MENU

中小消費者金融は審査が甘いというのは本当?

「中小消費者金融は審査が甘いというのは本当?」
すでに複数のカードローンから借入があるとか、過去に返済を延滞した経験がある人などは、次の申込先を「中小消費者金融」にしようとしているかもしれません。ネットの一部では「中小なら審査が甘い」という情報が流されているからです。とはいえ、本当に審査が甘いということはありません。貸金業法にのっとった審査をしています。

中小消費者金融とは

明確な定義はない

中小消費者金融といっても、そこに明確な定義があるわけではありません。貸金業者であって、「アコム・アイフル・レイクALSA・SMBCモビット・プロミス」の大手5社以外はおおよそ「中小」と呼ばれています。貸金業法によって、貸金業者はすべて都道府県に業者としての登録を行う必要があり、中小も登録をしています。守るべき法律に大手との違いはありません。中小の業者でも安心してお金を借りることができます。
さらに、中小といっても中堅と小規模の2種類があります。中堅の業者は大手ほどではありませんが、全国に複数の店舗を構えて、インターネット申し込みにも対応しています。一方、小規模経営の業者は本店をひとつ構えているだけで、インターネット申し込みにも対応していません。いわゆる「街金」と呼ばれているのがこうした小規模経営の消費者金融です。
街金といっても闇金ではありません。正規の登録をしている業者です。そのため、大手と変わりなく貸金業法を遵守して経営されています。そのなかには独自の審査基準を用いているところが多くあります。

主な特徴

1.店舗スタッフが対応

大手の消費者金融は「スコアリング審査」を徹底しており、申込者の個人属性を数値化してその合計点で自動的に審査に通過させるかどうかを判断します。
一方、中小消費者金融はスコアリング審査はしますが、それだけでなく店舗スタッフがそれぞれの申し込み内容を確認・検討して審査結果を出しています。そのため、他社の借入状況や過去の返済実績に問題があるような人でも、「今この人が持っている返済能力」を中心に審査をしていきます。

2.業務規模が小さい

中小消費者金融は全国規模で業務展開している会社は少なく、利用できる地域が限られる傾向があります。現在はインターネットが普及しているので、ネット経由で全国どこからでも申し込みすることができる会社もあります。とはいえ、大手のように様々なサービスを受けることは困難で、スピーディな審査による対応などは提供できません。それぞれの会社の持つ強みを活かして、小さいながら限られたスタッフで出来る限りのサービスを提供しています。スタッフも資金も限られるため、大手のような「深夜の融資対応」「借入時の迅速な対応」などは期待できません。

3.督促が厳しめ

中小消費者金融については、「返済が遅れたら厳しい催促が来る」と言われてしまいがちです。2006年に改正された貸金業法では、取り立てについてガイドラインが示されており、闇金のような厳しい取り立て行為は行われません。多人数での訪問や暴力的な態度を取ることは禁止されています。
とはいっても、中小の業者は返済に遅れたときの対応は大手よりも厳しいのは確かです。法律の範囲内でギリギリのことをする業者もいます。

安全な中小消費者金融を見分けるポイント

1.金融庁への登録

貸金業法によって、消費者金融は金融庁へ届け出ることが義務付けられています。登録されていない業者は資金の貸出を業務としてはいけないため、もし金融庁に登録されていない業者が「お金を貸します」とうたっていたら、それは悪質な闇金である可能性が高いと言えます。
金融庁への登録があるかどうかは、金融庁が設置している「登録貸金業者情報検索入力ページ」から、確認できます。このページに業者の名称や登録番号を検索して、当てはまる名称が出てこなければそれは闇金です。

2.甘い言葉で宣伝しないないか

貸金業法では、たとえば「返済能力のない人に貸出してはならない」とされており、「簡単に借りられるかのような広告を出してはならない」とも規定されています。そのため、たとえば「ブラックでも歓迎」「無職でも借りられます」などと甘い言葉で宣伝している業者は闇金の可能性を疑ったほうが良いでしょう。

3.金利が合法か

利用制限法という法律によって、金利には上限が設定されています。
【利用制限法による上限金利】
・10万円未満の貸出:年率20%
・10万円以上100万円未満の貸出:年率18%
・100万円以上の貸出:15%
もし、この数字を上回っている金利を表示している業者がいたら、違法な貸金業を行っている可能性が高いと言えます。

4.日本貸金業協会のホームページをチェック

日本貸金業協会と呼ばれる貸金業の自主規制団体があります。ここで悪質な業者を検索することも可能です。その違法業者の詐欺の手口なども確認できるので、チェックしてみましょう。この協会の協会員なら安全な業者なので、会員検索するまでもありません。

中小消費者金融の審査は甘いのか?

