MENU

年会費無料・還元率で選ぶクレジットカード

 

クレジットカードのなかには持っているだけで年会費が毎年発生するものと、費用がまったくかからない無料のカードがあります。
年会費がかかるものは、その分サービスも充実していますが、サービスよりも年会費無料を重視する人も多いでしょう。
また、ポイントの還元率やポイントキャンペーンが充実しているかどうかもカード選びでは重要です。

高還元率で選ぶ年会費無料のおすすめクレジットカード

三井住友カード「ナンバーレス」

三井住友銀行は数多くのクレジットカードを発行しています。
VISAデビュープラスは学生向けカードとして高い人気があります。

年会費無料でポイント還元率の高いカードとして、三井住友カード「ナンバーレス」は信頼性の高さや他のクレジットカードよりもステータスが高いという点でおすすめできます。


クレジットカードには「初年度のみ年会費無料で、翌年から有料になる」「条件を満たした場合に初年度以降も年会費無料になる」カードもあります。
翌年度以降に無料になる条件が厳しいカードでは、無駄に支出が増える可能性もあります。
年会費有料のカードはステータスも高いですが、そのようなものにこだわりはないという人は年会費無料のカードで充分でしょう。
三井住友カード「ナンバーレス」は年会費が「永年無料」なので入会翌年度以降の会費を気にせずに済みますし、余計な支出をする必要もありません。
また、発行が非常にスピーディなのが特徴で、公式ページの「即時発行」ボタンからカードを申し込むと、最短5分ですぐに発行されます。
カードは申し込みした登録先に郵送されきますが、「Vpass」アプリ内でカード番号を確認できます。
そのため、ネットショッピングやグーグルペイ、アップルペイなどのスマホ決済を使った買い物をすぐにできるようになります。
【ポイント還元サービス】
・基本的な還元率は「0.5%」
・対象店舗を登録すると還元率は1%にアップ
・セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドの利用で「2.5%」還元
・上記店舗でのタッチ決済はさらに2.5%上乗せされて還元率」5%」
・三井住友カード「ナンバーレス」の基本情報

決済ブランド

VISA・Mastercard

対象者

満18歳以上(高校生除く)

年会費

永年無料(家族カード含む)

付帯保険

最高2000万円の海外旅行傷害保険

JCBカードW

JCBは非常に数多くのクレジットカードを発行している会社です。
日本発祥の決済ブランドでもありますが、近年では国際ブランドとして認知されており、他の多くの国でも使えるようになっています。
「JCBカードW」は、他社との連携ではない「プロパーカード」であり、信頼性が高く、サービスが充実しています。
通常のプロパーカードは高いサービスが提供される代わりに年会費が有料というケースが多く、たとえばJCBの一般カードは、初年度以降の会費無料には条件を満たす必要があります。
しかし、JCBカードWにはそうした条件がなく、「年会費が永年無料」です。
年間の買い物ノルマを果たさなくてもずっと会費はかかりません。

無駄に支出するという心配なく使えます。


注意したいのは「申し込み可能な年齢の上限が39歳」に設定されている点です。
利用期間が長期になる若年層を取り込むための戦略ですが、40歳を超えたからといって解約されることはありません。
あくまで40歳になるまでに申し込む必要があるだけで、いったん申し込んでおけば40歳を過ぎても解約しなければずっと使えます。
【ポイント還元サービス】
・JCB一般カードの基本還元率は「0.1%」だが、JCBカードWでは常に2倍
・スターバックスやセブンイレブンなど「JCBオリジナルシリーズパートナー」の利用で4倍~11倍のポイントを獲得できる
・ポイント優待サイト「Oki Dokiランド」経由で買い物すると、最大20倍のポイントを獲得
・JCBカードWの基本情報

決済ブランド

JCB

入会資格

18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続した収入がある人

年会費

永年無料(家族カード含む)

付帯保険

・最高2000万円の海外旅行傷害保険
・最高100万円のショッピング保険

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントは、国内信販会社大手のOricoが発行しているプロパーカードです。
「ザ・ポイント」という名称のカードで、まさに「ポイントをゲットするためのカード」となっています。
実際に、「高いポイント還元率を狙うならこのカード」と評価されており、とにかくポイントでお得にショッピングしたいという人にはおすすめできるカードです。
Oricoは信販会社の大手で、そのプロパーカードですので銀行系のカードと同様に信頼性が高いカードです。
年会費は永年無料で、買い物ノルマの達成などの会費無料制度はありません。
獲得したポイントはサービスの利用や商品にも使えますが、他のポイント制度やギフト券などと交換することが可能です。
【ポイント還元サービス】
・通常還元率は「1.0%」
・Orico会員のみ利用できる「オリコモール」で買い物すると通常の還元分1.0%にオリコモール利用分「最大15%」、特別加算「0.5%」が上乗せされる
・入会後6ヶ月間はポイント還元率が2%にアップ
・オリコ・ザ・ポイントの基本情報

