MENU

クレジットカードのキャッシング審査で抑えておきたいポイント

クレジットカードにキャッシング機能が付帯していれば、いざというときにコンビニATMなどから現金を引き出すことができます。
とはいえ、そもそもクレジットカードを持っていない場合や、キャッシング機能が付帯していないときには審査が必要になります。
どういった内容が審査の対象になるのか、注意すべき点をしっかり抑えておきましょう。

覚えておきたいキャッシング審査の基礎知識

キャッシングはクレジットカードの付帯機能

1.ショッピング枠とキャッシング枠の関係

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されます。
キャッシングについては申し込みしたら自動的に付帯するのではなく、審査のうえで限度額などを設定します。

普段の買い物でカード利用で支払いをするときに使っているのはショッピング枠のほうです。


人によってはキャッシング機能が付帯していないショッピング枠のみのクレジットカードしか持っていないケースも多いでしょう。

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付帯していなければ、後から申し込むことも可能です。

2.キャッシングと総利用枠の関係

キャッシング枠はショッピング枠と「総利用枠」を共有しています。
勘違いしやすい部分ですが、キャッシング枠はショッピング枠と「別の枠として金額が設定される」わけではありません。

その逆で、「ショッピング枠をメインとして、その範囲内で設定される」のが一般的です。


良くある設定は、「ショッピング枠が50万円・キャッシング枠が20万円」というものです。

この設定で利用できる金額は70万円ではなく、50万円でここにはキャッシング枠を含みます。


この設定のクレジットカードを使ってキャッシングで10万円を借りたとすると、ショッピングで利用できる金額は40万円までになります。
また、ショッピングで40万円利用したとき、キャッシング枠は20万円であったとしても、キャッシングで利用できるのは10万円となります。

キャッシングは総量規制の対象

クレジットカードのキャッシングでぜひ覚えておきたいのは、この枠が「貸金業法」の適用を受けるという点です。
貸金業法には過度な借入を防ぐために、年収の3分の1を超える金額は借入できないというルールがあります。

これを「総量規制」と言います。


借入総額が年収の3分の1までと決められているので、年収が300万円の人が借入できる剛健金額は最大で100万円までとなります。
総量規制の対象となるのは以下のような借入です。
・消費者金融のカードローンからの借入
・クレジットカードのキャッシング枠からの借入
総量規制の対象は貸金業者からの借入なので、貸金業者ではない銀行や信用金庫からの借入は対象外です。
また、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の対象ではありません。

ここでは割賦販売法という法律が適用されます。


つまり、1枚のクレジットカードに対して「ショッピング枠としては割賦販売法、キャッシング枠としては貸金業法」という2つの法律が関わっているということです。
クレジットカードのキャッシングで年収の3分の1に達するような借入をすることは考えにくいですが、消費者金融に申し込もうとするときには、この枠からいくら借りているのかを知ったうえで申し込む必要があります。

審査基準は非公開

これからクレジットカードを申し込んで、キャッシング枠も付帯させようとするとき、「審査の難易度はどのくらいなのか」「審査の厳しいカードは嫌だな」などと考えて、つい「クレジットカード キャッシング 審査」などで検索してしまうかもしれません。
するとランキング形式で「審査の甘いクレジットカード」などと表示されることもあります。
確かに、クレジットカードはステータスごとに審査の基準は厳しくなりますし、銀行系のカードは信販会社系のカードよりも厳しい傾向はありますが、実際にはクレジットカードの審査基準は非公開です。

ネットにある情報はあくまで推測に過ぎません。これは消費者金融や銀行のカードローンにおいても同様です。


このように「カード」と呼ばれるもの一般の審査基準が非公開である理由は以下の3つです。
・不正の防止。審査基準を公開してしまうと、その基準に合わせた不正が行われるリスクがある。
・経営判断による改正の可能性。審査基準はカード会社の経営状況によって改定されます。基準を公開すると、会社が意図しない申し込みの増減の可能性が生じます。
・競合他社との差別化。カード会社は細かい審査内容を知られることによって、消費者に「申し込みしやすい」とも「申し込みしにくい」とも思われたくないと考えています。
その他、審査基準そのものが複雑で公開が困難など、様々な理由からクレジットカードの審査基準は公開されていません。

