MENU

クレジットカードの審査に受かるには?審査に通るコツを解説

 

「クレジットカードを作りたいけど、審査に通るかどうか心配だ」「クレジットカードの審査に受かるコツはないのか」などと思っている人は多いでしょう。
しかし、クレジットカード会社は審査の基準を公表していないため、「こうすれば絶対に審査に受ける」と言える条件はありません。
審査で見られるポイントを抑えて対策することは可能ですので、しっかり確認しておきましょう。

自分が審査に受かるクレジットカードに申し込もう

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

1.申込書の不完全
カード会社は不自然な申し込みに敏感です。
というのも、反社会的勢力の排除は国家的な使命とされており、こういった勢力に属する人にクレジットカードを作らせるわけにはいかないからです。
そのため、不自然に複数のカードを申し込むと疑われますし、申込書の内容に整合性がないときにも審査には落とされます。
2.多重債務
多重債務などの疑いがある場合にも、審査には落とされます。
すでに他社から多くの借入があって、今後の返済が見込めないとカード会社が判断したときには審査に落とされます。
カード会社は個人信用情報機関に加盟しており、個人の借入状況を把握できる状態にあります。
審査のときに、他社からの借入が収入に見合わないほど多いと判断されたときには、申し込みは断られます。
3.カードの顧客層と一致しない
クレジットカードにはそれぞれに、「カード会社のポリシー」があります。
たとえば、クレジットカードのなかにはステータスを重んじてパートやアルバイトの申し込みを歓迎しないところもあります。
無理にステータスのあるクレジットカードに申し込んでも良い結果は得られません。

パターン別のおすすめ

1.年収が低い
年収が低いからといって、すぐに審査落ちさせるとは限りません。
カードによっては低収入でも審査に通るケースはいくらでもあります。
申込条件に「パート、アルバイトでも申し込めます」と明記されているものは低収入でも審査に通る可能性があります。
「フリーターの方もお申し込みいただけます」「学生でも収入がある方は申込可能」などとホームページに記載されているカードは、審査ハードルが低めのカードと言っていいでしょう。
2.主婦
自身に収入がない「専業主婦」の場合には、クレジットカードを作るのも簡単ではありません。
申込条件に「専業主婦の方でもお申し込みいただけます」と明記されている場合には、配偶者に収入があれば審査に通る可能性があります。
特にスーパーマーケットやデパートなどが発行しているクレジットカードには専業主婦でもOKというカードが多くあります。
3.非正規
非正規雇用の人でもクレジットカードの審査には通ります。
自営業者や個人事業主であっても、働き方だけで審査に落とすということはありません。
ゴールドカードなどのステータス性のないカードで、「アルバイトの方でもお申し込みいただけます」などと記載されているときには、非正規社員でも充分に審査に通過できる可能性があります。

カード会社と審査の特徴

クレジットカードの審査基準は外部に流出することがない情報ですが、カードによって審査の厳しさが違うのは良く知られています。
一般的にクレジットカードには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード」の4つのランクがあります。後者にいくほどランクが上がります。
また、発行主体が銀行のカードは一般的に審査は厳しめで、信販会社や消費者金融系のクレジットカードはそれよりはハードルは低くなる傾向があります。
・発行主体ごとの審査の特徴

発行主体

代表的なカード

審査の特徴

銀行

・MUFGカード
・三井住友カード

・審査は厳しめ
・銀行の顧客には優しい
・銀行系でカードを作れない人向けに信販系や消費者金融系のカードがある

信販系

・JCBカード
・オリコカード

・多くの提携カードがあり、審査ハードルはやや低め
・提携カードも審査基準は緩め

流通系

・イオンカード
・エポスカード
・楽天カード

・一般消費者が対象
・女性にも作れる
・審査は比較的通りやすい

消費者金融系

ACマスターカード

通常のカードより作りやすい

クレジットカードの審査に通るコツとは

申込書は正しく書く

カード会社は、不正にカードを作られることがないよう細心の注意を払っています。
不正カードや不正使用による被害は毎日のように発生しているため、カード会社は個人情報をチェックして、嘘の情報でカードを作っていないかどうかを厳しく調査しています。
そのため、申し込みのときに送信・郵送する書類については正しい情報を書くように心がけましょう。
自分では嘘をついたつもりがなくても、正しくない情報を記載してしまうと「虚偽申告」とみなされて審査には通りません。
たとえば審査に通りやすくなるかもしれないと思って年収を多めに書いたり、他社からの借入額を少なめに申告したりするのは厳禁です。
また、数字の入力・記入間違いは非常に多いことが報告されています。
年収を一桁間違えて申告すると、単なる間違いとしても虚偽とみなされる恐れがあります。正しい情報をいったんメモ書きして、それを見ながら間違いがないように記入しましょう。

