株式投資の初心者におすすめの投資方法

MENU

株式投資の初心者におすすめの投資方法と証券会社

「人生100年時代」を迎えるなか、豊かに将来の生活を送っていくために資産運用の必要性は高まっています。
資産運用といっても数多くの方法がありますが、代表的なものが「株式投資」でしょう。
株式投資は「自分でやってみる」以外に慣れる方法はありません。
初心者はまず、ミニ株や単元未満株などの少額投資を試して「投資の経験値」をアップさせましょう。

株式投資の初心者は少額投資から始めよう

数百円から始める株式投資

「株式投資に興味はあるが、まとまった資金がない」という人は多いでしょう。

最初から何百万円も投資できる人はいません。


資金不足や投資に対する怖さなども手伝って、なかなか投資に手を出せない人も多いでしょう。
そういった初心者におすすめなのが「少額投資」です。
投資は自動車の運転のようなもので、「やらないと、良さも難しさも分からない」ものです。

まずは少額から始めてみるというのが、初心者に向いています。


株式投資は大きな単位のお金ないと始められないというのは、今となっては誤解です、実際には数百円から始めることができます。
株式には「単元」という最低購入単位があります。

一般的には1単元は100株で、株価が1000円の株を1単元購入する際には10万円の投資資金が必要です。


しかし、近年ではミニ株・単元未満株という「1株から購入できる」株式が登場しています。

1単元100株と決まっている場合でも、1株から購入できるので、株価が1000円であれば1000円から投資に参加できます。


ただし、売買できるネット証券は限られれますし、取引金額に対する手数料の比率が高いというデメリットもあります。

購入できる銘柄にも制限があり、またリアルタイムでの取引ができません。

少額で始めて投資スタイルを確立させよう

少額投資は「分散投資をしやすい」「少額でも配当金が出る」というメリットがあります。
少額で購入するので、単元単位での投資よりも複数の異なる株へ資金を分散して投資しやすいのは大きなメリットです。
また、議決権や株主優待は1単元以上保有していないと受け取れないケースが多いですが、配当は保有している株数に応じて支払われるため、単元未満株でも配当金は受け取れます。
少額から投資することには、もっと大きなメリットがあります。

それは「投資すること自体に慣れる」という点です。株


式投資については、今でもマイナスのイメージを持っていて、「素人が手を出したらお金を損するだけ」と思っている人も多くいます。

投資に対する「怖い」という気持ちはまだまだ残っています。


そうしたとき、まずは「損してもいい」くらいの少額で投資を始めてみると、実感を持つことができます。

それまでなんとなく接してきた新聞やニュースなどの情報も違った意味を持ってとらえることができるようになります。


また、少額の投資を始めると、「自分はどういう投資の方法に向いているか」が分かってきます。
長期投資に向いている人もいれば、短期投資が向いている人、配当金狙いなど、投資のスタイルは人によって様々です。
投資のスタイルにはそれぞれリスクもあります。

まずは少額から投資をスタートさせて、自分の性格や時間の使い方に合った投資スタイルを身に着けましょう。

1万円から始める株式投資

投資予算は人それぞれです。

サラリーマンの毎月の給与から出せる金額はそう多くはないでしょう。


株式投資を始めるにあたって、いきなり100万円も用意できる人も少なく、最初は小さく投資することから始めるのが普通です。
まずは1万円程度から始めてみましょう。
1万円あれば充分に「投資する感覚」を体感することができます。

1万円ならリスクは小さいですが、当然リターンも小さくなります。


ローリスクなので、応援したい会社や好きな会社に投資するというのも良い方法です。

「なんとなくイメージが良い」「市場に出している商品が好き」という軽い理由で構いませんので、好きな会社の株式をまずは購入してみましょう。


投資は経験して始めて分かることがたくさんあります。

難しく考えずに、自分が好きな会社や普段から使っているサービスなどから投資する銘柄を選んで、投資を経験しましょう。


1万円程度なら、何かで貯めたポイントで投資できないか確認してみるのも良い方法です。
たとえばTポイントが貯まっているのであればSBIネオモバイル証券、LINEポイントならLINE証券、PayPayボーナスがあるならPayPay証券で口座を作ればポイントで投資することができます。

