MENU

初心者におすすめのFX会社とは?比較のポイントを紹介

「FX取引に興味はあるけど、ネットでは怖いものと噂になっていて不安だ」という人は非常に数多くいるでしょう。
実際にはFXは怖いものではありませんが、リスクが高い投資方法であることは確かですので、初心者はまず少額で始めてみましょう。
投資には様々な種類があり、向き不向きに個人差があります。初心者が少額で始めることができるFX会社は数多くあり、そこから勉強して中級・上級の投資家を目指しましょう。

少額から始めるFX会社の選び方

初心者は少額投資がおすすめの理由

1.実戦経験を積む

FXはツールの操作やタイミングのつかみ方など、学ぶべきことが多い投資方法です。
FX会社では実際の操作の感覚や取引をテストするためのデモ口座を提供しています。
まずはデモ口座で慣れておき、実際の取引に乗り出すというのが通常のやり方です。
相場の感覚は「本番」でないと身につきません。そのためには、少額からの取引が向いています。

2.リスク分散

同じ単位で取引していても、少ない投資額で済むほうがリスクの分散につながります。
たとえば、同じ1万通貨でも、最低取引単位が1万通貨なら一部だけを決済するという方法は使えません。
もし1000通貨が最低取引単位なら10ロットになるので、「相場が荒れたときに半分だけ決済する」などの選択肢を採れます。

3.損失拡大リスクの軽減

初心者のうちはFXで利益を出すのは困難で、証拠金を使い果たすことも多くあります。
取引の経験値を蓄積する前に資金が尽きてしまっては後が続きません。
そのため、まずは少額から投資できるFX会社に口座開設しましょう。

少額FXのメリット

1.損失額が限定的

FXは「レバレッジ取引」が基本です。
個人でも投資資金を最大25倍にして大きな取引をすることが可能です。

予想通りなら大きな利益ですが、予想が外れると大きな損失が発生します。


FX取引では損失の発生を前提として、どれだけ損失を抑えるかを考えることが重要です。ト
レードに不慣れな初心者なら、なおさらマインドセットは重要です。
そのため、まずは1000通貨・100通貨・1通貨など取引単位が小さい少額取引から始めるほうがリスク対策になります。

2.資金が少なくて済む

FX初心者の場合には、投資に使える資金が充分でないケースが多いでしょう。
少額取引なら、証拠金も少なくて済みます。
投資に回すための資金は「生活の余裕資金」であることが大原則です。そのため、少額取引は資産の少ない初心者にとってもチャレンジを後押しします。

3.低めのレバレッジでやりやすい

FX初心者の場合には、損失のリスクが大きくなる高レバレッジを避けて低レバレッジのトレードで経験を積むほうが心理的な負担も軽くなります。
低レバレッジのトレードで証拠金を高額にするというリスキーな方法ではなく、最初は取引金そのものが低い少額取引にしておくと、チャレンジしやすくなります。

レバレッジのメリットとデメリット

1.メリット

FXの長所は「レバレッジを利かせたトレードが可能」という点でしょう。
レバレッジがあるからこそ、手持ちの現金が少額でも始められるのがFXです。
国内FX会社で個人口座の場合、レバレッジは最大で25倍まで認められています。

そのため、たとえば米ドル/円を100円で1万通貨取引しても必要証拠金は25分の1、つまり約4万円となります。


レバレッジを利用しなければ1万通貨のトレードでは100万円が必要となります。レバレッジを利かせた取引のほうが資金効率としては良いことになります。

2.デメリット

レバレッジを使ったトレードで損失を被ると、レバレッジなしのトレードよりも資金に対する損失の割合は大きくなります。
1米ドル=100円で1万通貨の買いポジションを保有して1米ドルが1円下がって99円になったら、25倍のレバレッジを利かせた場合には約4万円の投資で1万円のマイナスとなります。
証拠金の25%が失われたことになります。

一方、レバレッジなしなら100万円が99万になるので損失は1%で済みます。

おすすめのFX会社

FX会社選びの4つのポイント

1.スプレッド

スプレッドはFXにおいて最も重要なコストです。
米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円などの人気通貨ペアのスプレッドは、FX会社ごとに必ず確認しておきましょう。
人気通貨のペアは流通量が多いので初心者でも取引しやすく、とっつきやすいでしょう。
中級・上級になって取引する通貨ペアが増えてもトーレドする機会は多くあります。

人気通貨ペアのスプレッドの狭さは低コスト投資には欠かせないポイントです。

2.スワップポイント

スワップポイントで狙うのは中長期にわたるホジション保有です。
そのため、短時間の投資判断に慣れていない初心者に適した投資方法です。
少額取引から始める目的でFX会社を選ぶ際には、スワップポイントの高い会社を選びましょう。