短期間に複数のカードに申し込まない

ユーザーがクレジットカードを利用したとき、カード会社からすると、品物やサービスの代金の支払を代行したことになります。
そのため、後からカード会社に利息付きで返済してもらわなければなりません。

もし、貸したお金を回収することができず、損失になってしまったらカード会社は利益を失います。


このような事態を「貸し倒れ」と呼んでおり、カード会社が最も恐れる状況です。
そのため、多重債務の疑いのある人のカード発行は見送られます。
また、複数のカードを短期間のうちに申し込むと、「資金繰りに困っている人」と疑われて審査で落とされるので充分に注意しましょう。
なかには、「たくさん申し込んだら1件くらいは審査に通るだろう」と思って複数の会社に申し込みをする人もいますが、これは逆に非常に不利です。
クレジットカードの内容や申込条件を良く確認したうえで、自分なりに選んで1件ずつ申し込みましょう。
クレジットカードの申し込み履歴は信用情報機関に6ヶ月間保存されます。

もし1件の申し込みで審査落ちしたら、次の申し込みは6ヶ月目以降にしましょう。

キャッシング枠は少なめに

クレジットカードの申し込みをするときに、キャッシング枠の希望を出すことがあります。
キャッシング枠は「現金の借入」です。

クレジットカードを使っていて、そのカードが使えない商品を購入したいときに使うための現金借入枠です。


クレジットカードの本体はショッピング枠で、キャッシング枠はあくまで付帯サービスです。
とはいえ、このキャッシング枠は貸金業法が適用されるもので、申し込むと審査は厳しめになってしまう可能性があります。
そのため、単にショッピングやサービス利用代金などでクレジットカードを作りたいというケースでは、キャッシング枠をなるべく少なく申告しましょう。
もし審査通過だけを狙っているなら、最初からキャッシング枠はゼロで申告すると審査に通りやすくなります。

クレジットヒストリーを積む

今までに1回もクレジットカードやローンの利用実績がない人のことを「スーパーホワイト」と呼びます。

こういった人は、金融の利用履歴がまったくありません。


個人信用情報機関という利用履歴を保存するところにまったく履歴がないので「スーパーホワイト」という言い方をします。
今までに何も利用していないのだから、審査に通りやすいだろうと思う人も多いですが、実際にはまったく逆です。
ある程度の年齢なのに1回もクレジットカードを利用したことがないというのは、クレジットカードの審査では不利になるので注意が必要です。
というのも、スーパーホワイトの人の信用情報は、多重債務などによって自己破産した人と見分けがつかないからです。
債務整理を行うと5年から10年ほどクレジットカードを利用できません。

その期間が過ぎると事故情報が削除されます。


このとき、スーパーホワイトと同様に金融の利用履歴がまったくない状態になります。
20代のスーパーホワイトは、クレジットカードを作ったことがなくても不思議はありませんが、30代以降の人は審査に影響する可能性があります。
もし30代以上で今までに1回もクレジットカードを作ったことがないという場合では、主婦やパートなどの人でも申し込むことができるクレジットカードを選んだほうが無難です。

自分に合ったカードを選ぼう

クレジットカードは、それぞれに対象とするユーザー層を想定しています。
同じカード会社が何種類ものカードを発行しているのは、ユーザー層に合わせたサービスを提供するためです。
スーパーマーケットチェーンが発行するカードならメインユーザーは主婦層であり、ゴールドカードなら高所得のビジネスマンでしょう。
カード会社が想定しているユーザーとマッチしていないカードに申し込むと、「このカード向きの人ではない」とみなされて審査に落とされることがあります。
特にステータスが高めのカードや銀行系のカードなどで注意しましょう。
カード会社が想定しているユーザー層を知るには、そのカード会社のホームページを見てみるのが最も良い方法です。
たとえば「よくある質問」のページは見過ごされがちですが、そのカードのコンセプトが良く分かるので、申し込む前に必ず見ておくことをおすすめします。
こういった質問ページに「主婦やパートでも申し込めますか」という質問があって、「主婦やパートの方でもお申し込みいただけます」などと記載されていれば、審査ハードルは低めと判断できます。
また、申込条件に年収の記載があるときには、その年収ギリギリだと審査では不利というケースが多いと言われています。

クレジットカードの審査の流れ

個人情報の何を見ているのか

クレジットカードの申し込みでは、申込書や申込フォームに数多くの情報を書き込む必要があります。
審査ではそういった情報を数値化して「スコア」として集計し、スコアが基準以上であれば審査は可決、基準未満なら否決とします。
このような審査をスコアリング審査と呼んでおり、多くのクレジットカード会社で採用されています。
申込時に提示する情報のなかでも、審査に重視されるポイントは以下のような部分です。
・雇用形態
雇用形態は、公務員や正社員など安定しているほどスコアは高くなります。
会社員なら上場企業や大手企業のほうがより信頼性は高いとされます。
その逆に、自営業や契約社員、パートやアルバイトなどは収入が不安定なのでスコアは低めに出ます。
・勤続年数
勤続年数は長いほどスコアは高く出ます。
もし、勤務しはじめたのが「4月」なら「翌年の3月」はまだ11ヶ月目です。
4月になれば「勤続年数1年」となり、スコアが高まります。