10万円から投資するなら

10万円以上を投資予算として使えるなら、可能性はもっと広がります。

おおよそ、この程度なら普通のサラリーマンなら口座の預金として余っているくらいの金額でしょう。


10万円あれば割安株で1単元購入することもできますし、単元未満株で分散投資することもできます。
まずは1単元10万円以下の割安株を狙ってみましょう。かなり投資の実感がつかめます。
割安株はPBR(株価純資産倍率)とPER(株価収益率)で探すことができます。
・PBR:「株価÷1株」当たりの純資産額の数値。PBRが「1」より小さいとき一般的には「割安株」と呼ぶ。
・PER:「株価÷1株」当たりの当期純利益で算出される。株価の割安制を表す数値として用いられる。
探すのも簡単で、ネットで「PBR ランキング」などと検索すると簡単に出てきます。
予算のなかで購入できる割安株を探してみましょう。割安株とはいっても知名度の高い企業も多く、「ここなら買ってみてもいい」という会社が見つかるでしょう。

30万円あれば充分

株式投資というと、「少なくとも100万円は必要」「高額を投入できる人だけがやるもの」という意識の人も多いでしょう。
実際には、30万円もあればすでに少額投資ではありません。
一般的な株式投資と同様に投資先を検討できますし、株式投資の様々な手法を試すことができます。

「株式投資の初心者」なら30万円あれば始めるのに充分と言っていいでしょう。


30万円あれば、たとえば「単元株を購入して複数の銘柄への分散投資」も検討することができます。
複数の銘柄や商品にリスク分散して投資をしてみましょう。

投資金額が大きくなると、配当でのリターンも大きくなります。


「配当は年間いくらになるのか」ということは、いくら株価を見ても実感として分かりません。

実際に保有してみて、配当を受けてみて分かるものです。配当金狙いで投資先を選ぶというのも、立派に投資家の考え方です。


また、予算が30万円以上あるなら「IPO」にも申し込めるチャンスがあります。
IPOは「新規公開株」「新規上場株式」のことで、抽選はありますが、当選すれば利益の出やすい株式です。
IPOは「公開価格×申込株数単位」で申し込むため、一定のまとまった資金が必要となります。
30万円以上用意できるなら、充分にIPOに申し込めます。人気株の当選率は非常に低いですが、上場初日に投資金額の2倍以上の初値をつける銘柄も珍しくありません。
しっかり対策しておけば充分に当選も狙えます。

初心者におすすめのミニ株と単元未満株

ミニ株とは?

通常、株式は100株や1000株といった1単元というのが決められており、それを最小単位として売買します。
ミニ株は、決められた単元よりも小さい単位で売買できる株式投資です。
1単元の株を持っていると1票の議決権が与えられて株主総会の決議に参加できますが、ミニ株の場合には保有しても株主総会には出られません。
ミニ株と同様に少額投資が可能な株式に単元未満株があります。両者には以下のような違いがあります。
・ミニ株と単元未満株の違い

 

ミニ株

単元未満株

単元株

売買単位

単元の10分の1

1株

100株・1000株

配当金

持分に応じて分配

持分に応じて分配

1単元相当の分配

株主優待

企業によって異なる

企業によって異なる

保有する単元数による

議決権

なし

なし

1単元に1つ

ミニ株は設定された単元株数の10分の1から売買できますが、単元未満株は単元株数に関わらず1株から売買できます。

売買単位が違うだけで、実際にはあまり区別して使われることはありません。


ミニ株なら通常の単元株で必要な金額の100分の1から10分の1程度の値段で株を変えます。
たとえば、任天堂の1株あたりの株価は4万円以上あり、1単元100株を買おうとしても通常なら400万円以上が必要です。

これが単元未満株・ミニ株なら4万円から40万円で購入することができます。

ミニ株・単元未満株のメリット・デメリット

1.メリット
ミニ株・単元未満株のメリットは少ない資金で始められる点です。
投資を始めようとしている人が、いきなり「任天堂株400万円を買う」ことはかなり困難でしょう。

ミニ株なら充分な資金がなくても大企業の有名な銘柄を変えます。


また、複数の銘柄を少額購入して分散投資ができます。

複数の株を購入できれば、一方で損失が出ても他の銘柄が上がっていればダメージを抑えることができます。


2.デメリット
ミニ株のデメリットとして、「取引金額に対する手数料の割合が高くなる傾向がある」という点が挙げられます。
証券会社ごとに手数料のシステムは異なっているので一概には言えませんが、手数料は取引するたびにかかってくるので、少額を分散投資していると手数料の比率が高くなる可能性があります。
また、対象銘柄が限られている点にも注意しましょう。

