FX初心者にも使えるおすすめのアプリを紹介

MENU

FXアプリで練習する方法と稼ぎ方も学べるアプリの紹介

近年ではFXアプリを使ってトレードすることも簡単になりました。
パソコンがなくても充分に取引できるほどの高性能のアプリも多数登場しています。
ほとんどのアプリでは、タップするだけで売買が可能で、なかにはパソコンのチャート並みに高度な分析ができるチャートを搭載しているものもあります。

スマートフォンのアプリでFXトレードができる

手軽に取引に参加可能

FXトレードというと、多くのディスプレイをデスクに並べて様々な指標や情報をチェックしながら、忙しくキーボードを叩くといったイメージの人も多いでしょう。
近年では便利なFXアプリも登場し、むしろアプリはFXで欠かせないものになりつつあります。

初心者にとっても、まずはスマートフォンのアプリから始めてみるのはハードルが低いのでおすすめです。


スマホのアプリのメリットは忙しいサラリーマンでも仕事の休憩時間や通勤時間を使ってFXトレードが可能という点です。
自宅にいる主婦や自営業者でも、いちいちパソコンでFXのトレード画面を立ち上げることなく、ちょっとしたスキマ時間にトレードできます。
FXで重要なのはスピード感です。

市場が動いたときに即応することで、利益のチャンスを逃さずとらえることができます。


スピード感を持って取引をするには、パソコンよりもむしろスマホのほうが向いています。
実際にFXのアプリは日々進化していて、パソコンのFX取引と比較しても、アプリのほうが直感的に操作できて使いやすいということも珍しくありません。
パソコンでの取引では、確かに多くの機能を使いこなすことができるので、じっくり検討しながらトレードするのに向いていますが、アプリのほうがシンプルで操作性が高いので、トレードを学ぶには適しています。

初心者にはアプリがおすすめ

FX取引に興味はあっても経験がないために経済関連のニュースに接しても、もうひとつ自分のこととして把握できないということは良く起こります。
そういう人にとっては、FX取引で使用するチャート画面は複雑で分かりにくいものと思えるかもしれません。

こうした初心者にこそ、スマホのアプリがおすすめです。


スマホには画面のサイズに限界があり、画面タッチでの操作しかできないため、チャート表示も無駄を省いたシンプルなものになっています。
この単純なチャート画面のほうが初心者にとってはFX取引を理解するには適しています。
最初からパソコンで本格的に始める前に、いったんシンプルで操作しやすいアプリでFX取引の基本を理解し、そこからパソコンを使った高度な取引をするのは、入門編としておすすめできます。
また、FX取引では最低トレード単位を「1万通貨」としていることが一般的です。
しかし、スマホのアプリを提供している会社の多くは、1000通貨からの少額取引に対応しています。
FX取引に興味はあるけれども、いきなり1万通貨での取引には不安があるという人は多いでしょう。
こうしたケースで、まずはスマホのアプリで少額の取引をして慣れるようにしてみましょう。
1000通貨なら、レバレッジを25倍にすれば4000円から5000円くらいの資金で始めることが可能です。

アプリでトレードするメリット

場所や時間を選ばない

スマホのアプリを使えば、パソコンがなくてもトレードが可能です。

そのため、日中は仕事に出ていて自宅以外の場所にいる人でも通勤時間などを使ってトレードすることができます。


最近のアプリは情報収集やトレードにまったく不便を感じないほと機能性に優れているものが多く登場しています。
即時入金機能や出金機能も搭載されているので、パソコンでの取引ツールの代替として支障なく使えます。いつでもどこでも、気軽に参加できるのがアプリのメリットです。