決済ブランド

JCB・Mastercard

入会資格

原則として18歳以上

年会費

永年無料(家族カード含む)

付帯保険

なし

ヤフージャパンカード

ヤフージャパンカードは、eコマース事業を手掛けているヤフーが発行する流通系・ネット系カードです。
こうしたカードでは、発行元のサービスを利用する際に恩恵を受けられる点が長所です。年会費は永年無料で、買い物ノルマを気にせずに済みます。
一般に流通系カードは審査の難易度があまり高くなく、個人属性が弱めでクレジットカードの審査に通るか心配という人にもおすすめできるカードです。

審査スピードが非常に早く、最短2分で審査が完了します。


PayPay残高チャージに対応しており、国内有数のシェアのスマホ決済アプリにチャージできる数少ないクレジットカードです。
ヤフージャパンカードのPayPay登録は非常に簡単で、アプリ内のクレジットカード追加ボタンからカードを読み取るだけで完了します。
PayPay登録でヤフージャパンカード決済にするとPayPayボーナス0.5%~1.5%が付与されます。
【ポイント還元サービス】
・100円ごとに1ポイント
・ファミリーマートやツタヤなどの提携先でクレジットカードを提示すると利用金額に応じたTポイントが貯まる
・ヤフーが提供しているヤフーショッピングやLOHACOのサービスを利用すると、カード利用1%とサービス利用1%、ストアポイント1%が還元
・ヤフオクの商品代金をカード決済すると100円で1ポイント
・ヤフージャパンカードの基本情報

決済ブランド

JCB・Mastercard・VISA

入会資格

18歳以上で安定した継続収入があること

年会費

永年無料(家族カード含む)

付帯保険

最高100万円のショッピング保険

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスは、日本カードブランド大手のクレディセゾンが提供しているプロパーカードです。
銀行系のクレジットカードと同等に信頼性が高く、充実したサービスを受けることができます。
クレディセゾン系列のカードで有名なのは「永久不滅ポイント」です。

ポイントの有効期限がないので、貯めたいだけ貯めて一気に使うということも可能です。


ポイントはAmazonギフト券に交換できるほか、多彩な他社ポイントに移行させることが可能です。
デジタルカードに申し込むと、審査が完了したら最短5分でアプリ上にカードが発行されます。

スマホで当月の支払額の確認や支払い方法の変更なども可能です。


カードは「ナンバーレス」で、安全かつシンプルで美しいデザインになっています。
注意したいのは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレスは「条件付き無料」という点です。
といっても、「前年に1円以上のカード利用があれば翌年の年会費が無料」というに過ぎず、実質は維持費無料のカードと言っても差し支えありません。
【ポイント還元サービス】
・基本還元率は1000円につき1ポイントなので「0.1%」
・QUICPay加盟店でアップルペイ、グーグルペイ、QUICPayのいずれかを使うと利用金額んの3%程度の還元
・QUICPayは大手コンビニの他、スーパーマーケットなど多数の提携先がある
・セゾンパール・アメリカン・エキスプレスの基本情報

発行ブランド

American Express

入会資格

満18歳以上

年会費

初年度無料、毎年1円以上の利用で翌年度無料

付帯保険

なし

年会費無料のおすすめクレジットカード

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルはクレディセゾンが発行するクレジットカードです。
盗難や紛失、盗み見されてもカードの番号を知られることがないという物理的なセキュリティが充実した「ナンバーレスカード」を国内で初めて採り入れたカードです。
年会費は無条件で永年無料となっており、高校生でなければ18歳から利用できて、本人に収入のない専業主婦でも申し込めます。
幅広いユーザー層に向けたセキュリティの高いクレジットカードです。
セゾンカードといえば有名なのが永久不滅ポイントです。