キャッシング審査の流れと注意点

審査の内容

キャッシングの審査の可否や利用枠の設定については、主に以下の4つの項目を基準に審査されます。
1.個人属性
申込者の総合的な情報を「属性」と言います。

たとえば、職業は個人属性の大きな要素のひとつです。


大手企業の正社員とスモールビジネスを営む個人事業主とでは属性が異なると考えられます。
個人属性には「年収・勤務先・職種・勤続年数・家族構成・資産・資格」などがあります。

大企業で勤続年数が長く、年収が高ければ「属性が高い人」とみなされます。


2.個人信用情報
審査において非常に重視されるのが「個人信用情報」です。

キャッシングの申し込みを受けたカード会社は、個人信用情報を集約・管理している個人情報機関に照会します。


申込書の氏名や電話番号、勤務先などを照合して複数の項目が一致すれば申込者本人と判断して、その人の信用情報を閲覧します。
信用情報は、その人の金融の利用履歴のことで、申し込みから借入、返済などの情報を指します。
審査で重視されるものは以下の3つです。
・クレジットファイルの記載事項
いつ・どこで・いくら借りているか、借入残高はいくらか、などが記載されている部分です。

申し込みをしただけでも情報は6ヶ月間残ります。毎月きちんと返済日に返済していれば問題はありません。


・複数申し込み
同時に複数のクレジットカードを申し込みすると注意ポイントになります。
短期間に複数の申し込みがあったとき、「一気に借りて破産するつもりなのでは」と疑われることもあります。
・同姓同名
まれに同姓同名で信用力の低い人と混同されるケースもあります。
そういった場合には住民票などの提出が求められることがあります。
3.自社情報
情報機関で保管している個人信用情報には記載期限があります。

その期間が過ぎてもクレジットカード会社に蓄積されている延滞情報やクレーム、トラブルの履歴が原因で審査に不利になることもあります。


カード会社といっても民間企業ですので、顧客を選ぶのは当然と言ってもいいでしょう。
4.支払可能見込額
消費者保護の観点から「過剰な貸付は避けよう」というのが、近年の金融機関の傾向です。

そのため、「支払可能見込額」を計算して、その範囲内で貸出をすることにしています。


・支払可能見込額=(年収-生活維持費-クレジット債務)×0.9
生活維持費は持ち家かどうか、家族構成などによって決められています。

この範囲内であれば審査を可決します。

収入証明書が必要?

クレジットカードのショッピング枠の審査とキャッシング枠では審査が異なります。
ショッピング枠はどちらかというとハードルは低めですが、キャッシングの審査では勤務先や勤続年数、年収などを数値化して融資が可能かどうかを審査します。
この数値化のことを「スコアリング」と呼んでおり、スコアの点数次第では審査に通らないこともあります。

過去の金融の利用履歴や現在の借入状況も審査の対象です。


総量規制があるので、すでに年収の3分の1まで借りているときには審査に通りません。

とはいえ、アルバイトやパートであっても毎月安定した収入があれば審査に通ります。


また、キャッシングの審査では収入を証明する書類の提出が必要になることがあります。
以下のケースでは提出を求められます。
・1社の貸金業者から50万円を超える借入をするとき
・複数の貸金業者から合計100万円を超える借入をするとき
上記の2つに当てはまらなければ収入証明書を提出する必要はありませんが、返済能力の調査のために収入証明書類の提出を求められることもあります。
審査では源泉徴収票や給与明細書などを用意しておいたほうが無難でしょう。

申し込みの流れ

クレジットカードのキャッシングでお金を借りるには、カードを発行していないと利用ができません。
すでにクレジットカードを保有していて、そこにキャッシング機能を付帯させるのは手軽にできます。

カード会社に連絡してキャッシング機能を付けたいと申し出れば必要書類や手続きの仕方を案内してくれます。


カードが発行されていない状態でキャッシングを利用するには、まずカードの発行をすることが最優先となります。
申し込みからカード発行までには10日から2週間ほどかかることが大半ですので、まだクレジットカードを持っていないという人は必要なときに備えて申し込みを済ませておきましょう。
【クレジットカードの発行まで】
1.クレジットカード会社を選ぶ
ショッピング枠で利用できるポイントサービスや、キャッシングの金利が低いカードならお得に借りることできます。自分の条件に見合うものを選びましょう。
2.申し込みする
今すぐ新規登録できるのは公式ホームページからの申し込みです。このときにキャッシング枠の設定もしておきましょう。
3.審査
キャッシング枠の利用では年収や勤続年数などを参考に審査が行われます。
4.カードの発行
審査に通過したらカードが発行されます。多くのクレジットカードはリアルなプラスチック製のカードが郵送で届きます。カードが到着したらすぐに使えます。

審査にかかる時間は?