あと少しのところで年数が上がるなら、そこまで待ってから申し込みましょう。


・年収
年収は金額も大事ですが、実際には「安定性」が重視されます。
同じ年収で大手企業の正社員とフリーランスがいた場合には、大手企業の正社員のほうが安定しているとみなされます。
・居住
居住形態は賃貸よりも持ち家のほうがスコアが高くなります。

このとき、「持ち家」と言っても所有者でなくても構いません。


親が買った自宅に住んでいる独身者は、家賃を支払う必要がないため、スコア上は有利です。

また、持ち家や居住年数が長い人ほど借金逃れしにくいので、スコアは高めに出ます。

信用情報の閲覧

個人情報を元にしたスコアリング審査とほぼ同時に、信用情報に関する調査が行われます。
個人の信用情報は日本に3つある「個人信用情報機関」に保管されています。

ここに情報を照会して閲覧して審査を行います。


申込時に「個人情報に関するお願い」などと記載された申し込みボタンがありますが、ここには「審査のために個人信用情報機関にアクセスすること」を許可するという内容が含まれます。
それに同意しない限り、審査は受けられません。
個人信用情報機関が保存・管理している情報は主に以下のようなものです。
・カードやカードローンなどの申し込みや発行に関する情報
・クレジットカードやカードローンの利用、返済に関する情報
・リボ払いやキャッシングの借入残高
・延滞情報や債務整理に関する事故情報
もし事故情報があると、クレジットカードを新規で作ることは困難です。
金融の利用で事故を発生させたということは信用力を失った状態を意味します。
延滞情報などが個人信用情報機関に残っている人が新規にクレジットカードを作ろうとしても、信用がないので審査には通りません。

「包括支払可能見込額」の調査

クレジットカードの新規申し込みがあると、カード会社では申込者の「包括支払可能見込額」という金額を調査することになっています。
これは2010年の「改正割賦販売法」に定められている工程で、省くことはできません。
包括支払可能見込額は以下のように計算されます。
・支払可能見込額=(年収などの収入-生活維持費-クレジット債務)×0.9
年収は自己申告によるものを採用します。
生活維持費は家庭によって差がありますが、通常は居住形態と世帯人数に応じて一定の金額を適用することになっています。
・生活維持費の金額

居住形態

世帯人数

4人以上

3人

2人

1人

持ち家住宅ローンなし
持ち家無しで家賃負担なし

200万円

169万円

136万円

90万円

持ち家で住宅ローンあり
持ち家なしで家賃負担あり

240万円

209万円

177万円

116万円

たとえば、年収が400万円でクレジット債務が30万円ある人が賃貸マンションで2人暮らしをしているとき、以下のように支払可能額を計算します。
・(400万円-177万円-30万円)×0.9=173.7万円
もしカードの限度額が173.7万円を超えているときには、新規のカードは作れません。

審査基準から見るおすすめのクレジットカード

消費者金融系のカード

審査ハードルの低いカードというなら、消費者金融系のカードが適しているでしょう。
ステータスにこだわりがなく、「とにかくクレジットカードが欲しい」というケースでは消費者金融系が発行するカードが適しています。

1.ライフカード

ライフカード株式会社が発行しているクレジットカードです。
申込条件は非常に簡単で、「日本在住の18歳以上」「電話連絡ができる人」となっています。
決済ブランドはVISA、Mastercard、JCBの3つから選択できkます。
JCBは「支払い能力重視型」で、VISAとMastercardは「短期間の多重申込がなければ審査で問題としない」という傾向があるので、VISAかMastercardが良いでしょう。

2.ACマスターカード

消費者金融のアコムが発行するカードで、「20歳から69歳の安定した収入がある人」であれば申し込みが可能です。
決済ブランドはMastercardのみです。
最短で即日発行ができて、審査に通れば土日祝日でも自動契約機の「むじんくん」でカードを発行できます。

ただし、毎月の支払いはリボ払いのみで、実質年率14%と少し高めなので注意しましょう。

流通系カード

デパートやスーパーマーケットチェーンなどが発行するカードを流通系カードと言います。
こういったカードも審査ハードルは低めですが、特に申し込みしやすいのは以下の2種類です。

1.ヤフーカード

ワイジェイカード株式会社が発行するクレジットカードです。
決済ブランドはVISA、Mastercard、JCBの3つから選択できます。
申込条件は「日本在住の18歳以上」「本人または配偶者に安定収入がある」「ヤフージャパンのIDを持っている」という3つです。
ヤフーIDのない人は、あらかじめ取得しておきましょう。

審査ハードルの非常に低いカードとして知られており、ヤフーがより多くの人にサービスを届けるためのカードという位置づけです。

2.セディナカードjiyu!da!