買いたい銘柄があてってもミニ株の対象でなければ購入できません。

ミニ株で利益を出そう

ミニ株の取引でも単元株取引と同様に、保有している株が値上がりしたときに売って売却益を狙うことが可能です。

少額投資のメリットを活かして、なるべく違う業種の銘柄を分散して購入しておくと有効です。


ただし注意したいのは、ミニ株の場合には自分で値段を決めて売る「指値注文」ができないという点です。
ミニ株の取引では、注文を出す時間帯によって約定価格が「当日の始値」や「翌日の終値」などと決まっています。

証券会社によって約定のタイミングは変わりますが、自分のタイミングで取引できないという点では同じです。


たとえば、SBI証券のミニ株(S株)の取引の時間は以下のように定められています。
【SBI証券のS株の取引時間】
・0:00~7:00:当日前場始値
・7:00~10:30:当時後場始値
・10:30~13:30:当日後場終値
・13:30~24:00:翌営業日前場始値
また、ミニ株の保有でも配当金がもらえます。
たとえば任天堂は1株あたり年間配当金が1090円なので、2株保有していれば2180円を配当金として受け取れます。

配当金で利益を得たいという場合は、株価に対してなるべく配当金が高めの銘柄から検討してみましょう。

株主優待にも期待

ミニ株の保有でも株主優待が受けることができますが、銘柄ごとに異なるので証券会社の銘柄ページの株主優待の項目を確認しておきましょう。
「全株主対象」という株主優待である内容が記載されている場合は、ミニ株の保有者でも株主優待を受けることができます。
表記されていない場合でも、証券会社の公式サイトで対象が記載されている場合もあります。

証券会社に直接問い合わせて確認することもできます。


ミニ株でも株主優待がある企業として以下のようなものがあります。
・ミニ株で株主優待が受けられる銘柄

銘柄

株価(1株)

株主優待

京セラ

6181円~6250円程度

全株主に京セラグループの製品やサービスを特別価格で提供

東光高岳

916円~1008円程度

1株以上で「特撰カタログ」の掲載価格から100円割引

上新電機

1947円~2013円程度

全株主に25枚(5000円)のお買い物券を贈呈

ミニ株取引ができるネット証券

ミニ株・単元未満株を取引できるネット証券は主にSBI証券など5社あります。
特にLINE証券とSBIネオモバイル証券は単元未満株に特化したスマホ専用の証券会社で、非常に使いやすくサービスも良いことで知られています。
・ミニ株取引ができる証券会社

証券会社

サービス名

手数料

注文受付時間

SBI証券

S株

約定代金×0.550%

24時間

マネックス証券

ワン株

約定代金×0.550%

0:00~11:30
17:00~0:00

auカブコム証券

プチ株

約定代金×0.550%

24時間

LINE証券

いちかぶ

手数料は無料
スプレッドが発生
日中:0.05%
夜間:0.5%

平日は21:00まで

SBIネオモバイル証券

(特になし)

月額220円

24時間

株式投資初心者におすすめのネット証券

LINE証券

LINE証券は、SNSアプリ「LINE」が提供しているサービスで、スマホでの取引に特化しています。
以下のような初心者向けのおすすめポイントがあります。
・LINEアプリから簡単に利用可能
・1口100円からの少額投資ができる
・投資信託の手数料が無料
・LINEポイントを使って投資できる。
100円から投資信託が買えるというのは魅力的なサービスです。

少額から始められる点は初心者にとっては大きなメリットと言ってもいいでしょう。


・LINE証券のスペック

取引手数料

【現物取引】
1注文の約定代金に対する手数料
・5万円:99円
・~10万円:176円
・~20万円:198円
・~50万円:484円
・~100万円:896円

取扱商品

・国内株式
・ETF、REIT
・投資信託
・信用取引

取引ツール

LINEアプリ

キャンペーン

口座開設&クイズ解答で最大3株購入代金プレゼント

SBI証券

SBI証券はネット証券の大手として有名な証券会社です。
大手リサーチ会社の顧客満足度でも常にトップクラスを維持しています。

多くの長所を備えており、初心者から上級者まで幅広いユーザーがいます。以下のような点がおすすめポイントです。


・売買手数料が安い
・取り扱っている商品が豊富
・少額から投資できる
・取引や投資信託でTポイントが貯まる
・貯めたTポイントで投資できる
・口座開設が簡単
・SBI証券のスペック