有効期限のないポイントですので、「知らないうちに失効していた」ということは起こりません。


申し込みから最短5分でデジタルカードが発行されるため、「今すぐに利用したい」という人にもおすすめできます。
優待特典も豊富で、セゾンカードインターナショナルとセゾンパール・アメリカン・エキスプレスはクレディセゾンの「2大人気カード」として定着しています。
どちらの入会するかは悩ましいですが、両方とも不定期で入会キャンペーンを実施することがあります。キャンペーンの実施中のカードに入会するというのが賢いやり方かもしれません。
【ポイント還元サービス】
・基本の還元率は「0.5%」
・セゾンポイントモール経由で楽天やAmazonなどを利用するとポイント最大30倍
・セブンイレブン、イトーヨーカドーでの還元率「1.5%」
・セゾンカードインターナショナルの基本情報

発行ブランド

JCB、Visa、Mastercard

入会資格

満18歳以上

年会費

無料

付帯保険

月300円からの「Super Value Plus」で選択できる

エポスカード

エポスカードはマルイグループが発行するクレジットカードで、若い人に人気のあるクレジットカードです。
「初めて作ったカードがエポスカードだった」という人は数多くいます。
年4回マルイやモディで開催される「マルコとマルオの7日間」では多くの商品が10%オフになりますし、全国で1万店以上の店で優待サービスを受けることができます。
即日発行に対応している点もメリットでしょう。
申し込みした当日中にカードの利用を開始できます。最短で発行してもらうには、ネットで申し込みを済ませて審査が完了したところで、本人確認書類と引落口座のキャッシュカードを窓口に持参するとスムーズです。
即日発行ならマルイ店舗ですぐに使える2000円分のクーポンを受け取れます。

キャッシング機能を付帯させることもでき、最大で30日間金利ゼロというサービスもあります。


18歳以上の人が利用可能で、学生でも申込可能です。
また、年会費が無料なのに「海外旅行保険」が自動的に付帯します。
通常、年会費がかからないクレジットカードではこうした保険がつかないほうが多く、利用価値はあるでしょう。
【ポイント還元サービス】
・基本の還元率は「0.5%」
・電子マネーチャージ、固定費の支払いでも貯まる
・エポス会員限定の優待サイト利用で最大6倍
・エポスが運営する「たまるマーケット」経由で最大30倍
・エポスカードの基本情報

発行ブランド

Visa

入会資格

満18歳以上

年会費

無料

付帯保険

海外旅行保険(自動付帯)

dカード

dカードは、ドコモのユーザーでなくても利用できる年会費無料で高還元率のクレジットカードです。
ドコモユーザーなら、携帯電話料金を支払うだけで自動的に毎月ポイントが貯まります。
dポイントを使って電話料金を支払うことも可能です。

さらに、ドコモユーザーなら「Ponta」や「JALマイル」などに交換することもできます。


ドコモユーザーでなくても発行でき、複雑な仕組みや機能がないためシンプルで使いやすいクレジットカードです。
「クレジットカードを使いたいだけで、余計な機能は必要ない」という人にはおすすめのカードです。
回線がドコモであるかどうかに関わらず、街中の「dポイント加盟店」やネットショップの「dケータイ払いプラス加盟店」で原則1%の還元率でポイントを貯めることができて、使うことも可能です。
【ポイント還元サービス】
・還元率「1.0%」
・メルカリなら200円ごとに2.5%、スターバックスなら100円ごとに4%、ビッグエコーなら100円ごとに3%など高還元率になる店舗がある
・dカードの基本情報

国際ブランド

Visa、Mastercard

入会資格

満18歳以上

年会費

無料

付帯保険

・dカードケータイ補償
・お買物あんしん保険

楽天カード

多くのユーザーが愛用していることで知られる楽天カードは、年会費無料でポイント還元率も高いクレジットカードです。
楽天市場など楽天グループのサービスを利用する人にとってお得なサービスが多く、「楽天グループを使えば使うほど特典がもらえる」システムになっています。
対応しているスマートフォンがあればタッチ決済やQRコード決済なども使うことができますし、楽天Payや楽天Edyも使えて、そういった決済でもポイントが貯まります。
アップルペイやグーグルペイにも対応しているので、スマホアプリの決済やアプリ内課金の決済にも便利に使うことができます。
【ポイント還元サービス】
・100円で1ポイント(還元率1%)
・楽天カードで決済するとプラス2%
・楽天市場アプリから買物するとプラス0.5%
・楽天銀行からの引落でプラス1%
・楽天モバイルの通話SIMを利用するとプラス2%
・条件をすべてクリアすると最大で還元率16%
・楽天カードの基本情報