スピーディに取引できる

FX会社のアプリは「スピーディで直感的な操作」に特化したものが多く提供されています。
より素早く注文できるように発注画面への移動を簡単にして、発注までのタップの回数を極力減らすように工夫されています。
スピーディな注文という点では、スマホの操作に慣れている人ならパソコンよりもスマホのほうが向いているかもしれません。
3.投資機会を見逃さない
最近では、スマホのアプリの通知機能を使って重要な経済指標や経済ニュースが発表されたときなどにポップアップで知らせてくれるものが増えています。
この機能を使えば、外出先でアプリをこまめに開かなくても通知が入った時点で対応できます。

アプリの比較ポイント

1.画面が見やすい

多くのFX会社がスマホアプリを提供していますが、少なくともアプリの画面が見やすいものを選ぶようにしましょう。
パソコンの取引ではひとつの画面で多くの情報を確認することができますが、画面が小さいスマホの場合にはアプリ画面のみやすさは大きなポイントです。
画面の情報が見やすくなっていれば、迅速に情報を確認できて、ミスも防ぎやすくなります。
各社のアプリの機能説明ページで、画面のみやすさは必ず確認しておきましょう。

2.注文画面へすぐに行けること

FXのトレードでは、数秒や数分単位でトレードの成否が決まることが多くあります。

このとき、スピーディな発注ができることは不可欠の条件です。


マーケット情報やチャートの確認から、なるべく少ない回数のタップで注文画面に移れるものを選択しましょう。
FX会社はスマホアプリの操作性に優れている場合、「チャートからワンタップで注文画面」とうたっていることが多い傾向があります。
この点をしっかりチェックしてきましょう。

3.使いたい指標や機能が搭載されていること

FX会社はスマホアプリのテクニカル指標やライン描画機能の充実にも力を入れています。
スマホアプリで10種類以上のテクニカル指標が確認できるというものもあります。

重要なのは、種類の多さよりも自分がメインで使いたいテクニカル指標や描画機能が搭載されているものを選ぶことです。


定番の機能として「単純異動平均線」「ポリンジャーバンド」「一目均衡表」「トレンドライン」は必ず搭載されています。
こうした定番の指標や描画機能でも各社で使い勝手に違いがあります。

必ずデモ画面で確認しておきましょう。


自分が使いやすいと感じる指標や機能が「定番ではない」ときには、しっかりとチェックしておきましょう。

アプリを使うデメリットもある

1.チャートの読み間違い

スマホのアプリを使ってFX取引することには多くのメリットがありますが、デメリットもしっかり理解しておきましょう。
リスクとして大きなもののひとつが「チャートの読み間違える」ということです。
チャートを複数表示してくれるアプリも数多くありますが、パソコンの画面よりも小さいために明らかに見えにくいです。
この点は多くのアプリユーザーからも指摘されており、実際にチャートの読み間違いは注意すべき事項として挙げられています。
チャートを読み間違えて取引をしてしまうと思わぬ損失につながるリスクがあります。

2.相場が気になってしまう

スマホアプリを使ってFX取引する人の多くは、昼間に仕事をしており、副業としてやっているケースが大半でしょう。
そういったとき、昼間に本業の仕事をしている最中に為替の動きが気になってしまうことがあります。
昼間の時間帯は東京市場が動いている時間帯でもあるため、どこにでも持ち運べるスマホは常に取引ができる状態になります。
その日に世界経済に大きな動向があることが事前に分かっているときには、なおさら為替の動きは気になってしまい、目の前にある仕事に注力できなくなる危険があります。

FXアプリを使いこなそう

アプリ選びのチェックポイント

近年のFXトレーダーはスマホでの取引をメインとする人も多くいます。
初心者でもスマホさえあれば、すぐにFX取引を始めることができます。

そのため、各社が競争するように便利なアプリを投入しており、「FX会社を選ぶならアプリの使いやすいところがいい」という観点で選択しても良いくらいです。

1.注文機能

アプリを選ぶうえで注目しておきたいのは、注文機能です。
FX取引では必ず「注文をする」「注文を入れる」という動作が必要です。
通販サイトで品物を買おうとしたとき、そのサイトの注文画面が分かりにくかったり、使いにくかったりしたために「別のサイトに回って買った」という経験は多くの人がしているでしょう。
FX取引で同様で、取引でいつも使う注文機能が使いにくいというのは困ります。
縦画面でも横画面でも注文がスムーズにできること、注文ボタンが届きやすい位置にあることなどを具体的なチェックポイントにしておきましょう。

