポイントは「2国の間の通貨の金利差によって得られる利益」です。
超低金利の日本円を売却して、金利の高い国の通貨を保有すれば、金利差でスワップポイントという収益を獲得できます。
金利が逆転したら差分を支払う必要があります。
もし通貨を長期間にわたって保有したら知らない間にマイナススワップになる可能性があります。

その点、1日でトレードを終了するデイトレードなら、マイナススワップをあまり気にすることなくトレードに専念できます。

FXデイトレのデメリット

1.取引コスト
デイトレードで最も懸念されるのが、取引コストです。
通貨ペアを売るときに適用される売値と買うときに適用される買値との差額がどうしても発生します。

この「スプレッド」は、FX会社の実質的な手数料です。


デイトレードはスキマの時間でトレードできる方法ですが、取引回数が多くなって、その分コストがかかりやすいのがデメリットです。

そのため、コストを上げないためにも、スプレッドが狭いFX会社を選ぶ必要があります。


2.リスクはゼロではない
デイトレードは1日で取引を完了させるので、マイナススワップの影響を受けにくいというメリットがあります。
ただ、上昇トレンドに乗っていても実際には損失が出て含み損を抱えてしまう可能性もあります。
デイトレードは1日のなかの小さなチャンスを活かす方法であるため、高いレバレッジを掛けて取引することが多くなります。

レバレッジを高くすれば、その分リスクも高くなります。


繰り返し損失が出てしまうと、資金が減るスピードも早くなります。

デイトレードで利益を出すには最低限のチャート分析が必要です。

FXデイトレで利益を出したい

おすすめの通貨ペア

FXデイトレードでは、取引回数を重ねて小さな利幅を蓄積していく方法を採ります。

そのため、1回あたりのトレードでかかる手数料が少ない通貨ペアを選ぶことが必要になります。


1回あたりのトレードでかかる実質的な手数料はスプレッドと呼ばれる「通貨の売値と買値の差額」です。

一般的に取引量の多い通貨ほどスプレッドは狭い傾向があるので、デイトレードに向いています。


たとえば、以下の3通貨ペアは代表的なものです。
・米ドル/円
・ユーロ/円
・ユーロ/米ドル
要するに、世界で流通数の多い3大通貨のペアです。

日本円は日本人なら最も身近な通貨ですし、米ドルもユーロも普段のニュースで見かける通貨でしょう。そのため、馴染みもありますし、感覚的に理解できる部分も多くあります。


FXデイトレードをするなら、まずはこの3組の通貨ペアからスタートしてみましょう。
トレードに慣れてきたら、スプレッドの広さ以上に利益を狙える他の通貨ペアでデイトレードもできるようになります。

おすすめの時間帯

FXは基本的に、24時間いつでもトレードできます。

とはいっても、その中で有利な時間帯を狙ってトレードすることが重要です。


FXデイトレードでは、1日の数時間の値動きを見極めて、短期的な取引で利益を出すことを狙います。

そのため、値動きが活発な時間帯のほうが利益は出しやすいと言えます。


FXの中心になるのは、「米ドル」「ユーロ」「日本円」の3大通貨の取引です。
そのため、アメリカ・ユーロ・日本それぞれの経済に関する発表がある時間帯に通貨の値動きがあります。
日本の投資家は、誰もが日本時間の朝早くに動き始めて、午前中には取引を終了します。

その後、ユーロ、アメリカの経済が動き始めます。1日の経済は「開始時」が最も活発というのが一般的な傾向です。


こういった傾向を踏まえた上で、日本時間でのFXの値動きが活発になる時間帯を表示すると以下のようになります。
・午前8時~午前10時:日本の経済指標などが発表されて、日本の投資家が取引を開始するため、トレードが活発になる。
・午後4時~午後6時:ユーロ圏の経済が動き始める時間帯。ユーロ圏の経済指標が発表されると、主にロンドン市場のトレードが活発になる。
・午後9時~午後11時:アメリカの重要な経済指標が発表されると、ヨーロッパでもアメリカでもトレードが活発になる。
米ドル/円はちょうど、サラリーマンが自宅にいる時間帯に活発になります。

このときにデイトレで稼ぐという人は非常に多くいて、日本での情報交換も活発に行われています。

デイトレで基本の分析方法

1.テクニカル分析

デイトレードで利益を上げるにはローソク足やチャート、経済指標などの判断材料が必要になります。
テクニカル分析とは、過去から現在までの値動きや取引量の分析をすることです。