1.カードが届く流れ
実際の審査時間は、数十分程度と言われています。
個人信用情報を調査して、申告した通りに働いていて給料が毎月支払われている実態がつかめれば、それで審査は可決します。
現在では申込書の情報がコンピューターに入力されれば、そのままスコアリング審査に掛けることができます。

コンピューター処理で結果が出るので、何日も審査作業にかかることはありません。


ただし、クレジットカードは加工から郵送という手間がかかるのでその分の日数がかかります。
最も時間がかかえるのはカードを申込者の住所に郵送する時間です。

そのほかにも、申込書の受け付けや事務処理の時間も必要になります。


2.大手各社の審査期間の目安
カードの発行期間は会社によって異なります。

消費者金融系は早く、信販系は遅いというのが一般的です。


・カテゴリー別の発行期間の目安

カテゴリー

カード名称

発行期間の目安

流通系

イオンカード

1週間~2週間

エポスカード

最短当日~約1週間

信販会社

楽天カード

約1週間

オリコカード

最短8営業日

ライフカード

最短3営業日

銀行

三井住友カード

最短翌営業日

JCBカード

最短3営業日

消費者金融

ACマスターカード

最短即日

ステータスカード

JCBゴールドカード

約1週間

カード会社によって審査の難易度が違う?

カード会社ごとに審査の方針が異なる

クレジットカードの審査基準は非公開ですが、基本はどのカード会社でも変わりません。
過去にローンやクレジットカードの使いすぎによる自己破産が社会問題化したことがあり、それを規制する法律も整備され、業界団体も「貸し過ぎ」「借り過ぎ」を防ぐための努力をしています。
とはいえ、審査は各社で基準は異なっており、その詳しいところまでは一般に流出することはありません。
注意しておきたいのは、クレジットカードといっても「多くの人に発行するカード」と「一部の人にのみ発行するカード」があるという点です。
航空会社系のクレジットカードなら、航空機の乗客に申し込んでもらいたいところですので、カード会社にとっての顧客は仕事で飛行機に乗る人や、海外旅行に行ける人に限られます。
一方、スーパーマーケットのチェーンが運営するカードなら、主婦層向けに審査基準を合わせるでしょう。
ゴールドカードやプラチナカードは差別化が重視されます。

こういったカードは「他人よりも上級である」という承認欲求を満たすことが大切ですので、あえて誰でも入れるカードにしていません。


上記の事例は分かりやすいですが、実際にはカード会社ごとに思惑があり、事情はもっと複雑です。
ある程度人数を絞りながら自社にとって優良と思われる顧客を囲い込むことがカード会社の方針となります。
同じような個人属性の人が申し込んでも、片や審査落ちして片や審査通過という事態になることも珍しくありません。

審査が厳しいカード

1.銀行系カード

一般的にメガバンクや地方銀行が発行する「銀行系」クレジットカードは審査の難易度は高めです。

各銀行で若干の違いはありますが、流通系・信販会社系よりも審査は厳しめです。


銀行は信販会社よりも早くクレジットカードを発行したという歴史があります。

当時は一部の富裕層しかクレジットカードを持てませんでした。


その名残もあり、銀行系のクレジットカードは今でも審査ハードルは高めに設定されています。

2.航空会社系カード

JALやANAなど航空会社が発行するクレジットカードは、海外旅行や海外出張に頻繁に行く人向けのカードです。
年会費は高めで、審査ハードルも高く設定されています。
逆に航空会社を良く利用する人にとっては、マイルが貯まりやすい傾向があるので年会費分のポイントならすぐに貯まるでしょう。

3.ステータスカード

ゴールドカードやプラチナカードはキャッシング枠の限度額が高く設定されているので、お得感があります。

とはいえ、通常のカードよりも審査難易度は高めです。


プラチナカードになると、インビテーションと呼ばれる「カード会社からのお誘い」がないと入会できないものもあります。
ゴールドカードでも年会費が高くステータス性のあるカードは審査難易度は高めです。