2.チャート機能

FX取引では、「チャートを見る」のは欠かせないところです。
チャート画面の見やすさは、アプリ選びでも重要でしょう。
たとえば、チャート画面を4分割して最大4つのチャートを表示できるアプリはおおむね使いやすいと言えます。
4つのチャートを表示しておけば、「時間足違いチャート」を見られますし、別の通貨のチャートを同時に見ることも可能です。
チャート分析で欠かせないテクニカル指標も、多数の表示を搭載しているアプリを選びましょう。

3.ユーザー売買比率

ユーザー売買比率を表示できるアプリを選ぶという考え方も充分にあり得ます。
ユーザー売買比率は「FXで投資している人の売りポジションと買いポジションの割合」のことですが、開示している会社は少ないので、アプリを選ぶときの基準として有効です。

4.通知機能

通知機能があるアプリが良いというケースもあるでしょう。

FX取引アプリは、以下のような場合に通知を送ってくれるところがあります。


・経済指標が発表されたとき
・約定したとき
・特定のレートに達したとき
こういった通知があれば取引のチャンスを逸することが少なくなります。

5.ウィジェット

ウィジェットによって、アプリの一部の機能をホーム画面に表示できるというアプリもあります。
いちいちアプリを開かなくてもウィジェットでFXの情報が確認できるので、昼間に仕事をしている人も便利に使えます。
アプリによりますが、「レート」「チャート」「経済指標」などをウィジェットで表示してくれるものもあります。

6.スプレッド

FX取引アプリを選ぶ際にも、その会社のFX取引のスプレッドが狭いかどうかが重要です。
スプレッドはFX取引でかかる事実上の手数料です。

スプレッドは「狭い」ほど手数料がかからないという認識で間違いありません。


狭いスプレッドで取引できるほど、得られる利益は大きくなります。

スプレッドは通貨ペアによって異なるので、取引したい通貨ペアのスプレッドが狭い会社のアプリを選びましょう。

7.最低取引単位

FX取引にどの程度の資金を投入できるかは、個人差があります。
通常、FX会社では「1万通貨」が最低取引単位になっているので、納得のいく取引をするには10万円程度が必要になります。
1000通貨単位で取引できるFX会社なら1万円あればFXを始めることができます。
最低取引単位が小さいほど、少額から始められます。

FXに回せる資金が少ない場合には、最低取引単位が小さい会社のアプリを選びましょう。

賢い活用方法とは

スマホのFX取引アプリは非常に便利に使うことができますが、特に昼間は仕事をしているという人には上手にスマホと付き合っていく必要があります。
たとえば、スマホのFXアプリで経済に関連するニュースを見て、取引に必要な情報の収集をするのは良い方法でしょう。

昼間のちょっとしたスキマ時間でさっと確認できます。


また、経済指標の発表後にはFX市場に動きがあるので、指標を通知する機能を使えば、スプレッドが広がるといった変化に即応することができます。
また、取引のメインはパソコンでやるという人も多いでしょう。
パソコンの補助ツールとしてアプリを使うと、複数のチャートを同時に見ることができます。

スマホアプリを注文専用にするという使い方もあります。


チャート分析はパソコンで行って、注文はスマホで出すという方法を採っているトレーダーは非常に多くいます。

賢い活用方法と言えるでしょう。


また、自分が必要とする情報を通知してくれるアラート機能の設定も便利です。
経済指標通知だけでなく、相場変動通知やレート通知などを設定しておけば、取引のチャンスを逃さずとらえることができます。