今までの傾向から、今後の値動きを予想する方法です。テクニカル分析の分類には「トレンド」「オシレーター」「競合」などがあります。FX初心者がぜひ覚えておきたいのは「トレンド」です。


為替相場では値動きが細かい上下動を繰り返し、その後一定の方向に進むという傾向があります。

この動きをとらえて、値動き通りに投資するための分析方法がトレンドです。


5日移動平均線や25日移動平均線、有名なローソク足など、多彩なグラフがFX会社から提供されます。

それらを使って自分の投資スタイルに適した手法を探しましょう。

2.ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、為替相場の方向性をつかむために、取引している通貨ペアの金利水準や各国の景気の動向、経済指標、要人の発言などがどのように市場に影響を与えるのか分析する方法です。
テクニカル分析が「細かな数字の動き」とすると、ファンダメンタルズ分析は「大きな動き」と言えるでしょう。
取引回数が多いデイトレードでは日常的に、経済の動向や関連ニュースをチェックする必要があります。

FX会社では経済指標のカレンダーやファンダメンタルズ分析に関するニュースを配信しているので、そういった情報を活用することもできます。

口座選びのポイント

1.スプレッドが狭いこと

デイトレードは短時間のトレードです。

そのため、通常は利幅は薄くなりがちな傾向があります。そのため、取引でのコストとなるスプレッドは狭いほど得られる利益は大きくなります。


スプレッドとは通貨ペアのAsk(買値)とBid(売値)の差額で、FX会社にとっては事実上の利益です。
米ドル/円のAskが103.003円でBidが103.000円ならスプレッドは0.3銭となります。

デイトレードのためのFX会社を選ぶときには、自分がトレードしたい通貨ペアのスプレッドを比較して、より狭いスプレッドの口座を選びましょう。

2.約定率が高いこと

短期間でトレードを完結するデイトレードにあたっては、希望する通りのレートで約定できることが重要になります。
予定した通りに約定できないと損切りの場合には大きな含み損を抱えることになりますし、ロスカットが発動してしまうこともあります。

利益確定の際に約定できないと、予定していた利益が得られないこともあります。


注文が混み合う時間帯に、注文時の希望レートと実際の約定レートがずれてしまう「スリッページ」が発生しにくいFX会社を選ぶことも重要です。

3.高いチャート分析機能があること

デイトレードは短期間で決済する手法ですので、経済動向や経済指標などを分析するファンダメンタルズ分析よりも、チャート分析を主体としたテクニカル分析の重要性が高くなります。
自分が使いやすいチャートや描画を選択して、より精度が高い分析ができるように、チャート分析機能が充実したFX会社を選ぶことも重要になります。

FXデイトレでおすすめの口座

主要通貨ペアのスプレッドで比較

国内で取引できるFX会社から、原則固定のスプレッドを提供し、裁量取引が主体の会社を選んで、主要通貨ペアのスプレッドを比較すると以下のようになります。
・主要通貨ペアの基準スプレッド(2021年1月)

FX会社

米ドル/円

ユーロ/円

英ポンド/円

ユーロ/米ドル

DMM FX

0.2銭

0.5銭

1.0銭

0.4pips

GMOクリック証券

0.2銭

0.5銭

0.4pips

SBI FX
(1~1000通貨)

0~0.09銭

0.28銭~0.30銭

0.50銭~0.69銭

0.19pips

SBI FX
(1001通貨以上)

0.1銭~7.80銭

0.28銭~15.80銭

0.50銭~18.80銭

0.38pips~12.80pips

YJFX!

0.2銭

0.5銭

1.0銭

0.4pips

外為どっとコム

0.2銭

0.5銭

1.0銭

0.4pips

LIGHT FX

0.2銭

0.4銭

0.9銭

0.3pips

LION FX

0.2銭

0.4銭

1.0銭

0.3pips

JFX

0.2銭

0.4銭

1.0銭

0.3pips

みんなのFX

0.2銭

0.4銭

0.8銭

0.3pips

約定力とスリッページで比較

さらに、上記の9社について、約定力とスリッページ許容幅設定について確認しておきましょう。

FX会社

約定率

スリッページ

DMM FX

非公表

許容幅設定あり

GMOクリック証券

非公表

許容幅設定あり

SBI FX

非公表

【米ドル円のスリッページ】
0.01銭~1.0銭:30%
0銭:38%
-0.01銭~-1.0銭:30%

YJFX!

