MENU

キャッシングできるクレジットカード|目的別のおすすめカード

多くのクレジットカードには「キャッシング機能」が付帯されています。
クレジットカード会社からすると、「もし現金払いしか受け付けないお店でもショッピングができるように」という意味合いのサービスです。
「一時的な借入」として使う分には良いですが、金利が若干高めというデメリットもあります。

とはいえ、キャッシング機能付きクレジットカードは1枚持っていると何かと便利です。

クレジットカードのキャッシングについての基本知識

クレカにはショッピング枠とキャッシング枠がある

一般的に「キャッシング」とは、クレジットカードの付帯機能として「現金をATMなどから借りることができる」というものです。
現金の支払いをしなければならないのに「持ち合わせがない」といったとき、すぐに現金を用意するための機能です。
キャッシングには借りられる上限金額があり、手数料も発生します。

手数料はカードローンにおける「利息」とほぼ同義で、後払いにした分のお金に金利を付けて返済する必要があります。


このキャッシングを使うにあたっては、「クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠」を理解しておきましょう。

2つの枠は別のものとして設定されますが、ほとんどの場合で連動しています。


たとえば、ショッピング枠が50万円でキャッシング枠が20万円というクレジットカードがあるとき、クレジットカードで5万円キャッシングすると、ショッピング枠も5万円差し引かれて利用できる残高は45万円になります。
また、50万円のうちショッピングで40万円を使うとキャッシングで借りられる金額は10万円となります。

キャッシング利用で確認しておきたいこと

「キャッシングを利用してお金を借りたい」と思っても借りられないこともあります。
たとえば、そもそもクレジットカードにキャッシング枠が設定されていないとお金を借りることはできません。

クレジットカードを申し込んだときにキャッシング機能を付けることを希望していなければ、そのカードからお金を引き出すことは不可能です。


申し込みのときにキャッシング枠を希望すると、年齢や収入などの個人属性を審査されて、利用枠が決定されます。

もし、カードにキャッシング枠が付帯していなければ、カード会社に申請して審査を受ける必要があります。


審査を受けたうえで、定められた限度額の範囲内でお金を借りられるという点で、クレジットカードのキャッシングは、カードローンと良く似ていますが、厳密には異なるものです。
クレジットカードのキャッシングは、カードでローンを利用するためのもので、カードローンはローン専用カードを利用したサービスです。

どちらもお金を借りる点では同じですが、キャッシングの限度額は数万円から数十万と小さい設定です。


カードローンは「お金を貸す」ことに特化していますので、限度額を高めに設定してもらうこともできますし、金利もキャッシングよりも低くしてもらうこともできます。

キャッシングで現金を引き出す手順

キャッシングを利用するには、カード会社と提携している金融機関のATMやコンビニのATMなどを利用します。
一般的には以下のような手順でお金を引き出します。
1.ATMのメニューから「お引き出し」を選択する。
2.クレジットカードを挿入する。
3.暗証番号を入力する。
4.「お借入れ」を選択する。
5.返済方法を選択する。通常は「1回払い」または「リボ払い」から。
6.借入金額を入力する。
この手順で、ATMから現金が出力され、利用明細書が発行されてカードが返却されます。

ATMの利用手数料では通常、「取引金額1万円未満:110円・取引金額1万円以上:220円」の手数料がかかります。


返済方法はショッピングの利用と同様に引き落とし日に返済する方法もあれば、ATMを使って随時返済する方法もあります。

引き落としでの返済では、引き落とし日までに口座にお金を準備しておく必要があります。

クレカのキャッシングのメリット・デメリット

1.メリット
通常、ローンなどでお金を借りるにあたっては、返済が滞ったときに備えて担保や保証人を用意します。
たとえば、自動車ローンでは購入した自動車は「ローンの支払いができなくなったときの担保」です。
しかしキャッシングでは、申し込みの段階で「安定した収入がある」「過去に金融利用で返済のトラブルがない」などを確認しているため、担保なし・保証人不要で融資を受けることができます。
また、ローンは申し込みから融資まで数日から数週間かかりますが、キャッシングはカードに付帯していればすぐに借りられますし、現在持っているカードに申請すれば早ければ即日で融資を受けられます。
また、返済をしっかり実行していれば、事前に決められた上限金額の範囲内で何回でも融資を受けられます。
2.デメリット
キャッシングは気軽に利用できて、返済をしっかり行っていれば何度でも借りることができるので、必要以上に借りてしまう可能性もあります。
限度額いっぱいにまで借りて、増枠してはまた借りるという事態にならないように注意しましょう。
また、一般的に「カード」全般に言えることですが、紛失・盗難にも注意が必要です。