アプリでおすすめの手法

スマホのアプリの機能は日々進化していて、パソコンのトレードでできることなら、ほぼすべて可能なレベルに達しています。
とはいえ、やはり画面の小ささに関してはどうしようもなく、パソコンとは違ったアプローチを取る必要があります。
以下のような手法がスマホアプリに適しています。

1.リピート系自動売買

自動売買ツールというと、マネースクウェアの「トラリピ」やインヴァスト証券の「トライオートFX」などのリピート系自動売買が有名です。
自動売買ですので、いったん設定しておきえばその通りに売買が自動的に実行されます。
頻繁に操作することありませんし、本業の仕事の最中に気になってついスマホを見てしまうということもなくなります。
スマホアプリでの操作も分かりやすく、パソコンを使うトレードとほぼ変わらない運用が可能です。

2.日足以上の長期トレード

FXのチャートは短い時間軸ほど瞬発力や即応力が重要になります。
5分足をメインとした超短期トレードでは、様々な通貨ペアやテクニカル指標を使って短時間で戦略を立ててトレードしていく必要があります。
そのため、パソコンに複数のディスプレイを使ってトレードしたほうが分かりやすくなります。
逆に、長期チャートをメインとするトレードなら頻繁に確認する必要はありません。

緻密な戦略も必要ありません。スマホアプリの小さい画面でも分析やトレードが成立します。

3.スワップポイント狙いのホールド

受け取りのスワップポイントを狙うなら、とにかく長期間にわたってポジションを保有することが必要ですし、スワップポイントの動向を把握して有利な口座を選ぶのが重要になります。
ただ、この点さえ抑えておけば後は何か特別に操作しなければならない部分はありません。
短期トレードとはまったく違う手法なので、スマホとパソコンの差はほとんどありません。

おすすめのFXアプリ

FX会社の比較

FX取引用のスマホアプリでは、各社で微妙にスペックが異なります。
たとえば、アラート機能はDMM FXやGMOクリック証券て提供するアプリには搭載されていますが、外為どっとコムのアプリには搭載されていません。
テクニカル指標についても、各社で異なります。
・スマホアプリの比較

FX会社

アラート

情報機能充実度

テクニカル指標

DMM FX

やや低い

11種類

GMOクリック証券

高い

12種類

SBI FXトレード

やや低い

9種類

外為どっとコム

×

高い

16種類

YJFX!(Cymoスマホ版)

×

やや低い

6種類

YJFX!(外貨exアプリ)

×

やや低い

9種類

FXプライムbyGMO

×

高い

18種類

LIGHT FX

×

高い

8種類

LION FX

×

やや高い

19種類

みんなのFX

×

やや高い

8種類

FXブロードネット(iPhone)

やや高い

12種類

FXブロードネット(Android)

×

やや高い

11種類

マネーパートナーズ

×

高い

10種類

外為どっとコム

外為どっとコムの大きな特徴は、業界で最も優秀と言われる独自のシンクタンクを持っている点です。

FX知識系のコンテンツの配信に注力しています。


初心者向けには「マネ育チャンネル」という自社情報サイトを通じてFXに関する情報発信をしています。

初心者向けの無料セミナーも頻繁に開催されています。


FXトレードでは短期売買がメインとなるという人が多いでしょう。

スキャルピングに近いような狭い利幅を狙っていく場合、スマホの操作に手間がかかるようではエントリーや決済のチャンスを逃します。


外為どっとコムのスマホアプリには「スピード注文」という1タップで注文できる機能があります。

横画面にしてチャートと同時に表示させると1分足や5分足を見ながら感覚的にエントリーできます。


FX取引ではテクニカル分析が重要になってきます。

チャートをどれだけ活かせるかが実績に直結すると言っていいでしょう。


テクニカルインジケーターの豊富さや画面分割などの機能も重要ですが、自動売買に頼らない裁量トレードでは、操作する人間が感覚的に相場の流れをつかむことが重要になります。
そこで重要になるのが、チャートの「視認性」です。
ぱっと見てすぐに理解できるものでないと、相場感もつかめません。