セディナカードも良く知られたカード会社です。
セディナも数多くのカードを発行していますが、なかでも「セディナカードjiyu!da!」は申し込みしやすいカードとして良く知られています。
申込条件は「18歳以上の電話連絡が可能な人」となっている点からも審査基準が分かります。
決済ブランドはVISA、Mastercard、JCBから選択できます。
独自の審査基準を設けており、収入よりも「セディナカードの利用率が高いかどうか」を重視して審査すると言われています。そのため、主婦や若い人でも比較的審査に通過できる傾向があります。

信販会社系カード

信販会社というのは、クレジットカードの発行を専門とする会社の総称です。
「販売信用」と呼ばれるサービスで、商品やサービスの代金を立て替えて支払い、利用者に後から請求することを専門としています。
審査基準は会社ごと、カードごとに異なっており、なかには厳しい基準を設けているものもありますが、以下の2種類は申し込みしやすいカードです。

1.VIASOカード

VIASOカードは三菱UFJニコス株式会社が発行するクレジットカードで、「審査に自信がない人向け」カードとしてしばしば取り上げられることがあるほど、審査ハードルが低めのカードです。
申込条件は「満18歳以上で電話連絡可能な人」となっており、基準がおおよそ分かります。
Web申し込みでは、運転免許証があれば即日審査で翌日に発行することも可能で、スピーディにクレジットカードを入手できます。
審査難易度はあまり高くないとされるカードですが、学生や主婦に対しては審査に1週間ほど要するなど、多少慎重な点もあります。

2.JCBカードR

JCBも数多くのカードを発行する信販会社です。
基準もカードごとにまちまちで、「どれを選んだら良いか分からない」という人も多いでしょう。
なかでも比較的審査基準が高くないと推測されているのが、「JCBカードR」です。
JCBがプロパーで発行している自社カードで、申込条件は「18歳以上で、本人または配偶者に安定した収入がある人」となっています。
審査には3日程度かかり、発行までは1週間程度が標準的です。
年会費は無料ながら、旅行傷害保険やショッピング保険が自動付帯してくる点はポイントが高いと言えるでしょう。

銀行系カード

銀行が発行するクレジットカードは全般的に審査は厳しめに出ます。
とはいっても、銀行という安心感やステータスは消費者金融などに比較しても高いと言えるでしょう。
どうしても銀行のクレジットカードが欲しいという場合には、以下のようなカードを狙ってみましょう。

1.三井住友カードRevoStyle

メガバンクの一角である三井住友銀行は、三井住友カードというカード会社を子会社として運営しており、人気のあるカードを数多く発行しています。
ただ、全体的に審査は厳しめで、正社員であっても審査に通過できないというのは珍しくありません。
そういったなか、「三井住友カードRevoStyle」は比較的審査に通りやすい傾向があります。
理由として挙げられるのは、リボ払い専用という点です。
リボ払いでは必ず手数料が発生します。

つまりカードを発行する側に確実な利益が上がることを意味します。


高い手数料を徴収するということは、その分だけリスクに対応していると考えられます。

そのため、リボ払い専用カードは審査ハードルを低めに設定しています。


三井住友カードRevoStyleの手数料は9.8%で、普通のリボ払いカードの手数料よりも低めの設定です。

2.キャッシュカード一体型

銀行系のクレジットカードには、キャッシュカード機能が付帯しているものがあります。
こういったクレジットカードはキャッシュカードとしても使えますし、デビットカードとしても使えるものが多い傾向があります。
このようなクレジットカードは他の銀行系クレジットカードよりも審査が通りやすい傾向があります。
特に、申込者が給与支払口座などに指定して「メインバンク」として使っている銀行なら、その銀行が発行する「キャッシュカード一体型」のクレジットカードは狙い目です。
対面で申し込むとなお審査に通過しやすくなると言われています。
キャッシュカード一体型クレジットカードには以下のようなものがあります。
・三菱UFJ-VISAゴールド<コンビタイプ>
・みずほマイレージクラブカード「セゾンSuica」
・りそなカード「セゾン一体型ICキャッシュカード」
・イオンカード「セレクト」
・楽天銀行カード

まとめ

クレジットカードは多種多様ですが、重要なのは「自分にあったカードを選ぶ」ことです。
まずはゴールドカードなどではなく一般カードから始めましょう。
自分のメインバンクの窓口で相談してみるのも良い方法です。