悪意のある他人に不正利用される可能性があります。


不正利用されたときに、ショッピング枠の場合には補償は手厚いですが、キャッシング枠の場合には充分な補償が受けられないこともあります。
また、クレジットカードのキャッシングは金利が高めの設定になっています。

あくまで「一時しのぎ」とわきまえて、返済期間が長引かないようにしましょう。

キャッシング機能付きクレカを初めて作る人におすすめ

定番の銀行系クレジットカード

楽天カード

機能性の高いクレジットカードを手軽に持ちたいという人におすすめなのが楽天カードです。
大きなメリットはポイントサービスが充実している点で、審査のハードルも高くないですし、楽天でのショッピングや旅行、モバイルなど系列のサービスを併用することでポイントがみるみるうちに貯まっていきます。
貯めやすく使いやすい便利なクレジットカードです。
キャッシングはスマートフォンでもパソコンでも簡単に申し込むことができて、設定は変更は会員サイトの「楽天e-NAVI」で簡単な確認で済みます。

クレジットカードとしての機能もサービスが充実しています。


・楽天カード「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

18.0%

キャッシング限度額

100万円まで

申込資格

18歳以上(高校生除く)

特典

・年会費無料
・セキュリティ対策
・優待サービス

三菱東京UFJ-VISAカード

「三菱東京UFJ-VISAカード」は、メガバンクの一角である三菱UFJ銀行が提供するクレジットカードですので、安心感があります。
「POINTO名人ドットコム」というポイントプログラムがあり、貯まったポイントは楽天市場やAmazon、ヤフーショッピングなど多くの通販サイトで使うことができます。

キャッシュバックを選ぶことも可能です。


年会費は利用金額にかかわらず無料で、利用実績を蓄積すればゴールドカードにもステップアップすることも可能です。
・三菱東京UFJ-VISAカード「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

14.95%~17.95%

キャッシング限度額

50万円まで

申込資格

満20歳以上で、安定した収入のある人

特典

・年会費無料

三井住友カード

メガバンクの一角である三井住友銀行が提供するベーシックなクレジットカードが「三井住友カード」です。

利用者が非常に多く、信頼性が高いカードとして定着しています。


18歳から25歳の人には、このカードの若年層向けカード「三井住友カード・デビュープラス」がおすすめです。
年会費はインターネット入会で初年度無料ですが、2年目から年間1375円かかります。

ただし、「マイ・ペイすリボ」会員として登録し、毎月の支払いをリボ払いにすると、年間の利用金額に応じて年会費が半額または無料となります。


契約当初の総利用枠が80万円に設定されることが多く、キャッシングの限度が決められるので、使いすぎのリスクを軽減できます。
・三井住友カード「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

18.0%

キャッシング限度額

50万円まで

申込資格

満18歳以上(高校生除く)

特典

・初年度年会費無料

大手信販会社系クレジットカード

ライフカード

サービスが充実していながら、年会費が無料のクレジットカードとしておすすめできるのが「ライフカード」です。

銀行系のカードからすると、ステータス性は劣るかもしれませんが、高機能のカードです。


キャッシングは全国のATMやインターネットから24時間借入が可能で、最大で限度額を200万円にまで設定できる点、海外のキャッシングにも対応していて国ごとに外貨を両替する手間を省ける点など、強力なサービスが付帯します。
誕生月の利用ではポイントが3倍、ライフカード専用のオンラインショッピングモール経由の買い物で最大25倍のポイント付与などの特典も付帯します。

加盟店も多く、ネットでの買い物で不自由することはないでしょう。


・ライフカードの「キャッシングサービス」基本情報

キャッシング利率

18.0%(100万円以上は15.0%)

キャッシング限度額

200万円まで

申込資格

満18歳以上(高校生除く)かつ電話連絡が可能な人

特典

・年会費無料

JCBカードW

大手信販会社のJCBが発行するベーシックカードが「JCBカードW」です。
JCBは数多くのカードを発行しており、自分向きのものを選ぶのは難しいと感じることもあるでしょう。

もし迷ったら「W」を選んでおけば間違いありません。使いやすく、券面も高級感があって無難なカードです。


年間に数多くのキャンペーンを実施しており、たとえば「Amazon利用でポイント30倍」などお得に買い物できる特典を実施します。
アップルペイやグーグルペイにも対応しており、セブンイレブンやファミリーマートでの買い物で20%のキャッシュバックが実施されます。
申し込み資格は「39歳まで」となっていますが、いったん加入しておけば39歳を超えても利用できます。