大手との違い

中小消費者金融の申し込みを検討している人の多くが、大手の業者の審査に落ちてしまった人でしょう。「中小なら審査が甘い」という情報はネットを中心に広く伝わっています。
確かに、中小の業者は独自の審査基準を持っていることが多くあります。
中小消費者金融の特徴は以下の3つです。
・審査をコンピューターだけでなく手動でも行う。
・申込書だけでなく対面でも審査を行う。
・借入件数が3件以上あっても審査可能なケースもある。
最も特徴的なのは、審査をコンピューターだけに頼らないという点です。中小消費者金融を利用する人にはそれぞれに「個別の事情」があることは、業者も熟知しています。
大手では断られるような属性であったり、信用情報に問題があったりする人でなければ中小消費者金融に申し込むことはありません。そのため、中小ではある程度の許容範囲内であれば「なるべく貸す」という方向性で審査してくれます。

貸金業法は遵守している

中小消費者金融は独自の審査基準を持っている業者が多く、スコアリング審査だけではない審査をしますが、「絶対に審査に通過する」とは限りません。
というのも、中小であっても貸金業法を遵守して経営されているからです。そのため審査の際には、大手と同様に返済能力と信用情報は確認します。誰にでも審査に通るカードローンというものはありません。
たとえば、中小消費者金融であっても総量規制の適用を受けます。日本貸金業協会のホームページでは以下のように解説されています。
「返済能力を超える貸付は禁止されています。この返済能力を超える貸付に該当するか否かを判断する基準のひとつとして、新たな貸付により借入残高が、年収の3分の1を超える場合に、原則として返済能力を超えるものとして禁止されるのが総量規制です。」
また、貸金業法には以下のような規定があります。
「貸金業者は、貸付の契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入または収益その他の資力、信用、借入の状況、返済計画その他の返済能力に関わる事項を調査しなければならない。」
中小の消費者金融といっても、上記の規定は遵守しています。そのため、審査に落ちることは充分にあり得ます。

中小消費者金融のメリット

中小消費者金融の多くは、全国展開している大手とは違って地域密着型の会社です。そのため、以下のようなメリットがあります。
・自動契約機ではなく店舗で対面で申し込みできる。
・申し込みに必要な書類や審査の流れは大手と変わらない。
・高額融資はしないので借りすぎる心配がない。
大手に比べて中小なら審査が甘いという印象を持つ人も多くいますが、一概にそうは言い切れません。
中小でも大手と同じ法律に基づいて経営されており、審査のときに信用情報を閲覧する点では大手と変わりません。ただ、中小には「自社基準」があります。
大手と同様に信用情報を確認するため、「ブラックリストに載っている人」や年収の3分の1を超えて借りようとしている人は審査には通しません。
ただ、自社基準の部分で大手とは大きく異なります。そのため、審査にかかる時間は大手よりも長くなりますし、場合によっては提出する書類が多くなるケースもあります。

中小消費者金融の審査でも落ちる人

1.総量規制以上の借入がある

「中小の消費者金融だから審査が甘いだろう」と思っている人も多いでしょう。確かに大手とは審査基準が違っており、多少の問題のある人でも借りることができますが、総量規制を超える金額は借りることができません。すでに年収の3分の1を超える借入があるときには、たとえ中小でも貸出はしません。もし貸金業者が総量規制を超える融資を行うと罰則がありますし、最悪で業務停止命令が下る可能性もあります。そのため、どれほど小規模経営の業者であっても、総量規制は遵守しています。

2.信用情報に傷がある

大手と審査の基準が異なるといっても、延滞や債務整理など信用情報に傷がある場合には、中小であっても審査に落ちます。信用情報に傷がある人は返済能力がないとみなされるからです。たとえば以下の場合には信用情報に傷があるとみなされます。
・ローンなどの金融商品での延滞:目安として返済日から61日以上の延滞
・債務整理:任意整理、個人再生、自己破産などの手続きをすること
・金融商品への多重申込:目安として1ヶ月に3社以上の金融商品に申し込むと信用情報に記載される。

審査基準が独自の中小消費者金融

セントラル

大手で断わられた人で、「審査の甘い中小の業者はないのか」と探しているなら、まずはセントラルに申し込むことを検討してみましょう。「過去の延滞や強制解約などを理由としたブラック状態にある」「5年以上前に自己破産している」などの状況の人にとっては最優先に検討すべき業者のひとつです。
ネットの口コミ情報を総合すると、以下のような人がセントラルで審査通過しています。
・5年以内に任意整理をしている。
・過去に2ヶ月以上の延滞をしたことがある。
申込者の職業など属性にもよりますが、「ブラック状態だが、生活を圧迫するような高額な借入がない」という状態であれば充分に審査通過できる可能性があります。
中小の消費者金融にしては珍しく、カードローンタイプでの契約に対応しており、「限度額の範囲内で何度でも借りる」ことができます。ローンカードが発行され、全国のセブン銀行ATMで利用することができます。
・セントラルの基本情報