国際ブランド

JCB、Visa、Mastercard、American Express

入会資格

満18歳以上

年会費

無料

付帯保険

海外旅行保険

高還元率カードの選び方

自分の生活スタンスに合わせる

高還元率のクレジットカードを使うメリットは簡単で確実にポイントを得られる点です。
ポイント還元率が1%のカードで10万円を支払うと、必ず1000円分のポイントが貯まります。
また、小銭を用意する必要もなく決済が簡単になり、リスクも減ります。
ただし、選ぶ際には「多くのカードを使い分ける」という使い方をするのか、それとも「最高還元率を狙って1枚か2枚に絞る」のかという点を良く考えましょう。
最高還元率を目指すのであれば、良く利用する店舗やサービスごとに高い還元率を得られるカードを選ぶことが大切です。
たとえば、楽天グループのサービスを良く利用するのであれば楽天カードが向いていますし、コンビニを良く利用するならクレディセゾン系のカードが向いています。
まずは自分の生活スタンスと照らし合わせて、どのカードが最も還元率を高く得られるのか考えてみましょう。

電子マネーチャージカードを上手に使う

電子マネーは年々生活に浸透しつつあり、多くの人が利用するようになっています。
ポイント還元率を最大限に活かすなら、電子マネーとの相性も良く考えておくと効率よくポイントを貯められます。
Suicaやnanaco、楽天Edyなどの電子マネーのチャージ用のクレジットカードを選ぶなら、チャージと支払いでどの程度のポイントを得られるかチェックしておきましょう。
前払い式の電子マネーはクレジットカードからのチャージを支払いでポイントを2重に取れて、通常のクレジットカード決済よりもお得になります。
普段から使っている電子マネーはオートチャージ機能に対応しているとクレジットカードと組み合わせることでチャージの手間を省けて利便性が上がります。

クレジット機能付きカードの使い方

1.コンビニ・スーパー用カード

WAONカードやイオンカードなどのスーパーマーケットが発行するクレジットカードも、使い方次第では効果を発揮します。
こういった流通系のクレジットカードでは、普段利用しているお店の系列店提携のカードを選びましょう。
コンビニもクレジットカードを発行しており、こういったカードはほとんどが年会費無料で、利用する店舗の分だけも作っておくと良いでしょう。
ポイント還元率は一見すると高くありませんが、ボーナスポイントやキャンペーン、駐車場代金の無料サービスなどを活用するとポイント還元以上にメリットを得られます。

2.交通系クレジットカード

通勤や通学でSuicaやPasmoを使っているなら、ICカードとクレジットカードの一体型のカードを使うことを検討してみましょう。
たとえばビックカメラSuicaカードならチャージで1.5%の還元があります。

3.ネット通販カード

ネット通販に特化した公式カードも便利です。
たとえば楽天市場なら楽天カードを使うだけでポイントが通常の3倍になります。Amazonも専用カードを発行しており、高還元率を狙えます。

4.提携カード

家電量販店やデパート、ショッピングモールなどで買物する機会が多いなら、それぞれの店舗に特化した提携カードを作るのも良い方法です。
ヨドバシの「ゴールドポイントカード」など、特定店舗やグループと提携しているカードは使う場所は限られますが、使い方次第で高い還元率を得られます。

④ポイント有効期限に注意

クレジットカードのポイントは平均1年から3年の有効期限が設定されており、そのまま放置していると消滅してしまいます。
高還元率のクレジットカードほど貯めたポイントはすぐに消滅するケースが多いので、無駄にしたくないところです。できれば有効期限が長いカードを選ぶのが賢い選択です。
・高還元率カードと有効期限

クレジットカード

還元率

有効期限

セゾンパールアメリカンエキスプレス

0.5%~3.0%

無期限

JCBカードW

1.0%~10.0%

24ヶ月

楽天カード

1.0%~3.0%

12ヶ月

オリコ・ザ・ポイント

1.0%~2.0%

12ヶ月

楽天カードやオリコ・ザ・ポイントは高還元のクレジットカードとして知られていますが、実は有効期限は1年しかありません。
「貯めるだけ貯めて一気に使う」のも良いですが、有効期限には充分注意しましょう。

まとめ

高還元率・年会費無料というクレジットカードはたくさんあります。
自分のライフスタイルに合わせて選びましょう。
悩んだら、「いつも使っている店舗」「良く使うサービス」から見て高還元率になるカードを選ぶと良いでしょう。
使い方次第では交通系カードや流通系カードのほうが高還元になることもあります。