3.手数料

スプレッド以外に発生する可能性のある手数料が入出金手数料、ロスカット手数料、取引手数料などです。
少額の取引では利益が出ても少額です。
できる限り手数料を減らして利益を最大化するためには、スプレッド以外の手数料が少ない、あるいは不要なFX会社を選びましょう。

4.ロスカット水準

FX初心者にとって最も判断が難しいのは「損切りのタイミング」です。
相場が大暴落してかなりの損失出てしまうことは初心者ほど避けるべき事態です。
このようなときにFX初心者に味方になるのがロスカットルールです。
初心者には早い段階でロスカットが執行されるロスカット水準が高い口座がおすすめです。

1~100通貨から取引できるFX会社

近年は通常の10分の1である「1000通貨」で取引できるFX会社も増えています。
さらに、「1通貨」「100通貨」で取引できるところもあり、少額からのFXトレードが可能になっています。
たとえば、1米ドル=100円なら、レバレッジを最大25倍とすると、最低でも4万円の証拠金が必要ですが、1000通貨なら4000円、1通貨なら4円から取引できます。
・1~100通貨から取引できるFX会社

会社名

最小取引通貨単位

特徴

SBI FXトレード

1通貨

1000通貨までスプレッドも狭い

SBIネオモバイル証券

1通貨

Tポイントで投資できる

OANDA Japan

1通貨

通貨ペア数が多い

マネーパートナーズ

100通貨

nano口座から選択で100通貨から

SBI FXトレードは1000通貨までの取引では他のFX会社に比較してもスプレッドが狭いので、少額からFXを始めたい人に向いています。
SBIネオモバイル証券は、現金を使わずにTポイントで取引することができます。
OANDA Japanは「MT4というFX取引プラットフォームが利用できる」点が特徴ですが、MT4での最小取引単位は1000通貨以上ですので注意しましょう。

1000通貨から取引できるFX会社

近年の流行として、「最小通貨単位を1000通貨とする」というFX会社が増える傾向があります。
通貨ペア次第ですが、どのペアを選んでも「1万円以下」から始めることができ、初心者が始めるのに適しています。
最小通貨を全面に出して顧客獲得をするような会社ではなく、「人気FX会社」「定番のFX会社」のなかにも1000通貨で取引開始できるところは多くあります。
・1000通貨から取引できる代表的なFX会社

会社名

特徴

YJFX!

Yahoo! Japan IDとの連携でPayPayか現金がもらえる

LIGHT FX

高金利通貨のスワップポイントが特徴

ヒロセ通商

知名度の高いFX会社で、マイナーな通貨にも対応している

FXブロードネット

1000通貨から可能なのは「ライトコース」

LINE FX

LINEから相場変動の通知が来たらすぐにアプリから売買注文

少額取引から始めるFXおすすめ会社

1.SBI FXトレード

取扱のある通貨ペアならどれでも1通貨単位で取引できるFX会社として貴重な存在がSBI FXトレードです。
1通貨から1000通貨までの取引なら業界で最狭のスプレッドが提供されています。
1000通貨を超えても、スプレッドが開きにくい時間帯を選ぶと業界で最狭レベルのスプレッドが適用される見込みが高く、初心者におすすめの会社です。
少額取引のデメリットですが、1通貨単位で取引して利益が出てもスプレッド分を差し引くと、利益幅は非常に狭くなります。

そのため、スプレッドが狭いことは初心者にとって大きな武器となります。


初心者には「デモトレードでは好調なのに、リアルのトレードになると失敗する」という人が多くいます。
こういった人には真っ先におすすめしたいのがSBI FXトレードです。

自己資金が足りない人にも、少ない証拠金からFXを始められます。


・SBI FXトレードのスペック

取引通貨単位

1通貨

スプレッド(1~1000通貨)

・米ドル/円:0.00~0.09銭
・ユーロ/円:0.28~0.30銭
・ポンド/円:0.50~0.69銭

手数料

・取引手数料:無料
・口座開設・口座管理:無料
・クリック入金手数料:無料
・銀行振込手数料:自己負担
・出金手数料:無料
・ロスカット手数料:無料

リスク管理

・ロスカットアラートなし
・証拠金維持率50%を下回るとロスカット発動
・原則的に追証、強制決済はない

2.YJFX!