金利

~18.0%

限度額

10万円~300万円

審査スピード

最短即日

融資までの時間

最短即日

申込条件

・20歳以上
・定期的な収入と返済能力を有する人

エイワ

かなり状況の悪い人でも審査通過した事例が多いのがエイワです。「他社延滞中」「他社の借入を踏み倒している最中」「個人再生から1年経っていない」などの信じられないような状況の人でも借りることができたという口コミ情報が寄せらています。利用者が置かれている状況は、他の街金に比較しても相当悪いものです。
エイワは契約のために店舗への来店が必須です。店舗の所在地は公式ホームページで確認しておきましょう。北海道札幌市や宮城県仙台市、新潟県新潟市など各地に支店を展開しています。
来店が必須ですが、エイワにはネットで名物と言われている「対面審査」があります。対面審査では、「どうしてここまでになったのか」「他はいいからエイワにだけは返済してくれ」などと説教されるという話は非常に有名です。
説教されることなく借りられたという報告もあり、申込者の属性や審査担当者にもよると思われますが、それにしても各地に支店があって説教に関する報告は絶えないことから、エイワの独自の方針と考えられます。
・エイワの基本情報

金利

17.9507%(10万円以上)
19.9436%(10万円未満)

限度額

1万円~50万円

審査スピード

最短30分程度

融資までの時間

最短1時間程度(来店必須)

申込条件

・20歳~79歳
・定期的な収入と返済能力を有する人

AZ

「中小の業者にも断られた。もう闇金に行くしかない」という状況でも借りられるとして知られるのがAZです。かなり属性や信用情報において悪い状況でも借りられると言われており、ネットでは「神金融」などと呼ばれることもあります。
京都府知事の営業許可を取得しており、貸金業協会にも加入している正規の業者ですが、「街金」の審査にも落ちてしまうような状況であっても多くの審査通過事例が報告されています。闇金一歩手前の人におすすめできる業者です。
実際の口コミ情報でも「セントラルに落ちた後審査に通った」「免責(自己破産のこと)が下りたばかりで2社に否決された後に審査に通った」「個人再生の弁済中で可決が出た」など、数多くの可決報告があります。
審査の基準については、まったく推測できない業者でありながら、ネットでの可決報告が多いという特徴があります。
さらに、「来店なし・郵送物なし」での契約にも対応しており、中小の業者でも使いやすいと言えるでしょう。書類提出はスマホで撮影した写真の提出で済みます。
・AZの基本情報

金利

7.0%~18.0%

限度額

1万円~300万円

審査スピード

最短30分

融資までの時間

最短即日

申込条件

記載なし(20歳以上の収入のある人と推測される)

キャネット

キャネットは北海道や関西、九州、東北などに支店を展開する消費者金融グループです。いずれも、かなり悪い状況でも審査に通過する事例が報告されていますが、関東地方からでも申し込みできる「北海道キャネット」は「業界内で最も審査基準が低い」と言われるほどです。
キャネットは正規の消費者金融ですが、近年ではキャネットを名乗る違法業者が存在していることが報告されており、申し込みでは充分な注意が必要です。
どのキャネットであっても、審査基準は独自です。「最も甘い消費者金融」「延滞中でも借入できる」などといった口コミ情報は非常に多く寄せられています。
審査時間は非常に短いですが、インターネットでの契約に対応していません。そのため、即日で借りるには来店が必須です。近くに支店がないというケースでは、契約のために郵送によるやり取りが必要になります。そのため、融資までに1週間ほどかかることがあるので注意しましょう。
・キャネットの基本情報

金利

15%~20%

限度額

5万円~50万円

審査スピード

最短15分

融資までの時間

最短即日(来店の場合)

申込条件

20歳以上の収入のある人

スペース

すでに総量規制ギリギリにまで借入していて、さらにどこかの業者から借りないとやっていけないという状況で役立つのがスペースです。金融履歴において問題があり、さらに多重債務であるというときに「おまとめローン」として使うことができます。ネットでは「おまとめローンの神金融」と言われることもあります。
大阪府堺市にある中小の業者ですが、全国からネットで申し込むことができます。ただし、遠方からの申し込みのときには融資実行までに通常でも1ヶ月以上の時間がかかります。とはいえ、「スペースでしかおまとめローンを使えない」という状態もあり得ます。
口コミ情報では、「総量規制に達している7社の借入をまとめることができた」「債務整理したのに複数の業者でお金を借りていた。それでもスペースでおまとめローンを組むことができた」「審査が甘いと聞いていた業者の審査に落ちたが、スペースでまとめることができた」などという報告が寄せられています。
そういった良い口コミ情報でも、ほぼ必ずと言っていいほど「審査にとにかく時間が掛かる」という内容が付きます。審査の基準は独自のもので、なかには「闇金から抜け出せるきっかけになった」という報告もあります。
・スペースの基本情報

金利

8%~18%

限度額

最高500万円

審査スピード

最短即日

融資までの時間

最短即日(来店の場合)

申込条件

18歳以上の安定した収入と返済能力を有する人

まとめ

中小の消費者金融だからといって、必ずしも審査に通るとは限りません。特に総量規制を超える借入はできないので注意しましょう。信用情報に多少の問題があるとしても、なるべく貸す方向で考えてくれるのが中小のメリットです。