また、利用実績を蓄積すればステータス性の高いカードへの乗り換えもできます。


・JCBカードW「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

15.0%~18.0%

キャッシング限度額

1万円~100万円

申込資格

18歳~39歳

特典

・年会費永年無料

セゾンカードインターナショナル

大手信販会社クレディセゾンが発行するベーシックなカードが「セゾンカードインターナショナル」です。
クレディセゾンも多彩なカードを発行しており、迷ったらこのカードを選んでおくのが無難でしょう。
クレディセゾンは全国に「セゾンカウンター」という窓口を設置しています。

Webから申し込んで審査通過したらセゾンカウンターに行くという流れで、申し込み当日中にカードを受け取ることができます。


学生でも専業主婦でも申し込みが可能という対象の広さが特徴です。
キャッシング枠は最大50万円までで、利率は18.0%と高めですが、海外での利用も可能という場所を選ばない万能のカードとして定着しています。

入会費・年会費はまったくかからないですし、ポイントに有効期限がないというメリットがあります。


・セゾンカードインターナショナル「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

18.0%

キャッシング限度額

50万円まで

申込資格

・18歳以上(高校生除く)で連絡が可能な人
・提携金融機関の決済口座を持っている人

特典

・年会費永年無料

流通系クレジットカード

イオンカードセレクト

イオンは、ショッピングモールを中心に映画館から銀行、ネット通販サイトまで幅広く運営する巨大企業です。
こういったイオン系列店舗のユーザーにおすすめなのがイオンカードセレクトです。
イオンが提供する「ときめきポイント」「WAONポイント」の両方が貯まるカードです。

「お客様感謝デー」には買い物代金が5%off、イオンシネマでの映画鑑賞割引などお得なサービスが満載で、「割引で買えるものは何でも割引で」という人におすすめできます。


また、キャッシングの最低利率が7.8%と低めの設定なのもメリットです。

イオン銀行のATMを使うと1000円単位で借入が可能で、最大利用枠も300万円と高額です。


・イオンカードセレクト「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

7.8%~18.0%

キャッシング限度額

300万円まで

申込資格

18歳以上(高校生除く)で連絡が可能な人

特典

・年会費無料
・お客様感謝デー優待
・イオン系列店優待

ファミマTカード

ファミリーマートを良く使う人におすすめなのがファミマTカードです。
ファミマと言えば応用範囲の広い「Tポイント」で有名ですが、このカードを普段通りに使うだけでTポイントがどんどん貯まっていきます。

ファミリーマートでファミマTカードを利用して決済すると200円ごとに最大4ポイントが貯まります。


ファミマペイをカードでチャージすると、チャージ金額の0.5%のボーナスが還元されます。
トラベルサービス利用での割引やレンタカー割引、TSUTAYAでのレンタルサービスを追加できて、会員専用のネットショッピングモール経由でさらにポイントが貯まります。
キャッシング枠は最大150万円までと高めの設定で、コンビニATMだけでなくネットや電話で簡単に手続きできます。
・ファミマTカード「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

14.95%~17.95%

キャッシング限度額

150万円まで

申込資格

18歳以上(高校生除く)

特典

・年会費無料

エポスカード

若年層向けのファッションビルとして有名な「マルイ」が発行するカードが「エポスカード」です。
申し込みのハードルが非常に低く、学生にもおすすめできるカードです。

「初めて持ったクレジットカードがエポスカードだった」という人は非常に多く、初心者にも使いやすい点がおすすめです。


初めてのキャッシング利用なら最大30日間金利がゼロになるというサービスも提供しています。

借入や返済でATMの手数料がかからないので、なるべく経費を節約して借りたい人にうってつけでしょう。また、エポスカードのATMを利用すれば1000円単位で借りられます。


マルイのカードなだけに、マルイでの優待特典が充実しているのが特徴です。
マルイを良く利用する人は普段使いでどんどんポイントが貯まっていきます。

また、提携している遊底店舗が全国に1万店以上もあるところも魅力でしょう。


・エポスカード「キャッシングサービス」の基本情報

キャッシング利率

18.0%%

キャッシング限度額

50万円まで

申込資格

18歳以上(高校生除く)

特典

・年会費無料
・提携店舗優待

審査に不安のある人におすすめのクレカ

ライフカードdp

最も審査難易度が低いクレジットカードとして知られるのが「ライフカードdp」です。

かなり特殊なカードですが、金融ブラックな状態でも審査に通過できる可能性があります。


このカードは信用力の無い人が「お金で信用を買う」というスタイルです。

金融履歴のうえで信用がなくなった人が「信用の代わりにお金を支払う」ことが前提です。


クレジットカードの「クレジット」とは「信用」を意味する言葉ですが、申し込む人に「信用がない」ことを前提としているというカードです。
ライフカードdpを持つためには、あらかじめ利用可能枠に相当する金額をデポジットとして預け入れします。