取引手数料

【現物取引・スタンダードプラン】
・5万円まで:55円
・10万円まで:99円
・20万円まで:115円
・50万円まで:275円
・100万円まで:535円

【現物取引・アクティブプラン】
・100万円まで:0円
・200万円まで:1278円

取扱商品

・国内株式
・外国株式
・投資信託
・債券
・FX
・先物オプション
・CFD
・金、銀、プラチナ
・eワラント
・iDeCo
・保険

取引ツール(PC)

・HYPER SBI
・SBI CFDトレーダー

取引ツール(スマホ)

・「SBI証券 株」アプリ
・かんたん積立アプリ
・HYPER FXアプリ
・HYPER 先物オプションアプリ
・HYPER CFDアプリ

キャンペーン

・新規口座開設で期間固定Tポイント100ptプレゼント
・ポイント投資紹介で最大5万ptプレゼント

楽天証券

楽天証券は楽天グループが運営する証券会社で、楽天グループの各社との連携で様々な特典を受けることができます。
楽天銀行・楽天市場などを使っているユーザーにおすすめできる証券会社です。
新規口座開設数ナンバーワンになったこともある人気のネット証券会社です。

初心者におすすめできるポイントとして以下のような点が挙げられます。


・少額から利用できる
・購入方法が選べる
・楽天市場での買い物でお得なサービスがある
・楽天証券のスペック

取引手数料

【現物取引・超割コース】
・5万円まで:55円
・10万円まで:99円
・20万円まで:115円
・50万円まで:275円
・100万円まで:535円

【いちにち定額コース】
1日の合計取引額で手数料が決定
・100万円まで:0円
・200万円まで:2200円
・300万円まで:3300円

取扱商品

・国内株式
・外国株式
・投資信託
・ETF
・楽ラップ
・債権
・先物オプション
・楽天FX
・外国為替
・保険

取引ツール(PC)

・マーケットスピード
・マーケットスピードFX

取引ツール(スマホ)

・マーケットスピード
・iSPEED
・iSPEED for iPad
・iSPEED FX
・iSPEED 先物OP

キャンペーン

・はじめてまたは久しぶりの利用で200pt
・株式投資デビュー:250万pt山分け
・純金、プラチナ積立デビューキャンペーン
・マーケットスピードで先物・オプションを取引しよう
・iDeCoの開設でもれなく200pt
・NISA口座限定で国内株式売買手数料0円

岡三オンライン証券

岡三証券は1923年に三重県で創業された会社で、数多くの大企業との連携もある有名証券会社です。
岡三オンライン証券はネット証券としても歴史は長く、大手という安心感があります。
老舗の証券会社というと堅苦しく、とっつきにくいイメージがありますが、岡三オンライン証券は初心者にも使いやすい証券会社を目指しています。
初心者のおすすめできるポイントとして以下のような点が挙げられます。
・サポート体制が手厚い
・手数料が安い
・情報収集がしやすく、充実している
・岡三オンライン証券のスペック

取引手数料

【現物取引・ワンショット】
・10万円まで:108円
・20万円まで:220円
・50万円まで:385円
・100万円まで:660円

【現物取引・定額プラン】
1日の合計取引額で手数料が決定
・200万円まで:1430円
・300万円まで:1980円
・500万円まで:3080円

取扱商品

・現物取引
・ETF・ETN・REIT
・単元未満株
・信用取引
・投資信託
・先物オプション
・取引所FX
・店頭FX
・IPO
・NISA
・iDeCo

取引ツール(PC)

・岡三ネットトレーダーWEB2
・岡三かんたん発注
・岡三RSS
・岡三ネットトレーダーライトFなど

取引ツール(スマホ)

・岡三ネットトレーダースマホ
・岡三ネットトレーダーFXスマートフォンアプリ
・岡三オンラインFX for iPad
・岡三アクティブFXスマートフォンアプリなど

キャンペーン

・新規口座開設で国内株式取引手数料3ヵ月キャッシュバック
・新規信用取引口座開設で手数料3ヵ月キャッシュバック
・新規FX取引口座開設で最大5万円をキャッシュバック
・新規365取引口座開設で最大5万円をキャッシュバック

まとめ

株式投資は、まずはミニ株・単元未満株など少額の投資から始めてみましょう。
いきなり高額を投資するのは危険です。
証券会社もそれぞれに特徴があるので、自分に向いた会社選びも重要です。
投資スタイルは取引を重ねていくごとに固まっていきます。