アプリは好みによって分かれるところもありますが、外為どっとコムのアプリはパソコンに近い視認性があるため、使いやすく理解しやすい画面構成になっています。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、FX以外にも多用な金融商品を取り扱っています。

FXの取引高世界一になったこともある会社で、使いやすいスマホアプリを提供しています。


パソコン、スマホともに取引ツールが充実しているのが強みです。
主に「はっちゅう君プラス」と「FX TOOLBAR」、「プラチナチャートプラス」の3種類のツールが提供されます。
操作環境や取引経験に合わせて選ぶことができ、初心者から上級者にまで対応しています。
スマホアプリでは複数のチャートを1画面で表示できて、チャートを見比べながら分析することができます。
GMOクリック証券は株式や信用取引など数多くの資産形成の手法が提供されますが、それらを1つの口座で取引できるというのも魅力でしょう。
同じアカウントですべての金融取引に参加できます。
スマホアプリでFX取引をするうえで問題になるのが画面の小ささです。

投資するほうとしても、複数のチャートを同時に表示させてトレードしたいという人は多いですが、通常のFX会社が提供するアプリではかなり難しいことです。


しかし、GMOクリック証券のスマホアプリは限界に挑戦するかのように、複数のチャート表示やチャート上での操作で指値や逆指値を入れることができるようになっています。
また、GMOクリック証券には多彩なアラート機能が付いていて、経済指標の発表直前にアラートを出してくれるなど、チャンスを逃さずとらえる機能として「短期で儲ける」というトレーダーにはうってつけです。

外貨ex byGMO (旧:YJFX!)

GMOグループが運営する「外貨ex byGMO」は、FXトレーダーに良く知られた「Cymo」の後継アプリです。
洗練されたデザインと高い操作性が特徴です。
スマホアプリは「いつでも・どこでも」使えるというのがメリットですが、機動力があり、パソコン環境に近いチャート機能を持つアプリは、スマホで本格的にFX取引をしたいという人のニーズに応えています。
スマホアプリを選ぶ際にポイントとなる点として、小さい画面にいかに効率よく情報を詰め込んであるかという点が挙げられますが、「外貨ex」にはレート表示の横にチャートを表示するという画面構成になっています。
スマホアプリで短期売買をやりたい人にとっては分かりやすく使いやすい機能と言えるでしょう。
スマホ画面を最大限使って分割で表示するアプリは他にも多くありますが、分割して再び1画面表示にするなど「行ったり来たり」を繰り返したくなる場面は多くあります。
「外貨ex」ではチャート分割表示の切り替えがワンタッチで済みます。他社にはないスマートな操作性です。

勉強用アプリおすすめ2選

1.FXまるまる

取引用アプリだけでなく、無料でFXの勉強ができるアプリもインストールしておくと良いでしょう。
代表的なものが「FXまるまる」という初心者向けの入門書アプリです。
「そもそもFXとはどういう取引か」という初歩中の初歩から始めて、難しいFXの仕組みをシュールな絵柄のマンガで分かりやすく解説してくれます。
経済ニュースや為替チャートを見ることができて、本格的にFX取引を始めた後からでも役立つアプリです。

2.FXなび

「FXなび」は本番のようなデモトレードができるアプリです。
難しい用語が多いFXを、マンガで分かりやすく解説してくれる点も魅力的です。
本番の取引はできませんが、一通りデモトレードで勉強したらYJFX!やGMOクリック証券などの取引所でトレードデビューしましょう。

まとめ

近年ではスマートフォンの機能も上がって、パソコン並みのスペックのものもあります。
FXでもアプリを使ってスマホから取引が可能です。
良好な環境で取引を行うためには、適切なチャート分析やアプリの導入が欠かせません。

良く比較して検討しましょう。