YJFX!は午前9時から翌午前3時までの固定スプレッドが原則として業界で最狭のレベルです。
スプレッドの狭さは1000通貨単位の少額取引では欠かせない要素ですので、YJFX!は少額取引から始めたい初心者にとっては有力は口座開設の候補でしょう。
非常に細かい部分のようですが、ニューヨーク市場がクローズして東京市場がオープンするまでの午前3時から午前9時の時間帯は1日のうちで、最も市場参加者が少ないのでスプレッドが開きやすい傾向があります。
YJFX!ではこの時間帯のスプレッドも開示しています。こうした姿勢はYJFX!のFX会社としての誠実さを感じさせます。
・YJFX!のスペック

取引通貨単位

1000通貨

スプレッド(午前9時~午前3時)

・米ドル/円:0.02銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭

スプレッド(午前3時~午前9時)

・米ドル/円:4.0銭
・ユーロ/円:6.0銭
・ポンド/円:10.0銭

手数料

・取引手数料:無料
・口座開設・口座管理:無料
・クリック入金手数料:無料(入金額2000円以上)
・銀行振込手数料:自己負担
・円貨出金手数料:無料
・外貨出金手数料:1回1500円
・ロスカット手数料:無料

リスク管理

・証拠金維持率100%でロスカットアラート
・ニューヨーククローズごとに追証チェック
・追証発生の24時までに解消されないと強制決済
・証拠金維持率50%を下回るとロスカット発動

3.外為どっとコム

取引単位のメリットよりも、外為どっとコムは業界屈指の投資情報が閲覧できるに注目したい会社です。
外為どっとコムが設立した外国為替の専門シンクタンクである「外為どっとコム総合研究所」ではFX初心者でも分かりやすいレポートを多数配信しています。
「外為情報ナビ」でも、利用価値の高い多彩な投資情報が配信されています。
ロスカットルールは柔軟性はありますが、投資の経験値の低い初心者には多少難易度が高いかもしれません。

この点は多少のデメリットと言っていいでしょう。


FXで資産形成したいと考えている人にとっては、FXを学びながら自分のレベルに合わせた戦略を身につけることができるので、「本格的にFXをやりたい」と希望している人には外為どっとコムはおすすめです。
・外為どっとコムのスペック

取引通貨単位

1000通貨

スプレッド(午後4時~午前3時)

・米ドル/円:0.1銭
・ユーロ/円:0.3銭
・ポンド/円:0.6銭

スプレッド(午前1時~午後4時)

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭
・ポンド/円:1.0銭

手数料

・取引手数料:無料
・口座開設・口座管理:無料
・クリック入金手数料:無料
・銀行振込手数料:自己負担
・出金手数料:無料
・ロスカット手数料:無料

リスク管理

・ロスカットのアラートメール送信あり
・毎営業日の営業終了前1時間で有効比率100%を下回ると強制決済
・設定したロスカットレベルを下回るとロスカット発動

4.FXプライムbyGMO

FXでは、「指定したレートよりも不利なレートで約定してしまう」スリッページが発生すると、予定していた利益が目減りしてしまいます。
1000通貨などの少額取引では、利益幅が小さくなってしまうスリッページはぜひとも避けたい事態です。
この点、FXプライムbyGMOならスリッページが少ないので少額取引が主体となる初心者にとって安心して使えるFX会社です。
FXプライムbyGMOはシステムが強いことで知られており、ユーザーからも約定拒否がほとんどなく、大きなズレが発生することが少ないと評価されています。
ただし、手数料が多少かかりすぎる傾向があるのがデメリットで、スプレッド以外のコストの発生リスクが高いと言われており、低コスト重視の人には不向きかもしれません。
とはいえ、強いシステムを活かした「スキャルピング」を狙いたい人には向いている会社と言えます。
・FXプライムbyGMOのスペック

取引通貨単位

1000通貨

スプレッド(午前8時~翌午前4時)

・米ドル/円:0.3銭
・ユーロ/円:0.6銭
・ポンド/円:1.1銭

スプレッド(午前4時~午前8時)

・米ドル/円:6.0銭
・ユーロ/円:10.0銭
・ポンド/円:12.0銭

手数料

・取引手数料:無料
・口座開設・口座管理:無料
・クリック入金手数料:無料(入金額2000円以上)
・銀行振込手数料:自己負担
・出金手数料:無料
・ロスカット手数料:1通貨あたり片道5銭

リスク管理

・営業日のNYクローズ時点の維持率が100%を下回ると強制決済
・証拠金維持率80%を下回るとロスカット発動

5.LIGHT FX

初心者向けに特化しているとも言えるのがLIGHT FXです。
FXサービスのみを提供している会社で、スプレッドが狭くスワップポイントが高いという大きなメリットがあります。
少額取引ではコストを最小に抑えたいところですが、LIGHT FXは業界でも最も狭いレベルのスプレッドですので、利益確保には向いています。
ただし、経験を積んで中級・上級のレベルになると、投資情報やチャート機能の性能などに物足りない部分を感じることはあり得ます。
FXの知識が少ない人にとっては、サービスやツールがシンプルで使いやすく、低コスト・高スワップを徹底したLIGHT FXはおすすめできるFX会社です。
・LIGHT FXのスペック