もし支払いが遅れてしまうと、このデポジットされたお金がライフカード株式会社に没収されます。


こういったシステムで運営されているので、ライフカード側は申込者が何をしようと絶対に損しません。

そのため、かなり低い難易度でカード発行が可能になっています。


・過去に延滞履歴がある
・審査に不安がある
・自己破産して5年以内
上記のような人でもライフカードdpならカードを作れます。
・ライフカードdpの基本情報

年会費

5000円

1万円

2万円

還元率

0.5%

決済ブランド

Mastercard

デポジット

5万円・10万円・20万円~190万円

クレジットカードの機能としては普通のライフカードと変わりません。
毎月1回払いでの支払いも可能です。

初期費用が高くつきますが、まったく信用がない人でも作れるクレジットカードですので、それなりにデメリットがあることは仕方ないでしょう。

ACマスターカード

ライフカードdpに頼るほどではないが、審査に自信がない人や信用情報に不安がある人もいるでしょう。

そういったケースで審査通過の可能性のあるクレジットカードが「ACマスターカード」です。


ACマスターカードの「AC」はアコムのことです。大手の消費者金融として知られるアコムが発行しているクレジットカードで、消費者金融が独自の審査基準で発行する唯一のクレカです。
ACマスターカードはライフカードdpとは違って、審査通過のために最低限の信用力が求められますが、その基準は一般のクレジットカードに比較してかなり低くなっています。
クレカの延滞中の人や他社からの借入額が大きい人、大手の信販会社のクレジットカードの審査に落ち続けている人など、個人属性の弱さで様々なパターンの人から審査通過の報告が寄せらています。
・ACマスターカードの基本情報

年会費

永年無料

還元率

0.25%

決済ブランド

Mastercard

申込条件

・20歳~69歳
・仕事をして収入を得ていること

クレジットカードとしての機能面ではあまり良いとは言えませんが、審査ハードルの低いカードを探している人にはうってつけでしょう。
年会費が無料で審査に通りやすいクレジットカードです。

審査に自信があるなら好条件のクレジットカードを

JCB「FAITH」

審査に自信があるという人なら、低金利のクレジットカードを選択する可能性が広がります。
なかでも使える範囲が広く、大手信販会社の安心感もあることから、JCB「FAITH」はおすすめです。
申込条件は一般のJCBカードよりも厳しめですが、ある程度の社会的地位にあって「多少厳しい審査でも大丈夫だ」と自信があるなら、好条件のカードとして申し込む価値があります。
・JCB「FAITH」の基本情報

金利

4.4%~12.5%(1回払いなら5%)

限度額

50万円~500万円

申込条件

・20歳以上58歳以下
・毎月安定した収入がある人
・個人の給与収入を示す書類を提出できること
・学生、パート、アルバイト、個人事業主は不可

上限金利が12.5%というのはかなりの低金利です。
通常のクレジットカードのキャッシング枠の上限金利は年率18.0%ですので、同じお金を借りるなら利息は3割近くお得になります。
返済方式が「元金方式」で、毎月一定額に利息をプラスして支払うやり方で返済します。

返済額は1万5000円プラス利息となるので、かなり重めです。

クレディセゾン「マネーカードゴールド」

大手信販会社の「クレディセゾン」が発行している上位カードのひとつに、「マネーカードゴールド」というカードがあります。
こちらも審査ハードルが高めで低金利という特徴のあるカードです。
・クレディセゾン「マネーカードゴールド」の基本情報

金利

6.47%または8.47%

限度額

最高300万円

申込条件

・20歳以上75歳まで
・年収400万円以上
・連絡可能な人

ゴールドカードであるだけに、年収の条件は住宅ローン並みと言っていいでしょう。
多くのカードのなかでもかなり難易度は高いほうでしょう。

難易度が高い代わりに、上限金利は信販会社のカードとしては最も低いレベルの数字になっています。


審査に自信があって、低金利を重視して申込先を選びたいなら、このカードは重要な選択肢のひとつになるでしょう。

まとめ

キャッシング機能付きのカードといっても、多彩な種類があります。
ごく一般的なカードで良いという人もいれば、銀行系が良いという人もいるでしょう。
審査が不安な人であっても申し込めるカードはあります。