非公表

許容幅設定なし

外為どっとコム

約定スピード:平均0.021秒

許容幅設定なし

LIGHT FX

99.9%

許容幅設定あり

LION FX

約定スピード:平均0.03秒

許容幅設定あり

JFX

約定スピード:平均0.03秒

許容幅設定あり

みんなのFX

約定率99.9%

許容幅設定あり

チャート分析機能で比較

FX会社

テクニカル指標

描画機能

DMM FX

・トレンド系:15種類
・オシレーター系:14種類
・足種:12種類

10種類

GMOクリック証券

・トレンド系:18種類
・オシレーター系:20種類
・足種:18種類

25種類

SBI FX

・テクニカルチャート:29種類
・足種:13種類

21種類

YJFX!

・トレンド系:16種類
・オシレーター系:20種類

11種類

外為どっとコム

・テクニカル指標:17種類
・足種:6種類

13種類

LIGHT FX

・トレンド系:10種類
・オシレーター系:10種類
・足種:12種類

15種類

LION FX

・トレンド系:15種類
・オシレーター系:14種類
・足種:14種類

10種類

JFX

・テクニカル指標:36種類
・足種:13種類

5種類

みんなのFX

・トレンド系:10種類
・オシレーター系:10種類
・足種:12種類

15種類

DMM FX

DMM FXは有名タレントをイメージキャラクターとして起用するなど、知名度は非常に高いFX会社です。

口座開設数は2020年時点で国内最多となっています。スプレッドの狭さとツールの使いやすさに裏付けされた口座数と言っていいでしょう。


スプレッドの狭さ、ツールの使いやすさとともに、スマホと相性が良いという点もおすすめポイントです。デイトレードのために必要なものはすべて揃っていると言っていいでしょう。
なかでも取引ツールのDMM FX PLUSとスマホアプリは、シンプルで直感的な操作性は初心者でも使いこなすことができるとして定評があります。

チャートもシンプルで分かりやすく、テクニカル指標の種類も多いため、初心者から中級・上級者まで幅広く使えます。


唯一のデメリットは、取引単位が1万通貨で1000通貨などの少額取引ができない点です。

少額取引ができない代わりに、デモ取引では定期的に参加者による賞金・賞品付きのキャンペーンを開催しています。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は自社開発のシステムやツール、アプリが高機能である点が強みです。

FX取引では最重要であるインターネット取引のシステムが非常に堅牢で、高い処理能力があり、約定力に安定性があります。


取引ツールの「はっちゅう君FXぷらす」やチャート分析ツールの「プラチナチャート」は高機能で使いやすく、上級者にも満足できるスペックです。
短時間でトレードを完結するデイトレードでは、システムやツールの使い勝手や約定力はトレードの成否を決めるものです。

その点では、GMOクリック証券は他社にはないアドバンテージがあると言えます。


GMOクリック証券もDMM FXと同様に少額取引ができません。

そのため、資金不足や経験値が足りない初心者にはいきなりGMOクリック証券で取引するのは難しいかもしれません。


まずはデモトレードでトレーニングしてからトライすると良いでしょう。また、ロスカット手数料や強制決済手数料が発生するのもデメリットです。

SBI FXトレード

SBI FXトレードは業界最小取引単位である「1通貨」からトレードできるのがメリットでしょう。

スプレッドも業界で最も狭い部類です。初心者がデイトレードを始めるには最適かもしれません。


ただし、他のFX会社には「デモトレード」がありますが、SBI FXトレードにはデモ取引サービスです。

確かに最小単位から始められますが、初心者でもいきなり本番から始めることになります。


人によっては「デモはあくまで練習に過ぎない。

自分のお金を使ってこそ勉強になる」と考えるでしょう。そういった人には、1通貨から本番のトレードができるSBI FXトレードはおすすめできます。


SBI FXトレードのデメリットは、「証拠金不足によりアラート通知がない」という点です。

新規でポジションを建てたら、短時間取引であっても決済するまでの証拠金の管理が必要になります。

まとめ

FX初心者にとって、デイトレは「リスクを抑えながら取引の経験を積む」という学びがあります。
利幅は少ないですが、その代わりローリスクで、相場の急変に対しも強いというメリットがあります。
落ち着いてチャート分析する時間を取ることもできるので、勉強しながらFXトレードをしたいという人に向いています。