取引通貨単位

1通貨

スプレッド

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.4銭
・ポンド/円:0.9銭

手数料

・取引手数料:無料
・口座開設・口座管理:無料
・ダイレクト入金手数料:無料
・銀行振込手数料:自己負担
・出金手数料:無料(出金は2000円以上)
・ロスカット手数料:無料

リスク管理

・ロスカット、証拠金不足、アラート通知あり
・証拠金維持率100%を下回るとロスカット発動

定番のFXおすすめ会社

DMM FX

DMM FXは、人気のタレントを起用したCMで抜群の知名度を持っているFX会社です。
知名度だけでなく、手数料が安い、取引開始までが早いといった点も人気を押し上げる要因となっています。
DMM FXの大きな特徴はスマートフォンを使って本人確認すると最短1時間で取引を開始できるスピードにあります。
口座開設の申し込みから取引開始までの早さは、「今すぐ取引を始めたい」という人にとっては大きな長所でしょう。
また、口座開設数が非常に多いというのも信頼性の証と言っていいでしょう。
口座数は人気のバロメーターです。DMM FXは日本で最も人気のあるFX会社のひとつです。
出金手数料やクイック入金手数料、ロスカット手数料などがすべて無料で、なかなか利益が出にくい初心者にとってはありがたいサービスです。
使いやすい取引ツール、スマホアプリも充実しており、高機能なチャートなどを用意しており、さらに24時間の電話サポートが得られる点も大きいでしょう。
・DMM FXの基本的なスペック

取引単位

1万通貨

取引手数料

無料

スプレッド(一例として)

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭

スワップポイント

・米ドル/円:7円
・メキシコペソ/円:80円

通貨ペア数

21通貨ペア

GMOクリック証券

GMOクリック証券の「FXネオ」はFXトレーダーに人気の口座で、FX取引高は常にトップランクに位置しています。
GMOクリック証券はGMOグループの証券会社で、強い経営基盤と堅牢なシステム、使いやすい高機能な取引ツールが魅力の会社です。
特に信頼性の高いツールには定評があります。
GMOグループは「インターネットのスペシャリスト集団」という異名もあるほど高い技術力を有しており、高速なシステムやツールをすべて自社で開発しています。
取引コストも安く、高水準のスワップポイントには提供があります。

サービス内容も充実しており、初心者にも人気の高いFX口座です。


・GMOクリック証券「FXネオ」のスペック

取引単位

1万通貨

取引手数料

無料

スプレッド(一例として)

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.5銭

スワップポイント

・米ドル/円:5円
・メキシコペソ/円:40円

通貨ペア数

20通貨ペア

ヒロセ通商

ヒロセ通商の大きな特徴は「スキャルピングを公認している」という点にあります。
「スキャルピング」はFXで用いられる手法のひとつで、数十秒から数分というスピードでポジションを長く保有せずにリスクを軽減しながら利益を得ていくものです。
1回あたりの利益は少ないですが、繰り返すことによって利益を積み上げていくことができます。
瞬時に利益を確保できるスタイルは、相場の大きな変動やトレンドの発生などの影響をほとんど受けることがないので、近年では「FXはスキャルピングしかやらない」という人も増えています。
ただ、スキャルピングはシステムに負荷がかかりやすいため、FX会社の多くが禁止しています。
ところが、ヒロセ通商の「LION FX」は非常に高速なシステムを導入しており、スキャルピングを推奨さえしています。約定スピードは世界最速とも言われています。
・ヒロセ通商「LION FX」のスペック

取引単位

1000通貨

取引手数料

無料

スプレッド(一例として)

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.4銭

スワップポイント

・米ドル/円:2円
・メキシコペソ/円:46円

通貨ペア数

50通貨ペア

みんなのFX

「みんなのFX」は、トレイダーズ証券が運営するFXサービスです。
スプレッドが狭く、様々な手数料が無料で取引しやすい会社で、初心者向け口座としておすすめできます。ホームページでも「スプレッド業界最狭水準宣言」「1000通貨取引」「手数料無料」「スマホでもPCでも使いやすいツール」など、初心者にアピールするキャッチコピーが目に付きます。
徹底的な低コスト運用ができる点が魅力で、投資額が少額になりがちな初心者が利益をあげやすいFX会社です。
・みんなのFXのスペック

取引単位

1000通貨

取引手数料

無料

スプレッド(一例として)

・米ドル/円:0.2銭
・ユーロ/円:0.4銭

スワップポイント

・トルコリアラ/円:45円
・南アフリカランド/円:91円

通貨ペア数

27通貨ペア

まとめ

FX初心者はまず、低コストで運用できるFX会社を選んでみましょう。
トレードを開始してすぐに資金がショートするようでは、モチベーションも下がります。
まずは少額取引から始めて、勉強と経験を重ねてから次のステップに乗り出しましょう。