スピード発行だからと言って審査が甘いわけではない

クレジットカードのなかには発行スピードの早いものもあります。
通常は1週間から2週間ほど待たないと届かないカードでも、たとえば発行窓口が設置してあり、そこへ行けば申し込みして即日で発行可能です。
消費者金融でお金を借りると即日で融資を受けることができます。

また、消費者金融は銀行に比較して審査のハードルがあまり高くありません。


そういった点と混同して「審査が早くてスピード発行されるクレジットカードなら審査基準が甘いだろう」と思ってしまいがちですが、実際はそうでもありません。
審査のスピードが早いというのは、単にそのようなシステムが構築されているに過ぎません。

また、店舗でクレジットカードを発行できる仕組みがあるからスピード発行が可能となっているというケースも多くあります。


他のクレジットカードでも審査そのものは早いカードは数多くあります。

単に「店舗や窓口でクレジットカードを発行する仕組みがない」というだけです。


また、審査のスピードと審査基準は必ずしも比例するわけではありません。
審査の中核となる部分はコンピューター処理ですので、スピーディに処理することができます。

その処理スピードが早いかどうかというだけの問題で、審査が甘いこととイコールではありません。注意しましょう。

すぐに発行してもらうには

キャッシング機能付きのクレジットカードをすぐに発行してもらうには、まず「発行窓口」があるカードを選ぶことが重要です。
たとえば、以下ようなカードは発行カウンターや発行窓口があるため、即日での発行が可能です。
・セゾンカードインターナショナル
・エポスカード
・イオンカードセレクト
・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス
・ルミネカード
「流通系」と店舗・チェーン店が発行するカードは、窓口を設置しているところが多く、カウンターや窓口に行く手間はかかりますが、即日で発行が可能です。
【即日発行で注意すべき点】
・郵送ではなくネットで申し込む。
申し込みでは、ネットを使うのが最短です。
申込書に記入して郵送するスタイルでは、事務処理に時間がかかっていまいます。まずはネットで申し込んで、店舗に行って発行してもらいましょう。
・在籍確認に対応する。
勤務先への在籍確認は不正申し込みを防ぐために重要な工程です。
そのため、土日祝日には会社が休みなってしまうのでカードが即日発行できないこともあります。

会社が営業している時間内に申し込んでおき、在籍確認の電話連絡を自分で取るのがベストです。


・本人確認書類を持っていく。
審査が終わればカードを発行してもらうために窓口に行きましょう。
その際に本人確認書類のチェックがあるので、運転免許証や健康保険証などを持参しましょう。

属性別のおすすめカード

1.年収が200万円以下
「自分は収入が低いからクレジットカードにキャッシング枠なんて付けられないだろう」と考えている人も多くいますが、実際には年収は「カード発行審査の可否」の条件としてはあまり重要視されていません。
年収は「カードの限度額」を決める要素ではありますが、審査そのものは「収入が安定しているかどうか」が重要です。
そのため、カード発行時の利用可能枠が小さいカードなら、年収が低くてもあまり不利になりません。
たとえば、楽天カードは初回申し込みのときに利用限度額を絞っておけば年収の低い人でも充分に審査通過の可能性があります。
2.非正規雇用
パートやアルバイト、派遣社員などの非正規雇用の人でも、定期的に収入を得ていれば申し込みできるカードは数多くあります。
たとえば、公式ホームページにある申込資格のところに、「パート・アルバイトの方でも申し込み可能」などと記載されていれば、非正規雇用でも申し込めます。
たとえば、以下のようなカードが非正規雇用でも申し込めるカードです。
・JCBカードW
・VIASOカード
・ライフカード
・セゾンカードプラス
3.主婦
主婦の人におすすめしたいのは、流通系と呼ばれるカードです。
デパートやコンビニ、ショッピングモールなどをの経営会社が発行しているカードの多くは主婦層向けに商品設計されており、職業に就いていない専業主婦でも申し込めるカードがあります。
たとえば、イオンカードセレクトは専業主婦でも持つことができますし、配偶者に収入があることを条件にキャッシング枠を付けることもできます。

まとめ

クレジットカードのキャッシングといっても、非常に多くの種類があります。
元から使っているクレジットカードにキャッシング枠を付けるのが最も簡単な方法ですが、最初からキャッシング機能付きのクレジットカードを申し込む場合には、自分に合ったカードを選びましょう。
まずは申し込みしやすい一般カードから検討すると良いでしょう。